名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

野口実(ABCマート)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野口実(ABCマート)のプロフィール

野口実、のぐち・みのる。日本の経営者。シューズ販売のABCマート社長。岐阜県出身。中央大学経済学部卒業後、シャチハタ東京商事を経てインターナショナル・トレーディング・コーポレーション(のちのABCマート)に入社。販売員、HAWKINS事業部長、小売営業部長、エービーシー・コム取締役、エス・ジー・シューズ・カンパニー取締役、ABCマート常務、営業本部長、などを経て社長に就任。

野口実(ABCマート)の名言 一覧

非効率にこそ利益の源泉がある。非効率なことにチャンスがある。


輸入も素人でしたが、全部自分たちでやるんだと、取り組んできました。手間だからって何か他の会社にやってもらうとか、どこかに委託することは一切やりません。全部自分たちでやる。非効率なことにチャンスありだと心から思っています。


靴は1つ並べてあると、後ろには10サイズあります。洋服ならS、M、Lを並べておけばいいので、本当に非効率ですよね。それでも商売は非効率なことを極めると利益が出る。だから我々はあえてそれを徹底してやります。非効率にこそ利益の源泉がある。


(途上国での生産は)難しいです。最初はできがよくない。やっぱりトライ&エラーをしながら、品質を上げていきます。


立地のいい場所に高い家賃で店を出す以上、粗利益の限界が決まっていますから、ズックからスリッパまで置いたら絶対に成り立ちません。要は回転率を高めることです。つまり、売れ筋と死筋に対して早く対応することが大事です。単品ごとの在庫や回転率のデータは全部POSに入っていて、誰でも見られるようになっています。大切なのは、データを見きれる量の商品しか扱わないことです。人間の目が見られる限界を超えないということではないでしょうか。


社員の年齢構成が変わっても、社風は変えずに行きたいなと思うんです。うちは組織が異様にシンプルなので、役職インフレにはなっていません。各取締役が部長を兼任して、それぞれの部署を持っているだけで、あとは課長も置いていません。情報の流れも意思決定も速くなります。


販売や接客のマニュアルはどうなっているんですかとよく聞かれるんですが、本当にないんです。マニュアルにのっとってできる人よりも、ちゃんと人と対話して口コミで仕事を覚えていく人の方が、やっぱり強いと思います。僕もそうだったんです。教科書を開く勉強は苦手だったんですけど、学生時代のアルバイトでの実践は得意でした。とくに活字離れの時代でもありますし。


うちのような職種でいきますと、一発屋みたいに大きいことをドーンとやろうと考えるよりも、コツコツと小さな改善をたくさんやっている人の方が伸びます。いまのような景気の悪いときは、大きな策を打ってもそれが響きません。近道を探していると時間ばかりがたってしまうので、目の前の小さな改善をコツコツとやる。その改善ができた数が問われてくると思います。


本当に売れる人になってくると、頭の中に膨大な量の在庫数が全部入っています。お客様の対話でほんの一瞬に、過去の自分の経験値に基づいて的確なご提案ができます。


接客では、お客様のニーズを把握することが重要です。接客したり試し履きをしていただいたりしているときに、お客様は、その価格帯の靴が欲しいのか、そのブランドが好きなのか、あるいはその色がすごく気に入ったのかと、聞きだすこともなく感じるということです。それを感じられなければ、お客様に次の提案ができません。


私はこの仕事しかしないという縦割りになってしまうと、やっぱりコストもかかります。本社の定休日は金曜日で、週末はみんな店に出ます。私も日曜祝日は必ず店に出ています。「一人二役は必ずみんなでやろう」とやっています。


うちと一般の靴屋さんとの違いは、ファッションの部分を切り取って商売をしているということなんです。一般に、靴屋さんってファッション性を感じないじゃないですか。私自身、靴屋は道具的な靴を売っているというイメージがあって、若いころは靴は洋服店で買うものだと思っていました。ファッション性で靴を買うという方は、ズックからスリッパまで置いてある総合靴屋さんの売り場に魅力を感じないのではないでしょうか。


取り扱うナショナルブランドも、ナイキさん、アディダスさんなど、全部メーカーとの直取引です。私たちはもともと生産卸をやっていましたから、問屋さんを一切通さないという考え方です。


お客様に支持を頂けている理由として、価格がリーズナブルであるということがあげられると思います。価格調査にはかなり頑張ってやっていて、その地域で最安値になるようにしています。


みなさん、当社はPB(プライベートブランド)が多いのでそこが利益の源泉だと思っていらっしゃるようですが、PBの方が売れ残ります。年間で1300万足やっていて、しかもドーンと一括で工場から仕入れますので大変です。PBは経費もかかりますので、ものすごく利益貢献が高いかというとそうでもない。むしろPBの役割は、大手メーカーがやらないニッチなところを自分たちで作ってやっていくという発想なんですよ。


大手メーカーから仕入れる商品は1年前から8か月前に注文しますが、PB(プライベートブランド)であれば、3か月で何とかできます。ただ、もちろん売れ残ります。どうしても残るので処分しますが、まあ、それは大変です。ただ全店の在庫が全て分かるようになっていますので、どこかの店舗で要望のあったものを、別の店舗から出すといったやり方で何とかしのいでいます。


実は当社は、この5年くらいで客単価が20%ほど上がっています。長い間デフレの中で、割安感を押し出してきたのですが、質の高いものを求めるという顧客ニーズの変化を感じた時、商品政策を一気に変えて、1ランク上の商品の提案を始めたのです。たとえば、高級スニーカーに力を入れています。昔は革靴が高級品で、スニーカーの価値は高くなかった。でも今は1万円でも買ってもらえる。


当社は靴小売りのイメージが強いかもしれませんが、我々の一番の強みは自分たちで商品を企画し、生産できることにあります。もともと様々なブランドと契約したり、ブランドを取得したりして、靴を生産し、外部の小売りに卸売りする事業が主力でした。当社が持っている「ホーキンス」や「ヴァンズ」などのブランドもそのように卸売りをしてきました。


「足が大きくて(小さくて)合うサイズの靴がない」というニーズはかなりあります。足がかなり大きな方と小さな方に、私たちはネットで全部のサイズを用意してあるので、店舗になくても、ネットで購入できるんですね。店舗で会計してもらって、直接自宅に届けるサービスも既に実現しています。


野口実(ABCマート)の経歴・略歴

野口実、のぐち・みのる。日本の経営者。シューズ販売のABCマート社長。岐阜県出身。中央大学経済学部卒業後、シャチハタ東京商事を経てインターナショナル・トレーディング・コーポレーション(のちのABCマート)に入社。販売員、HAWKINS事業部長、小売営業部長、エービーシー・コム取締役、エス・ジー・シューズ・カンパニー取締役、ABCマート常務、営業本部長、などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

久水宏之

人間は、常に合理的に行動するわけでも、利害だけで動くものでもない。共感や感動によって、自分の内側から、「何としてもこれはやりたい」という「動機」を呼び起こされるのも人間である。そしてそれを人生かけてやる中で、思いもかけない道が開かれてゆく。


マーティ・アレン

たいていの場合、経済を勉強して明らかになるのは、何を買うにしても去年買うべきだったということだ。


太田和伸

わかりにくい立地。入りづらい入口。お店に入っても「いらっしゃいませ」の声はかからない。子供が1人で買いに行っても店主は見向きもしない。ちょっと敷居が高く、お店にいるのは模型に詳しい店主と常連客。対象はコアな客。それが従来の典型的な模型店でした。私はその否定から入りました。


八田進二

昔の政治家はよく「法的責任は問われないが、道義的にはうんぬん」などと言っていましたが、そんな呑気な話ではありません。企業において倫理にもとる行為があった場合、必ずやその企業価値は大きく毀損するのです。倫理違反、倫理の欠如は高くつくということだと思います。


宮嶋宏幸

月並みなことにこだわって、徹底的に明るく振る舞う、どんなときもお客様に笑顔で接することができるという人は、意外と少ない。だからこそ、それができるのが、本当のプロなのです。


島田義彦

「モノからコトへ」と言われて久しいですが、コトの仕掛けを増やしていくことが大事でしょうね。なかなかモノを売っているだけでは、いくら立地がいいといっても来ていただけませんから、東武百貨店に「行かなくちゃ」といった、理由を多くつくらなきゃいけません。


城谷直彦

日本がバブルを迎える少し前に、私が最初の会社でロサンゼルスに駐在されている人たちと夜のお付き合いやゴルフを一緒にさせていただき、米国ロサンゼルスの有名なリビエラカントリークラブを借り切って大学対抗ゴルフコンペをしたりして、非常に楽しい人間関係を作れました。ビジネスには人間関係が一番大事なのだということを、この米国駐在中に学びました。


岩下尚史

多くの人が悩んでいるふうなことを言いますよね。たとえば、「将来が不安です」とか。でも、不安も何も、みんなその日暮らしなんですから当たり前。そうじゃない人は日本に何人かです。仮に貯金が2、3000万円あったとしても、家族があったらその日暮らしです。その蓄えでは、何か事が起きたら1年と持ちません。何年先にどうなるかは誰にもわからないもの。自分の身も家族の身も、世の中も。それなのに、みんな自分本位で、自分を基準に考えていることに違和感があります。


有賀修二

製品の付加価値を上げるための新規投資は必要。装置の入れ替えなど、プロセスを工夫するための投資は今後も絶え間なくやっていきます。


宮内義彦

コアビジネスと、コアのすぐ周辺にあるビジネスと、さらにコアからもっと遠くの外辺ビジネスといったように、経営者は意識して区分し、投入する経営資源に強弱をつけなければなりません。コアから離れていくにしたがって、知識も少なく判断材料を欠くため、事業リスクは大きくなります。コアから最も遠いベンチャー企業への出資などは、投資額などの上限を抑えて全体のリスクを小さくすることが必要です。


箭内道彦

アイデアというと、何か特別な完成されたものと思われがちですが、そんなことはない。言い方を変えて「思いつき」と言えば、誰にとってもハードルが下がるんじゃないですか。


土井英司

アフォーダンスといいますが、人間はなんとなく手に取れる環境をつくれば自ずとそのように行動します。カバンの中に本を入れておけば自然に読むのです。