野口美佳の名言

野口美佳のプロフィール

野口美佳、のぐち・みか。日本の経営者。女性下着通販会社ピーチ・ジョン創業者。仙台出身。高校卒業後上京し、グラフィックデザインを学び、デザイン事務所や通販会社に勤務。その後、カタログでの女性下着通販事業ピーチ・ジョンを故郷仙台で開業。同社を年商160億円以上にまで成長させた経営者。

野口美佳の名言 一覧

「なぜ」「どうして」と常に問題の本質を考える癖をつけることは、ビジネスパーソンにはとても重要でしょう。


机上の勉強や資格を取得することが大切ではないとは言いませんが、それよりずっと重要なのは、現場に飛び込んで、どんどん体感することです。そして、いろんな失敗も経験してみるといい。トライ・アンド・エラーを繰り返していくうちに、仕事は楽しくなっていくし、成長も実感できるようになるはずです。ただし、同じ失敗は二度としないように。


仕事のできる人の条件は、なにより「仕事をややこしくしない人」ですね。仕事をややこしくする人は、仕事ができるとはいえません。5分で説明できることを40分も話していたり、書類ばかり作っていたり、メールの量をどんどん増やしていたり……。「シンプルに効率よく」が仕事の基本だと思います。


ピーチ・ジョンとしては、掃除や洗濯、炊事などの日常生活をちゃんとしている人を採用したい。私たちが扱っているものはアートじゃなく、現実に使う商品です。まっとうな生活をしていないと、消費者が何を求めているかわからなくなってしまいます。これは、家電メーカーでも金融業でも、多くの会社に共通することじゃないでしょうか。


私が面接するのは幹部候補だけです。採用は基本的に各部署のリーダーに任せています。ただ、「好きな人」「気の合う人」を入れて、とだけは言っています。極端にいえば、「声が好き」「顔が好き」でもいいんです。履歴書を見て、学歴やこれまでの実績が優れていても、人柄がいまひとつだったり、相性がよくなかったら、一緒に働いたとき、上手くいかないでしょ。人を見る目に自信がない人にかぎって、履歴書やキャリアに頼ってしまう。それよりも、「この人いいな」と思った人を採用したほうが、職場は上手くいきます。


時代を予測する感性を身につけるには、体感するのが一番です。業界や商材、ビジネスに関する感覚を現場で貪欲に吸収することが不可欠です。それと、私が実践しているのは、「なぜそれが欲しいのか」「なぜそう思うのか」を常に考えることです。そこに、ビジネスチャンスがあるのだろうか、と。


私たちはトレンドをつくっているという自覚はないです。マスマーケットを狙っていますから。ただ、1年先、9カ月先を見越した商品をつくっているので、時代を予測する感性は求められます。


ビジネスの感覚を現場で吸収したいなら、常に考えることが重要です。たとえば、今日のお昼にラーメンを食べたいと思ったのなら、「なぜラーメンが食べたくなったのか」を考えてみる。昨日の夜にラーメンの情報番組を観たからだとしたら、その番組のつくりは自分の仕事や営業に応用できないか、などと考えてみる。今日の出社途中にラーメン屋を見かけたからだとしたら、どうしてそのラーメン屋に惹かれたのかを考えてみるのです。


商品コピーを考えるときは、まず、「その商品のどこがセールスポイントなのか」を明確にします。そのセールスポイントがすなわちコピーになるのですが、逆にいえばコピーが少なくとも3通り浮かばないような商品は、売り出す価値がないに等しいと私は思っています。


トレンドの周期がますます短くなっている現在の市場性を踏まえて、当社では毎年、商品の8割を新商品に入れ替えています。こうした市場の変化のスピードに対応するためにも、消費者動向やトレンドを感じ取り、いつでも使えるデータとして自分の中にストックしていくことが大切なのだと思っています。


消費者を知るための重要な情報源として、私はほとんどすべての女性誌に目を通しています。雑誌を読むときは、その雑誌のターゲットになったつもりで読み、そのページの何に自分が引っかかったのか、モデルなのか、誌面デザインなのか、といったことを考えながら読んでいます。そうすることで、商品や雑誌が買われている理由がわかるようになるのです。


実際の商品コピーは外部のコピーライターが考えていますが、それを採用するかどうかの判断は私が行っています。私は24時間体制でいろんなことを感じて生きているので、コピーやネーミングについて判断を求められたときに、自分の中の引き出しから必要に応じてアイデアをサッと取り出し、指示やアドバイスを与えることができるのです。


商品コピーを考える際に企業として最も注意していることは、「過剰な表現になっていないか」「嘘や偽りはないか」ということです。巷には、「これを買えばお金持ちになる」とか「これを食べれば痩せる」といった誇大表現が溢れています。消費者の気持ちを煽れば、商品は短期的にはヒットするかもしれませんが、中長期的には企業の信頼をなくし、顧客は離れていってしまいます。ですから当社では、「広告では嘘をつかない」ことを常に肝に銘じています。


売れる商品コピーにはいくつかの条件があります。ひとつには、「顧客の基本的なニーズを満たしている」ということです。たとえば、私たちが扱っている女性下着であれば、「胸を大きく見せたい」「ウエストを細く見せたい」など、いま以上にキレイに見せたいという女性の普遍的な心理に沿ったコピーが求められます。また、「言葉づかいがいまの時代にマッチしているのか」も重要なポイントです。


始めは一人でスタートして、やがて3人、50人、100人と増え、いまは300人規模の会社になりました。経営の仕方というのは、規模によって違います。私は会社の成長とともに、社長として成長してきたと思います。


彼らはみんな貪欲です。常に会社を拡大させようという意識を持っている。また、そうでないとやっていけないわけですから、必死なんです。それと、体力がありますね。一緒に夜中まで飲んでいても、翌朝、出社して会議に出るというんですから。
【覚書き|親しいベンチャー起業家たちについて語った言葉】


野口美佳の経歴・略歴

野口美佳、のぐち・みか。日本の経営者。女性下着通販会社ピーチ・ジョン創業者。仙台出身。高校卒業後上京し、グラフィックデザインを学び、デザイン事務所や通販会社に勤務。その後、カタログでの女性下着通販事業ピーチ・ジョンを故郷仙台で開業。同社を年商160億円以上にまで成長させた経営者。

他の記事も読んでみる

佐々木かをり

時間をどうやって効率的に活用するのかという課題は、時間が必要になる段階になって初めて現実味を帯びてくるんじゃないかと思うんです。壁にぶち当たることで、時間管理の考え方が一歩前進するんですよね。


モンテスキュー

幸福を数えたら、すぐ幸福になれる。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

有能なビジネスマンは、迅速かつ正確に優先順位を決められるもの。対して、判断の精度が弱い人はスタートが遅れたり、とりあえず発生した順に着手してしまったり、想定外の案件に混乱したりする中で、時間と体力を浪費してしまいます。こんな人は、トレーニングとして「優先順位の点数化」の習慣を持つことをお勧めします。抱えているタスクを列挙し、重要度を計算してみましょう。基準は「ヒト」「モノ」「カネ」「時間」、いわゆる経営資源の四要素。タスクごとにその四要素を照らし合わせ、「不要なら0点、そこそこ必要なら1点、絶対に必要なら2点」と点数をつけて加算すると、得点の多いものほど重要度が高いとわかります。この方法に慣れてくると、書き出さなくても頭の中で即座に計算できるようになります。こうして判断力を鍛えることから、まずは始めてみましょう。


ジョン・キム(法学者)

成功するためには成功するまでやめないことである、という言葉があります。素敵な言葉ですが、私の考え方は違います。一カ所に根を生やすのではなく、学びの材料を吸収しきったら、いまいる環境から離れる。その繰り返しによって、人は自分というものになっていくのだと思います。


古森重隆

変化を起こし、現実を変えるには、周到な準備と機敏な決断、断固とした実行が欠かせない。感覚を研ぎ澄まし、行動のテンポを上げることが大事だ。


佐藤卓(経営者)

人に話せば、あとで「あの話はどうなった?」と聞かれるから自分を追い込める。


折口雅博

いまでこそ、介護はプロにという考え方が定着しましたが、以前は老人ホームに預けたり、ヘルパーに介護を頼むということに、後ろめたさや負い目を持ち、介護に対するイメージは比較的暗いものでした。保育でも、親が子供を預けることに対する負い目や後ろめたさを持つことのないよう、意識やイメージを変えていきたい。


山元賢治

振り返ってみると、僕にとって純粋に上司と呼べる存在は、日本IBM時代の3人の課長だけだ。もちろんアップル・ジャパンの社長だった時代も、スティーブ・ジョブズに呼び出しを食ってクビを覚悟したこともあれば、ティム・クックにレポートを提出しなければならないこともあった。でも、僕はマネジャーになった瞬間から上司はいなくなると考えているから、彼らを上司とは呼ばないことにしている。


池田繁美(コンサルタント)

人は一生のうちで会うべき人には必ず会う。一瞬たりとも早からず、遅からず。


小松俊明

職種や環境によって、求められる仕事の速さや質は異なる。管理職は常に最適な速さと質のさじ加減を見極め、そのうえで部下に仕事を振り、それを評価する必要があるだろう。


水口和彦

月単位で考える欠点は、どうしても月末に帳尻を合わせる結果になりがちなことです。月の前半は油断して時間をムダに過ごし、後半で慌てます。1週間単位で考えれば、油断は激減するでしょう。


池田千恵

朝の時間は頭が活性化する貴重な時間なので、ルーティン的な作業に時間を費やすのはもったいない。身支度を前日に済ませておけば、着ていく洋服に迷うこともなく、一番大事な考える時間も確保できます。


林野宏

幸運だったのは、自分の思うようにやることができたことです。多くの会社ではヒエラルキーがあり、上の人がやったことを変えるのはむずかしい。でもクレディセゾンは一度つぶれた会社のため、反対する人がいなかった。ですから躊躇なくタブーを破ることができた。


小宮山宏

部分を集めても全体にはならない。


椋木修三

個人個人の記憶力に、大きな差などありません。では、人の顔と名前をすぐに覚えられる人とそうでない人の違いはどこにあるかというと、「そもそも、覚える気があるかどうか」なのです。


ページの先頭へ