名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

野口実(ABCマート)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野口実(ABCマート)のプロフィール

野口実、のぐち・みのる。日本の経営者。シューズ販売のABCマート社長。岐阜県出身。中央大学経済学部卒業後、シャチハタ東京商事を経てインターナショナル・トレーディング・コーポレーション(のちのABCマート)に入社。販売員、HAWKINS事業部長、小売営業部長、エービーシー・コム取締役、エス・ジー・シューズ・カンパニー取締役、ABCマート常務、営業本部長、などを経て社長に就任。

野口実(ABCマート)の名言 一覧

非効率にこそ利益の源泉がある。非効率なことにチャンスがある。


輸入も素人でしたが、全部自分たちでやるんだと、取り組んできました。手間だからって何か他の会社にやってもらうとか、どこかに委託することは一切やりません。全部自分たちでやる。非効率なことにチャンスありだと心から思っています。


靴は1つ並べてあると、後ろには10サイズあります。洋服ならS、M、Lを並べておけばいいので、本当に非効率ですよね。それでも商売は非効率なことを極めると利益が出る。だから我々はあえてそれを徹底してやります。非効率にこそ利益の源泉がある。


(途上国での生産は)難しいです。最初はできがよくない。やっぱりトライ&エラーをしながら、品質を上げていきます。


立地のいい場所に高い家賃で店を出す以上、粗利益の限界が決まっていますから、ズックからスリッパまで置いたら絶対に成り立ちません。要は回転率を高めることです。つまり、売れ筋と死筋に対して早く対応することが大事です。単品ごとの在庫や回転率のデータは全部POSに入っていて、誰でも見られるようになっています。大切なのは、データを見きれる量の商品しか扱わないことです。人間の目が見られる限界を超えないということではないでしょうか。


社員の年齢構成が変わっても、社風は変えずに行きたいなと思うんです。うちは組織が異様にシンプルなので、役職インフレにはなっていません。各取締役が部長を兼任して、それぞれの部署を持っているだけで、あとは課長も置いていません。情報の流れも意思決定も速くなります。


販売や接客のマニュアルはどうなっているんですかとよく聞かれるんですが、本当にないんです。マニュアルにのっとってできる人よりも、ちゃんと人と対話して口コミで仕事を覚えていく人の方が、やっぱり強いと思います。僕もそうだったんです。教科書を開く勉強は苦手だったんですけど、学生時代のアルバイトでの実践は得意でした。とくに活字離れの時代でもありますし。


うちのような職種でいきますと、一発屋みたいに大きいことをドーンとやろうと考えるよりも、コツコツと小さな改善をたくさんやっている人の方が伸びます。いまのような景気の悪いときは、大きな策を打ってもそれが響きません。近道を探していると時間ばかりがたってしまうので、目の前の小さな改善をコツコツとやる。その改善ができた数が問われてくると思います。


本当に売れる人になってくると、頭の中に膨大な量の在庫数が全部入っています。お客様の対話でほんの一瞬に、過去の自分の経験値に基づいて的確なご提案ができます。


接客では、お客様のニーズを把握することが重要です。接客したり試し履きをしていただいたりしているときに、お客様は、その価格帯の靴が欲しいのか、そのブランドが好きなのか、あるいはその色がすごく気に入ったのかと、聞きだすこともなく感じるということです。それを感じられなければ、お客様に次の提案ができません。


私はこの仕事しかしないという縦割りになってしまうと、やっぱりコストもかかります。本社の定休日は金曜日で、週末はみんな店に出ます。私も日曜祝日は必ず店に出ています。「一人二役は必ずみんなでやろう」とやっています。


うちと一般の靴屋さんとの違いは、ファッションの部分を切り取って商売をしているということなんです。一般に、靴屋さんってファッション性を感じないじゃないですか。私自身、靴屋は道具的な靴を売っているというイメージがあって、若いころは靴は洋服店で買うものだと思っていました。ファッション性で靴を買うという方は、ズックからスリッパまで置いてある総合靴屋さんの売り場に魅力を感じないのではないでしょうか。


取り扱うナショナルブランドも、ナイキさん、アディダスさんなど、全部メーカーとの直取引です。私たちはもともと生産卸をやっていましたから、問屋さんを一切通さないという考え方です。


お客様に支持を頂けている理由として、価格がリーズナブルであるということがあげられると思います。価格調査にはかなり頑張ってやっていて、その地域で最安値になるようにしています。


みなさん、当社はPB(プライベートブランド)が多いのでそこが利益の源泉だと思っていらっしゃるようですが、PBの方が売れ残ります。年間で1300万足やっていて、しかもドーンと一括で工場から仕入れますので大変です。PBは経費もかかりますので、ものすごく利益貢献が高いかというとそうでもない。むしろPBの役割は、大手メーカーがやらないニッチなところを自分たちで作ってやっていくという発想なんですよ。


大手メーカーから仕入れる商品は1年前から8か月前に注文しますが、PB(プライベートブランド)であれば、3か月で何とかできます。ただ、もちろん売れ残ります。どうしても残るので処分しますが、まあ、それは大変です。ただ全店の在庫が全て分かるようになっていますので、どこかの店舗で要望のあったものを、別の店舗から出すといったやり方で何とかしのいでいます。


実は当社は、この5年くらいで客単価が20%ほど上がっています。長い間デフレの中で、割安感を押し出してきたのですが、質の高いものを求めるという顧客ニーズの変化を感じた時、商品政策を一気に変えて、1ランク上の商品の提案を始めたのです。たとえば、高級スニーカーに力を入れています。昔は革靴が高級品で、スニーカーの価値は高くなかった。でも今は1万円でも買ってもらえる。


当社は靴小売りのイメージが強いかもしれませんが、我々の一番の強みは自分たちで商品を企画し、生産できることにあります。もともと様々なブランドと契約したり、ブランドを取得したりして、靴を生産し、外部の小売りに卸売りする事業が主力でした。当社が持っている「ホーキンス」や「ヴァンズ」などのブランドもそのように卸売りをしてきました。


「足が大きくて(小さくて)合うサイズの靴がない」というニーズはかなりあります。足がかなり大きな方と小さな方に、私たちはネットで全部のサイズを用意してあるので、店舗になくても、ネットで購入できるんですね。店舗で会計してもらって、直接自宅に届けるサービスも既に実現しています。


野口実(ABCマート)の経歴・略歴

野口実、のぐち・みのる。日本の経営者。シューズ販売のABCマート社長。岐阜県出身。中央大学経済学部卒業後、シャチハタ東京商事を経てインターナショナル・トレーディング・コーポレーション(のちのABCマート)に入社。販売員、HAWKINS事業部長、小売営業部長、エービーシー・コム取締役、エス・ジー・シューズ・カンパニー取締役、ABCマート常務、営業本部長、などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ジェームス・スキナー

競争相手がやっていれば、あなたの会社が廃業に追い込まれてしまうことはなんだろうか。それを先にやることだ。自分たちの手で、今のやり方を廃業に追い込むことだ。


安部修仁

社長時代、自分はジョインターとして、次にバトンをつなぐ。そのことだけは間違えちゃいけないという思いがありました。


澤功

これまでの経験から、「単語を口にしながら身振り手振りを加えると、たいていのことは通じる」と私は考えています。たとえば、「両替はどこでできるのか?」とよく聞かれます。そうしたら、「マネーチェンジは、バンク。バット、トゥデイはサタデー、クローズ」と答えればわかってくれます。


小暮真久

一般の企業でも、いい商品をつくれば黙っていても社会がそれを評価して、勝手に売れていくなどということはありません。電話でアポイントメントを取り、きちんとした服装で訪問し、相手に名刺を渡し、信用してもらったうえできちんとその商品の良さを説明するということをしなければならないはずです。これは社会事業でもまったく変わることがありません。マーケティングや財務などの知識が必要なのも同様です。いくら「いいことをしたい」という思いが強くても、それを多くの人に伝えたり、寄付を募ったりするためには、ビジネススキルは必須です。


嶋津良智

通信機器販売会社の経営は上手くいっていました。でも、お金を儲けるだけでは何か足りない気持ちもしていました。そこで自分の人生を、愛ある生活、健康、経済、やりがいのある仕事という4つのカテゴリーを組み合わせて、すべてのパターンで考えてみました。すると、仕事に心から満足していない自分が浮かび上がってきた。このままでは自分の人生を後悔することになると思い、仲間に相談して株式上場を果たしてからという約束で会社から離れることを決めました。


新渡戸稲造

感応の力にして鋭敏であるなら、いたるところありがたからざる場所はなく、見る人ごとにありがたざる人はない。


橋本真由美

元気のない社員、辞めようか考えている店長に「つらいのはわかってるよ。私がわかってるだけじゃ、ダメ?」って、よく言うんです。するとわかってくれて、また職場を活気づけたり、新店を立ち上げてくれる。そんなときは格別の喜びがあります。子供の偏差値があがったり、主人が出世すれば嬉しいけれど、それは私の見栄にすぎません。でも、会社を辞めようと思った人が元気になり、また結果を出してくれるというのは、私の見栄でも何でもなく、その人が幸せになること。ともに働く仲間が幸せになることは、何ものにも代えがたい喜びです。そういう瞬間があるからこそ、私もやっていけるんです。


松方弘樹

若いうちはなんでもやって、引き出しをいっぱいつくっておけ。


メンタリストDaiGo

ベル研究所が行なった研究者の能力に関する調査で、興味深い結果が出ています。研究業績が上位15%に入るトップ研究員とそうでない研究員の差を調べると、個人としての能力差はなかった。圧倒的な差があったのは、人的ネットワークです。トップ研究者は、難しい問題、不得意な分野にぶつかったときに、「あいつに聞けばわかる」という仲間をたくさん持っていたのです。すべての仕事をゼロからやっていては、時間がいくらあっても足りません。だから、自分は得意なことに集中し、苦手なことは諦めて他人に任せる。逆に、他の人が自分の得意分野で困っていたら助ける準備をしておく。これができる人が、仕事に集中できる、有能な人なのです。


山本梁介

今年の夏は新潟県の新井の店舗でテントウムシが異常発生して大騒ぎになったんですが、どうしようかと思っていると、滋賀県・南彦根の店舗が虫の駆除のやり方を教えてくれたんですね。実はその数カ月前に琵琶湖でも虫が発生し、南彦根の店舗が退治法を蓄積していたんです。こういう横の連携が実現すると従業員のモチベーションはぐんと上がるわけです。


中島浩一郎

大事なのは仕組みづくり。


小山佳延

例えば、山登り、カメラ、社交ダンスというように、個人の趣味や嗜好など明確な旅の目的を提示した「テーマ旅行」を多品種そろえていることは、当社の強みです。テーマ旅行は今後の成長戦略の中心になっていくでしょう。