名言DB

9412 人 / 110637 名言

野口克彦の名言

twitter Facebook はてブ

野口克彦のプロフィール

野口克彦、のぐち・かつひこ。日本の経営者。シチズン電子社長。山梨県出身。山梨県立機山工業高等学校電機科卒業後、帝国通信工業に入社。同社でクレーム処理と製品開発を経験したのち、シチズン電子に移り、世界初の表面実装タイプのチップLEDランプ「CITILED」を開発。取締役、常務、専務などを経てシチズン電子社長に就任。その他、シチズン時計の執行役員、シチズンテクノロジーセンター社長、親会社シチズンHDの取締役も務めた。

野口克彦の名言 一覧

何十人とエンジニアがいても、イノベーションをつくりだす人材はいつもその中の数人です。70年代、90年代ときて、今度は20年に一度くらいにやってくる変革期です。必ずこの数年の間に、大きなイノベーションが起きると思います。この一年、これから変化を担う人材を育てたいんです。


立場が変わっても、これまで開発の現場に近いところに居続けることができました。いまもよく研究現場へ顔を出します。


米国に派遣されたとき、ゼニスやモトローラといった企業の若いエンジニアと話していると、彼らは熱っぽく将来の電子部品の在り方を語りました。「いまはベルトコンベアで人間が部品を差し込んでいるが、これからはアナログではなくデジタルの時代がやってくる。間もなくそれをロボットがやるようになるだろう」と。ああ、時代は変わるんだと思ったとき、いままでのやり方では駄目なんだ、と強く感じました。


私のスタートはクレーム処理の部署だったんです。当時はカラーテレビが売られ始めたころだったのですが、電源スイッチやテレビの色を合わせるコンバージェンス回路がよく壊れました。もう毎日のようにメーカーさんに謝りに行きました。辛かったですが、鼻っ柱を何度もへし折られているうちにだんだん謙虚になっていきました。


エリートは社員3人のうち2人でいい。業績が右肩上がりのときはバランス感覚が大事ですが、いまのように進む道がわからない時代は、サンドバッグのように打たれても立ち上がっていく人材が必要です。


企業っていうのは、厳しいときにこそ打たれ強さが必要なんです。


野口克彦の経歴・略歴

野口克彦、のぐち・かつひこ。日本の経営者。シチズン電子社長。山梨県出身。山梨県立機山工業高等学校電機科卒業後、帝国通信工業に入社。同社でクレーム処理と製品開発を経験したのち、シチズン電子に移り、世界初の表面実装タイプのチップLEDランプ「CITILED」を開発。取締役、常務、専務などを経てシチズン電子社長に就任。その他、シチズン時計の執行役員、シチズンテクノロジーセンター社長、親会社シチズンHDの取締役も務めた。

他の記事も読んでみる

伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

いま商売をなさっている皆さんの多くは、お客様が来るものだと思い込んでいます。けれども、お客様は本来、来てくださらないものなのです。


落合信彦

株というのは、それこそ会社の将来を買うわけだ。海外の株を買うということは、その国の将来を買うんだということを忘れてはならない。


村口和孝

現実の経営分析と、それの元となる報告は、極力本音と建前を排し、愚直で具体的、論理的にシンプルかつ合理的でなければならない。


江上治

一度でも困難を克服したことがある人は、困難を越えた先には、自分にとっての、新たな可能性が待っていることを知っている。そして、その困難が大きければ大きいほど、手に入る成長も大きいことに気づいている。


今村暁

不思議なことに、どんな習慣でも3週間続けると、無意識にできるようになっていきます。まずは3週間を目標に「10秒掃除」から始めてみてください。掃除の習慣が意外に簡単に手に入れることを実感するとともに、自分の新たな可能性を発見できるはずです。


向谷匡史

言葉に体重が乗っていなければ、理屈をいくら並べてもムダ。


中野勘治

生活者の意識が激変したわけです。我々はこの事実を正面から認識しなければいけないでしょう。


和地孝

「社長は『全社を回る』と言っていたが、まさかここには来ないだろう」とだれもが思っている場所に行くと、そこでがんばっている人たちが、日ごろ思っていることを話してくれる。


橘玲

私たちは自分で考えるほど正しくもなければ、卑下するほど悪人でもない。問題は、経済合理性の中で損得を追求する現代社会が、様々な形で自然な人間性を歪めてしまうこと。


西任暁子(西任白鵠)

プレゼンでは適切な「間」を取ることも重要です。間は、聞き手の心の声を聞く時間。プレゼン中、黙っているのが不安で、早口でしゃべり続ける人がいますが、もっと間を取って、聞き手の表情を確かめてください。


藤野英人

超成長株の条件

  1. 私たちの生活を快適で楽しいものにすることに貢献している。
  2. 20年後、30年後にも必要であり続ける。
  3. その会社ならではの強味がある。
  4. 進化し続けるDNAがある。
  5. 高い理想に基づく明確なビジョンがある。

永守重信

一方的に買収するM&Aは成功しません。


シェイクスピア

橋は大水のときの川幅より長くなくともよい。いま必要なものの用に応じてこそ、格好がよいというもの。役に立つことが、まず肝要だ。


福沢諭吉

身分が高く偉い人は、当然経済的にも豊かであり、下層階級の人から見れば到底自分はなれない世界の人たちなのですが、そうした隔たりのできたのはどうしてなのでしょうか。その根源は、ただ、その人に学問の力があるかないかの違いだけであって、天が定めた約束事ではないのです。


原晋

勝つためには泥くさいことを積み重ねていかなければならない。