名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

野口克彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野口克彦のプロフィール

野口克彦、のぐち・かつひこ。日本の経営者。シチズン電子社長。山梨県出身。山梨県立機山工業高等学校電機科卒業後、帝国通信工業に入社。同社でクレーム処理と製品開発を経験したのち、シチズン電子に移り、世界初の表面実装タイプのチップLEDランプ「CITILED」を開発。取締役、常務、専務などを経てシチズン電子社長に就任。その他、シチズン時計の執行役員、シチズンテクノロジーセンター社長、親会社シチズンHDの取締役も務めた。

野口克彦の名言 一覧

何十人とエンジニアがいても、イノベーションをつくりだす人材はいつもその中の数人です。70年代、90年代ときて、今度は20年に一度くらいにやってくる変革期です。必ずこの数年の間に、大きなイノベーションが起きると思います。この一年、これから変化を担う人材を育てたいんです。


立場が変わっても、これまで開発の現場に近いところに居続けることができました。いまもよく研究現場へ顔を出します。


米国に派遣されたとき、ゼニスやモトローラといった企業の若いエンジニアと話していると、彼らは熱っぽく将来の電子部品の在り方を語りました。「いまはベルトコンベアで人間が部品を差し込んでいるが、これからはアナログではなくデジタルの時代がやってくる。間もなくそれをロボットがやるようになるだろう」と。ああ、時代は変わるんだと思ったとき、いままでのやり方では駄目なんだ、と強く感じました。


私のスタートはクレーム処理の部署だったんです。当時はカラーテレビが売られ始めたころだったのですが、電源スイッチやテレビの色を合わせるコンバージェンス回路がよく壊れました。もう毎日のようにメーカーさんに謝りに行きました。辛かったですが、鼻っ柱を何度もへし折られているうちにだんだん謙虚になっていきました。


エリートは社員3人のうち2人でいい。業績が右肩上がりのときはバランス感覚が大事ですが、いまのように進む道がわからない時代は、サンドバッグのように打たれても立ち上がっていく人材が必要です。


企業っていうのは、厳しいときにこそ打たれ強さが必要なんです。


野口克彦の経歴・略歴

野口克彦、のぐち・かつひこ。日本の経営者。シチズン電子社長。山梨県出身。山梨県立機山工業高等学校電機科卒業後、帝国通信工業に入社。同社でクレーム処理と製品開発を経験したのち、シチズン電子に移り、世界初の表面実装タイプのチップLEDランプ「CITILED」を開発。取締役、常務、専務などを経てシチズン電子社長に就任。その他、シチズン時計の執行役員、シチズンテクノロジーセンター社長、親会社シチズンHDの取締役も務めた。

他の記事も読んでみる

是枝裕和

「面白いことを言ってもらえたらその分映画が面白くなる」という関係の方が、いろいろなスタッフと仕事をする意味があるんじゃないかと思っています。


二木渉

競合が増えることは、当社がやっているアクティビティー事業への理解が増すので大歓迎。さらに商品ラインアップを増やし、それぞれのツアーを深掘りすることで、これまでなかった商品を創造していきます。


森平茂生

私は二度人生で大きな転機を迎えました。一回目は父の経営していた会社を辞めて、父から受け継いだ財産をすべて返上したとき。二回目はクロックスの日本法人社長を辞めて独立したときです。妻に退職を相談したら、「自分の好きなようにしたら」と言って背中を押してくれた。いずれのときもしばらくは貯蓄を切り崩すことになりましたが、それについても何も文句は言われなかった。妻には本当に感謝しています。


澁谷誠(経営者)

成果を出すことをめざしてカイゼン活動に取り組むのですが、グループカイゼン活動では、ときには目標としていた成果を出せなかったチームが最優秀賞を取ることもあります。結果は出せなかったけれどプロセスが素晴らしかったという場合です。要領のいい社員は事前に結果を予測し、それに対して肉づけを行なっていくので、予想どおりの結果が出ますが、そればっかりじゃ困りますよね。思ってもみないような結果が出て、なおかつ素晴らしい成果が上がる。こういうケースがベストなカイゼンです。


長谷川閑史

小手先の議論を行っていても抜本的な改革は何一つ進まない。


大江英樹

何かを購入する際はそれが本当に必要か、よく考えることが大切。


尾山基

私自身も中途入社です。社歴にこだわらず、ふさわしい能力の人間がふさわしいポジションに就けばいい。社内ではすでに多くの中途入社組が統括部長など要職に就いています。


ジャック・マー(馬雲)

10年前、インターネット上で電子商取引を行うアリババの挑戦は、1万トンの石油タンカーをヒマラヤ山脈まで運ぶようなもので不可能だと言われていました。しかし、社員の絶えざる努力が実り、夢が実現しました。
【覚え書き|アリババ10周年記念のスピーチにて】


鈴木貴子(経営者)

「社内のすごいではなく、世界のすごいを目指そう」と言っていますので、外の空気に触れる時間を大胆に作り出さなければいけません。


殿村美樹

大ヒットを狙うには、万人に理解されることが大事。迷ったら、その辺にいる子供に聞いてみることが早道。


福地茂雄

いまはあらゆる分野に変化が起き、しかも変化の奥行きが深く、スピードも速いという三次元の変化の時代です。私たちは変化に流されることなく、適応していく必要があります。流されることと適応することとは大きく違います。適応するためには、確固たる判断の軸足を持っていなければなりません。


山口多賀司(経営者)

企業というのは人の集団です。特に当社の場合、工場があるわけではなく、技術とサービスを売っているわけですね。そうなると、営業にいくにせよ、サービスを提供するにせよ、人を育てて、その人たちにいかに働いてもらうかが大事になってくる。経営者の仕事というのは、それに尽きる。