名言DB

9419 人 / 110788 名言

野口英世の名言

twitter Facebook はてブ

野口英世のプロフィール

野口英世、のぐち・ひでよ。細菌学者。医学博士、理学博士。黄熱病、梅毒などの研究を行った研究者。日本の千円札に肖像が載った研究者。昼夜を問わず実験を行ったため「研究マシーン」と呼ばれた。ガーナのアクラで黄熱病研究中に同病に感染し51歳でこの世を去る

野口英世の名言 一覧

誰よりも3倍、4倍、5倍勉強する者、それが天才だ。


絶望のどん底にいると想像し、泣き言を言って絶望しているのは、自分の成功を妨げ、そのうえ心の平安を乱すばかりだ。


野口英世の経歴・略歴

野口英世、のぐち・ひでよ。細菌学者。医学博士、理学博士。黄熱病、梅毒などの研究を行った研究者。日本の千円札に肖像が載った研究者。昼夜を問わず実験を行ったため「研究マシーン」と呼ばれた。ガーナのアクラで黄熱病研究中に同病に感染し51歳でこの世を去る

他の記事も読んでみる

田川博己

企画立案にメモは欠かせません。優れた企画とは、アイデアマンが才能によって生み出すものではなく、情報収集の過程で生まれるものです。ヒントとなる素材はどこにでも転がっていて、それらをいかにキャッチするかが勝負です。ただ、頭の中だけで情報を蓄積して整理するのは難しい。そこでメモが役立つわけです。


北城恪太郎

日本は発明・発見から事業化に持っていく力が弱いのではないかと思います。事業化して製品を出し、社会に大きな価値をもたらしてはじめてイノベーションです。


BNF(ジェイコム男)

(自分の投資手法を)言葉で説明するのは難しい。株取引を始めた5年前の下げ相場と2005年のような上げ相場では扱っている銘柄も数もやり方も違うし、市場に参加して独自で学んでいったので、お手本というのもないです。


藤田一照

もし坐禅を組んでいるときに怒りがわき起こったとしても、その怒りは坐禅の中の一つの風景です。怒りというエネルギーの存在には気づいているけれども、それに対してリアクションは起こしていません。いつもはすぐにリアクションを起こして、手や足や口を動かしているうちに、感情にのみこまれてしまいます。でも坐禅をしていると怒りのプロセスがよく見えてきます。なるほど、怒りとは、こんなふうに起きて、こう消えていくのか、と。


心屋仁之助

そもそも「続けることは良いことだ」という価値観がおかしいのです。続けることは良いことだけれど、タバコなど、これは続けたら良くないとか言い出すから、もうわけがわからない。続ける・続かない、良い・悪いという価値観からまず自由になって、好きなことを思い切り楽しみましょう。それが結果として「習慣化」につながるのではないかと思います。


香山リカ(精神科医)

ヘタな商法に安易に手を出すのは危険です。「君には才能がある」とか「君にならできる」なんて甘い言葉をささやきつつ近づいて、悪徳商法の罠にかけようとする人もいますから。自己評価が下がっているときは、とくに注意が必要です。


本田直之

貯金の第一歩は天引きといわれるように、勉強時間も天引きして、あらかじめ強制的に確保するのが賢いやり方。ただ、勉強の習慣が身についていない人は、最初から多くの時間を天引きしようとしてはいけません。貯金でいきなり収入の40%を貯めようとしても挫折するのと同じで、勉強時間も最初は無理ない範囲で天引きすべき。また、ビジネスパーソンは、量より質。時間を多く確保しすぎると、かえって効率が落ちるので要注意です。


有田秀穂

デジタル機器に依存しすぎる生活はストレスの元凶です。指先一つ動かせばあらゆる情報が入ってくるため、脳だけが長時間にわたって酷使されます。こうしたデジタルな疲労は、睡眠を妨げる原因に。脳をデジタル疲労させないためには、まずベッドにスマホを持ち込まないことです。スマホの画面から発せられるブルーライトを浴びると、眠りへといざなうメラトニンというホルモンが壊されるという問題もあります。せめて、「夕食後はパソコンやスマホを見ない」とするだけでも、効果は大きいと思います。


法華津孝太

ある人が「運動のために散歩するには、疲れない程度では何にもならない。少し疲れたという程度まで歩かなくては効果がない」と言ったのを思い出す。多少手に余るような仕事に勇敢にぶつかっていくことが大切である。


佐藤優

僕はロシア語、チェコ語、琉球語を習っています。語学の勉強も頭を柔らかくするのにとても役立つ。ポイントは自宅に先生を呼んでマンツーマンでやるのではなく、教室に通うこと。普段とは違う場所へ行き、違った環境のなかで勉強するということが、脳を活性化させ柔らかくするのに重要です。語学学校なんてけっこう高いお金を払っていますから、こっちとしては真剣です(笑)。なんとしても元を取らなきゃって。