名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

野口晴巳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野口晴巳のプロフィール

野口晴巳、のぐち・はるみ。日本の経営者。日本能率協会マネジメントセンター会長。山口県出身。成城大学文芸学部卒。社団法人日本能率協会に入社し、中部事業本部長、ビジネスツール事業本部長などを経て社長に就任。そのほか、社団法人日本能率協会理事、社団法人企業情報化協会専務理事などを務めた経営者。主な著書に『能率手帳の流儀』など。

野口晴巳の名言 一覧

手帳に考えたことをたくさん書くという習慣がつくことで、考えが深まり、経営に関するアイデアも浮かぶようになりました。


経営を預かる立場では、人の話をただ聞くのではなく、いったん自分の頭で考えてから判断しなければなりません。ということは、それまでの1.5倍から2倍は深く考えなければいけません。毎日何十回も手帳を開いては、事業や人事・組織に関することを含めて、こうすべきだということを書き込んでいきました。


若いころは人に見られたら恥ずかしいという意識があり、筆圧も低めでした。でも、手帳は汚くしたっていいんです。何を書いてもいいんです。


手帳は公私ともに私のすべてが詰まった分身です。これを捨てるということは、自分の人生を捨てることです。できるわけがありません。


手帳には仕事だけではなく趣味や教養、人格の陶冶(とうや)に関わることも漏れなく書き込みたい。やりたいこと、読みたい本、観たい映画、行ってみたい美術館・移動中やトイレの中でも、気が付けばすぐにメモします。


野口晴巳の経歴・略歴

野口晴巳、のぐち・はるみ。日本の経営者。日本能率協会マネジメントセンター会長。山口県出身。成城大学文芸学部卒。社団法人日本能率協会に入社し、中部事業本部長、ビジネスツール事業本部長などを経て社長に就任。そのほか、社団法人日本能率協会理事、社団法人企業情報化協会専務理事などを務めた経営者。主な著書に『能率手帳の流儀』など。

他の記事も読んでみる

砂山拡三郎(砂山擴三郎)

リストラでは人事部と上司が事前に相談しABCと社員のランク付けをします。Aは残ってほしい人材、Cは不要、Bはその中間です。あなたがもしボーダーラインにいるなら、社内認知度が高ければCからBへ、BからAへと格上げされる可能性があります。社内で孤立した人の肩は叩きやすいですが、認知度の高い人は叩きにくいのです。


井川幸広

起業してから最初の1年は仕事がほとんど無く、様々なバイトを掛け持ちして食いつないでいました。それから徐々に仕事をいただけるようになり、会社が大きくなればなるほどお金がかかるものだと実感したものです。銀行から1億円を借金した時はドキドキしましたが、開き直りの精神で乗り切りました。


中原淳

部下に声を掛ける際、避けたほうがよいのは「大丈夫?」と尋ねることです。なぜなら、部下は「大丈夫です」としか答えようがないから。相手が自由に返答できるオープンクエスチョンを心掛けてください。


平井一夫

事業の方向性を議論するためにあたって、当然エンジニアもチームに入ってもらいたいという意識はありました。


守安功

私は人のことを褒めるのが苦手です。他人を評価するときには、良いところよりも悪いところが目についてしまいますし、「結果は出して当然」とつい思ってしまう。褒められて伸びるタイプの社員もいるわけですから、私以外に褒め上手なリーダーもいてくれないと困ります。会社にとって色々なタイプの人材が必要なのはいうまでもありません。


堀之内九一郎

商売のことを「商い」と言います。商いは「飽きない」に通じます。売る人も買う人も「飽きない」ことで、商売が続いていくのです。客が飽きないとはどういうことでしょうか。次に期待を持たせることです。これを買ったけれど、もっといいもの、いいことがありそうだと思ってもらうことです。そう思わせて初めて、「またこの店に来てみよう」と客は思うわけです


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

過去問勉強の際に重要なのは、問題や分野ごとに頻出度や重要度といった属性もあわせて理解しておくことです。頻出問題や重要問題は、試験では絶対に落とさないよう、しっかりおさえておきます。


大倉忠司

夢は人が描くとおりに実現できる。


宇都宮恒久

乗務員には、売上のノルマを課していない。それでも2013年9月期の売上高は15億1200万円で、長野県のタクシー会社ではダントツのトップだ。また、地方タクシーは赤字経営が珍しくないが、当社は黒字経営を続けている。お客さまに尽くせば、結果がついてくることを実証できていると思う。


金子豊久

日本の産業界を人体にたとえると、自動車や家電などを製造し社会に送り出す産業は動脈産業といえます。私たちは社会で役目を終えた金属製品や設備を、再び産業の心臓に戻す役割を担っています。自分たちでは「静脈産業」といっていますが、動脈・静脈が揃わなければ人間は生きていけません。社会もこれと同じです。循環型社会の実現に力を注いでいくことが、私たちの使命なのです。


飯塚恒生

裏表なく人として正しいことをやる。これが人の生き方であり、企業経営にも通じる大事なこと。


佐藤綾子(心理学者)

まずは、自分の予定した話の中から、絶対これを主張したいと思う選りすぐりの理念を持つ単語をピックアップしましょう。これを繰り返して伝えていくのです。そうすれば、自然に聞いた人々の心の中に、高揚感と共にその言葉が入っていきます。