名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

野口晴巳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野口晴巳のプロフィール

野口晴巳、のぐち・はるみ。日本の経営者。日本能率協会マネジメントセンター会長。山口県出身。成城大学文芸学部卒。社団法人日本能率協会に入社し、中部事業本部長、ビジネスツール事業本部長などを経て社長に就任。そのほか、社団法人日本能率協会理事、社団法人企業情報化協会専務理事などを務めた経営者。主な著書に『能率手帳の流儀』など。

野口晴巳の名言 一覧

手帳に考えたことをたくさん書くという習慣がつくことで、考えが深まり、経営に関するアイデアも浮かぶようになりました。


経営を預かる立場では、人の話をただ聞くのではなく、いったん自分の頭で考えてから判断しなければなりません。ということは、それまでの1.5倍から2倍は深く考えなければいけません。毎日何十回も手帳を開いては、事業や人事・組織に関することを含めて、こうすべきだということを書き込んでいきました。


若いころは人に見られたら恥ずかしいという意識があり、筆圧も低めでした。でも、手帳は汚くしたっていいんです。何を書いてもいいんです。


手帳は公私ともに私のすべてが詰まった分身です。これを捨てるということは、自分の人生を捨てることです。できるわけがありません。


手帳には仕事だけではなく趣味や教養、人格の陶冶(とうや)に関わることも漏れなく書き込みたい。やりたいこと、読みたい本、観たい映画、行ってみたい美術館・移動中やトイレの中でも、気が付けばすぐにメモします。


野口晴巳の経歴・略歴

野口晴巳、のぐち・はるみ。日本の経営者。日本能率協会マネジメントセンター会長。山口県出身。成城大学文芸学部卒。社団法人日本能率協会に入社し、中部事業本部長、ビジネスツール事業本部長などを経て社長に就任。そのほか、社団法人日本能率協会理事、社団法人企業情報化協会専務理事などを務めた経営者。主な著書に『能率手帳の流儀』など。

他の記事も読んでみる

本田圭佑

いい組織は、短期的に見すぎない。


平川昌紀

これまで経営してきて、最も難しく、最も大切なのが「理念の浸透」であると感じています。当社のような「大好き」というシンプルで分かりやすい理念でも、全スタッフに腹の底まで得心してもらうのは、並大抵のことではありません。そのため、今後も社長ミーティングは継続していかなければならないと思っています。


朝倉千恵子

「お礼は二度言え」ということをご存じでしょうか。たとえばごちそうしてもらったとき、その場で「ごちそうさまでした」と言いますが、次に会ったときに「先日はごちそうさまでした」と言えるかどうか。物をもらったときの「ありがとう」は言えても、それを食べたあと、使ったあとの「ありがとう」を言えるかどうか。


茂木健一郎

「まとまった時間がなければ勉強できない」というのは幻想にすぎない。僕はいま、朝から晩までわずかな時間の隙間を縫って何かしら勉強するようにしているが、その結果、いまや瞬間的にフロー状態(深く集中した状態)に入れるようになった。意識の切り替えが素早くできるおかげでストレスとも無縁である。


冨山和彦

デジタル、ITのビジネスで勝つには、不連続なイノベーションを起こす力が必要だ。しかし、終身雇用と年功制で30年以上の歴史を持つ日本企業には難しい。米国でも同じことで、ゼロックスは要素技術を持っていたが、イノベーションを起こしたのはアップルだった。GEはウェルチの時代にイノベーションをあきらめた。コンピュータや半遺体をやめて、残したのは白モノと重電だった。


河田康則

投資もビジネスと同じで「誰と」行なうかが大事。たとえば、融資をしてくれる金融機関。同じ融資の審査でも担当者によって結果は違ってきます。同じことは不動産業者や管理会社にも言えます。しっかり情報収集をして、自分に合った方法で投資ができ、長くつきあえる会社を選ぶことが重要です。


斎藤敏一

多少のストレスは楽しんでしまうほうがいい。


沢渡あまね

ムダな会議を減らすには、まず会議の「目的」を明確にしましょう。何かを決めるためか、アイデア出しか、単なる報告会か。「報告や通達であればメールで十分なはず」というように、会議の時間や回数を絞り込みます。


志賀直哉

読んだだけ、聞いただけがただ残っていくという意味の物知りがある。これは知恵というものにはならない。


柵山正樹

想定外の環境変化は必ず起きるものです。そのときに「ダメだった」では無責任。大きな環境変化があっても大丈夫なように、何らかの余裕を持って計画を立てたほうがいい。


横山清

いま子供は、子供部屋の扉の向こうで、インターネットやゲームの世界に閉じこもり、学歴格差、年収格差、はたまた地域格差などといったマイナスの情報ばかりを大量に吸収し、勝手に人生を諦めてしまっています。大人はそうした子供の部屋に入り込み、子供の目を覚まさせなくてはなりません。


木川理二郎

かつて欧州でフィアットと展開していた合弁事業が解消になりました。最大の不安は、現地ディーラーをごっそり失うのではないかということでした。しかし、みんな当社についてきてくれました。どのディーラーのトップも「メーカー目線ではなく、俺たちと同じ目線で話してくれるから」と言うのです。