野口英世の名言

野口英世のプロフィール

野口英世、のぐち・ひでよ。細菌学者。医学博士、理学博士。黄熱病、梅毒などの研究を行った研究者。日本の千円札に肖像が載った研究者。昼夜を問わず実験を行ったため「研究マシーン」と呼ばれた。ガーナのアクラで黄熱病研究中に同病に感染し51歳でこの世を去る

野口英世の名言 一覧

誰よりも3倍、4倍、5倍勉強する者、それが天才だ。


絶望のどん底にいると想像し、泣き言を言って絶望しているのは、自分の成功を妨げ、そのうえ心の平安を乱すばかりだ。


野口英世の経歴・略歴

野口英世、のぐち・ひでよ。細菌学者。医学博士、理学博士。黄熱病、梅毒などの研究を行った研究者。日本の千円札に肖像が載った研究者。昼夜を問わず実験を行ったため「研究マシーン」と呼ばれた。ガーナのアクラで黄熱病研究中に同病に感染し51歳でこの世を去る

他の記事も読んでみる

林成之

否定的な考えや損得勘定といった「脳に悪い習慣」をやめて、脳が自然に求める自分流の「達成方法のこだわり」を持ち続けることが、成功の秘訣といえます。


徳重徹

本を読むだけでなく、自分も実際にチャレンジすること。仕事で失敗したり、大変な思いをしたりしなければ、良い言葉であってもその意味を本当には理解できない。


平野洋一郎

会社を設立してまもなくすぐに倒産寸前の状態に陥ってしまいました。墜落寸前で踏みとどまれたのは、一緒にやってきた北原がいたからです。彼が開発担当で、商品が出来てくるのが見えていたので、出来るまででいい、だから何とかつなごう、それが私の役目だと頑張ることができました。


石井貴士

やることリストを使って上手に集中状態に入るには、コツが要ります。それは、優先順位の上位2つを決めて、その日の2大目標とすること。「その2つがクリアできれば、あとは翌日以降でもOK」と考えるのです。この「2」という数字には意味があります。ひとつしか目標がないと、その仕事に飽きたときに集中状態が途切れてしまう。一方、3つ以上大事な仕事を抱えると、ひとつの仕事への集中状態が切れたときに、次は何をしようか迷ってしまい、再び集中状態に入る妨げになるのです。2つなら、ひとつの仕事への集中状態が途切れても、迷うことなくもうひとつの仕事に取りかかることができ、再び集中状態に入りやすくなります。


渡文明

諦めが早い人、傲慢で謙虚さが足りない人は伸び悩み、結局能力の発揮はできないでしょう。世界をマネーゲームに巻き込み、金融バブルを演出した人たちを見れば一目瞭然です。たとえ優れた知識を持っていても、誠意や礼節を欠いた仕事ぶりでは一時的に良くてもやがては崩壊し、早晩立場は暗転するでしょう。自由経済を説いたアダム・スミスさえも、フェアであることを絶対条件としています。


鍵山秀三郎

地域の人々から必要とされる会社がよい会社。反対に、地域の人々から迷惑がられている会社が悪い会社。いくら利益を上げようが大会社であろうが、この基準に照らし合わせてみれば、よい会社か悪い会社かがはっきりする。


岡田和芳(コンサルタント)

私はなにも資格は持っていませんでしたが、これを逆に利用しようと考えました。つまり、知識がないのであれば、「この家は私のチームの設計士が作ったんですけども、もしよろしければ彼をご紹介します」と話したんです。そして自分への信頼度を高め、資格や知識のなさをカバーしました。


枝川義邦

感情を言語化することは効果的です。紙に書くことで、自分自身を客観的に見られるようになります。感情を整理した言葉にして気持ちを落ち着かせると、かなり怒りをコントロールできます。


鎌田實

イラクへの支援を行っています。最初はテロや拉致が怖かったけど、砂漠の中で子供たちを診察していると、みんながやさしい。その姿を見ると、憎しみはボタンの掛け違いなんだと思う。


村瀬治男

若いうちは、いろいろな仕事を担当して経験を積み、自分の仕事分野での幅が広がるチャンスがあります。それが、昇進するにしたがって仕事が深くなる一方、他分野への広がりが持ちにくくなります。


高岡浩三

「相手の立場に立つ」ということは、説得に限らずあらゆる場面でのコミュニケーションにおいて、私が心がけていること。たとえば、私は記者発表会や講演会でプレゼンテーションをする機会があるが、その場合も「相手の立場に立つ」という基本は変わらない。自分が話したいことではなく、聞き手が何を知りたいか、何を疑問に思うかを考える。そのうえで、頭の中で絵コンテのようなストーリーボードを組み立てていく。その際、相手が興味を持ちそうな事例や数字を入れるようにする。


竹中宣雄

住宅メーカーの仕事の醍醐味は、お客様から感謝の言葉をいただくことに尽きます。私が社長に就任したとき、40年も前に私が長野で担当したお客様がお祝いに駆けつけてくださった。40年も経っているんですよ。こんなうれしい気持ちを味わえる仕事は、ほかにはないと思いましたね。


大越健介

自分で時間管理している意識はあまりありません。現場の記者だったころは、365日が臨戦態勢でした。取材も相手の都合に合わせて動くので、事前の予定はあってないようなものでした。いまは自分で企画を提案したり、担当ディレクターや記者の要請を受けて現場に行くことも多いので、記者時代ほどではないですが、自分で予定を管理するというよりも、時間の中に身を置いている感覚に近いです。


開高健

成熟するためには遠回りをしなければならない。


藤田田

世間から後ろ指を指されないようにし、悟ったような顔をしながら、内心では「ああもっと儲けられるのになぁ」と歯ぎしりしているのが、日本のビジネスマンである。儲けられるだけ儲ける。私のこのビジネス哲学はユダヤの商法から発している。


ページの先頭へ