野口晴巳の名言

野口晴巳のプロフィール

野口晴巳、のぐち・はるみ。日本の経営者。日本能率協会マネジメントセンター会長。山口県出身。成城大学文芸学部卒。社団法人日本能率協会に入社し、中部事業本部長、ビジネスツール事業本部長などを経て社長に就任。そのほか、社団法人日本能率協会理事、社団法人企業情報化協会専務理事などを務めた経営者。主な著書に『能率手帳の流儀』など。

野口晴巳の名言 一覧

手帳に考えたことをたくさん書くという習慣がつくことで、考えが深まり、経営に関するアイデアも浮かぶようになりました。


経営を預かる立場では、人の話をただ聞くのではなく、いったん自分の頭で考えてから判断しなければなりません。ということは、それまでの1.5倍から2倍は深く考えなければいけません。毎日何十回も手帳を開いては、事業や人事・組織に関することを含めて、こうすべきだということを書き込んでいきました。


若いころは人に見られたら恥ずかしいという意識があり、筆圧も低めでした。でも、手帳は汚くしたっていいんです。何を書いてもいいんです。


手帳は公私ともに私のすべてが詰まった分身です。これを捨てるということは、自分の人生を捨てることです。できるわけがありません。


手帳には仕事だけではなく趣味や教養、人格の陶冶(とうや)に関わることも漏れなく書き込みたい。やりたいこと、読みたい本、観たい映画、行ってみたい美術館・移動中やトイレの中でも、気が付けばすぐにメモします。


野口晴巳の経歴・略歴

野口晴巳、のぐち・はるみ。日本の経営者。日本能率協会マネジメントセンター会長。山口県出身。成城大学文芸学部卒。社団法人日本能率協会に入社し、中部事業本部長、ビジネスツール事業本部長などを経て社長に就任。そのほか、社団法人日本能率協会理事、社団法人企業情報化協会専務理事などを務めた経営者。主な著書に『能率手帳の流儀』など。

他の記事も読んでみる

五十嵐和也(コンサルタント)

「あなたでなければならない」となって、初めて単価も上げることが可能となる。誰でもできる業務なら、安いほうに頼むのは当然です。


田坂広志

読書においては、「縁あって、この本に巡り合ったのだから、何かひとつ学ばせていただこう」という謙虚な気持ちを大切にするべきでしょう。読書とは、読む力さえあれば、ときに著者の知恵を超えたものをつかみ取ることもできる、素晴らしい営みだからです。


山村章

我々の作る商品には、すべて商品寿命がある。ハイテク製品は特に商品寿命が短い。技術革新が本当に早いので、30年先の変化は頭に浮かばない。


宗雪雅幸

お客さまの意見がいちばん重要です。商品を買ってくださるのが誰かを考えれば答えはすぐにわかります。自分の思想や経験だけでやると失敗する。我々が売ろうとしている商品で、我々が絶対に買わないような商品の場合には注意が必要でしょう。


永守重信

創業間もない頃、出張先の米国で体調を崩して病院に運び込まれた。医師に「具合はどうか」と聞かれて、「良くない」と答えた。私がベンチャー企業の社長だと知ったその医師は、「ベンチャー企業の経営者が、そんな弱気ではダメだ。ファイン(大丈夫)と答えなさい」と言った。ベンチャー企業の経営者としてビジネスを成功させるには、態度も言葉も性格も消極的ではダメだということを改めて学んだ。


西任暁子(西任白鵠)

来客があるときは、事前に家を片づけたいですね。話をまとめられない人は残念ながら、「散らかったままの部屋にお客を入れ、一緒に片づけてもらう」ことを「会話」の中でやっています。


小松易

財布は職場のデスクや自宅の部屋の縮図である。一日の中で最もモノの出し入れが多い場所だからだ。ときどき、レシートなどがたまって、原型がわからないぐらい変形してしまった財布を見かけるが、その人のデスクや部屋はほぼ例外なく散らかっているか、書類やモノであふれかえっている。


松重豊

今でも芝居を観に行った劇場の暗闇の中で、役者仲間が新しい表現を獲得しているのを見ると焦燥感とか孤独感が出てきたりするんですよ。スクリーンからは見えてこない、人間の生身の葛藤や成長が劇場にはある。


出雲充

考えるより、まずは行動。机に座っているよりも、動いた方がアイデアは湧くし、人との出会いも期待できる。運を引き寄せたいと願うなら、とにかく動いた方がいい。


小林一雅(小林製薬)

新市場を創出した後、先行者は手をこまぬくのではなく、ライバルが出してくる商品よりも先を行くモノを投入しなければなりません。


田中仁(経営者)

ビジョンに支えられて戦略が生まれ、戦略から戦術が導かれ、商品やサービスを実らせる。この順で成長していくのが理想的。会社が育っていくためにビジョンは絶対に欠かせないものだということを覚えておいてほしいです。根っこがしっかりしていないのに果実を一杯に実らせたら、少し風が吹いただけで木は倒れてしまう。成功したのにその後続かず、倒産してしまう会社というのは、そういうケースが多いのですよ。


若田光一

国際宇宙ステーションでの仕事は、役割や内容が異なる世界各国の乗組員と協力して行わないといけません。そこで求められる資質は4つあります。「自己管理能力」「リーダーシップ」「チームワーク」、そして「フォロワーシップ」。フォロワーシップとは、リーダーを支援し、リーダーが仕事をしやすい環境を作る力。


松本侑子

会社の席で手に入る情報だけで考えていたら限界があると思うんです。たとえばiPhoneに関する事業を考える時は、図書館の蔵書を検索するサイトで「iPhone」をキーワードに調べてみてください。新刊、雑誌、洋書など、膨大な関連書がヒットします。気になる本を置いている図書館に行き、本をめくっているだけで、アイデアの種を拾うことができるでしょう。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

今は裕福でも、このままの生活を続けたら、5年後、10年後に必ず破綻してしまうという人は、話すとすぐにわかります。彼らは将来的な見通しが甘いんですよ。「自分株式会社の社長」であるにもかかわらず、将来の売り上げ計画を立てて、そこに向けてどう投資していくか、支出を抑えるかという企業として当たり前の経営計画がまったくないから、貯金もない。


ヒューバート・サニエレス

ローカルに認められ、強固な信頼関係を築くことが、持続的な成長につながる。


ページの先頭へ