名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

野原勇の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野原勇のプロフィール

野原勇、のはら・いさむ。日本の経営者。「綿半ホールディングス」社長。東京都出身。米タンパ大学大学院修了。綿半に入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

野原勇の名言 一覧

売上をあげることが目標ではありません。お客様に喜んでいただくことを目指せば、結果として売上が上がることにも結びつく。


綿半ホールディングスを中核に、5つの事業会社がそれぞれの事業分野で高い専門性を発揮しながら、3事業を連携させて取り組んでいます。


利益を社会に還元することは、地域に根差す企業として大切な取り組みだと考えています。経済的な理由で進学困難な生徒や学生を支援する奨学金制度や、社会福祉法人を通じて老人ホーム・デイサービスセンターの運営も行っています。


新規事業研究会は一人ひとりが新しい事業の発想をまとめ、3分間で説明するものです。従来の業務だけでなく、それ以外の分野にも興味を持ち、外から自分の業務を考える力や、自分の考えをまとめてプレゼンする能力が身につきます。


次世代経営者育成研修では、次世代経営層としての視座を高める他、同じ綿半グループに所属しながら、あまり面識のなかった社員が研修を通じてグループとしての一体感を醸成するものです。宿泊を伴う年間5回の研修で各社で培った異なる経験をミックスし、グループに共通する言語を作り上げることで一体感が生まれています。これが変革と成長への大きな力になります。


野原勇の経歴・略歴

野原勇、のはら・いさむ。日本の経営者。「綿半ホールディングス」社長。東京都出身。米タンパ大学大学院修了。綿半に入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

小路明善

会議では参加者の発言を聞きながら、それに対して自分がどう発言するか、どう行動するかをノートパソコンに打ち込んでいきます。他人の発言を記録することは99%ありません。経営者は会社の将来を見据えて、様々な意思決定を行う責任を負っています。その立場からすると、将来どう行動するかが大事であり、過去の発言内容などはあまり重要ではないのです。


西川徹(経営者)

最初はとりあえず持っている技術で起業しましたが、ビッグデータを扱ってさまざまな技術分野に触れるにつれ、ようやくやりたいことが見えてきました。具体的にいうと、人工知能を自動車やロボットといったたくさんの機械に埋め込んで機械を賢くしたり、機械同士が連携してより複雑なタスクをこなす技術をやりたくて、事業を思い切ってシフトしました。


木村達哉

英語がより重要になるのは、社会に出てから。受験テクニックだけなく、一生使える生きた英語を教えたい。


澤上篤人

長期投資はお金の増え方もすごく健全なのよ。世の中や社会から喜ばれて、「ありがとう」という言葉とともにお金が増えて戻ってくるんだ。一般的な投資だと、「儲けてやろう」「稼いでやろう」で、皆が目を血走らせる。そこはバクチ場と似たりよったりで、お金を取るか取られるか。いかに自分だけいい思いをするかしか考えない。「ありがとう」なんて誰も言ってくれない。ところが長期投資だと、お金が優しく働いてくれる。世の中のためとか、社会に良かれといった、青臭い言葉が平気で飛び交う。それが、長期投資の世界なのよ。


高橋淳(パイロット)

10機飛び立って、帰還するのはよくて5機だったね。同乗する仲間は絶対死なせないと誓っていた。意志の力が生死を分けた。だから精神力は強いよ。今の自衛隊員にも負けない自信がある。

【覚え書き|太平洋戦争従軍を振り返って】


樋口泰行

外資系企業の日本法人トップは、本社の力を最大限に活用しつつ、いかに日本のお客様・パートナー様のお役に立てるか、そして従業員にそのミッションを浸透させるかが使命。例えるならメッセージソングを歌い上げるようなものです。


御立尚資

アメリカのビジネススクールに行ったとき、生まれて初めて勉強が楽しいと思った。本当に面白いときが来るから、そのとき、必死で勉強すればいい。


樋口武男

いま、当社も社員をどんどん海外へ出していますが、私は、最初の1年間は遊んだらええと思っています。遊ぶというと語弊がありますが、その国の宗教、生活習慣を体で学び、人間関係を築くことが大事。利益のことなど考えずに、まずは暮らしながらマーケット調査すればいいんです。


松沢幸一

生産と営業の間には物流があり、このほか調達、商品開発もあります。サプライチェーン全体でコンパクトなラインをつくっていく。市場の情報を察知して、コンパクトなフォーメーションの中で素早くボール(商品)を回し、ラインを押しあげる必要があります。
【覚書き|商品製造から販売までの時間短縮についてサッカーに例えて語った言葉】


安藤百福

私が無一文になったとき、失ったものは財産だけではないか、そのぶんだけ経験が血や肉になって身についたと考えた。すると、新たな勇気がわいてきた。人生、いつもうまくいくとは限らない。もし、ああ、無駄な歳月を過ごしてしまった。取り返しのつかないことをしたと思ったら、本当に取り返しのつかないことをしてしまったことになる。


近藤宣之

  1. 言いたいことが何でも言える明るい風土がある。
  2. 社員が会社から大事にされていると実感している。
  3. 会社は自分のものだという当事者意識を持てる。

この3つが整っていれば社員は辞めない。社長批判を受け止める度量があるかどうか。社長の覚悟が人を育てる。


藤田晋

見るべきなのは、「常に自分の一歩先を行く先輩」。「引退した偉い人」ではなく、身近にいる先輩のような存在で「何かに挑戦し続けている人」です。そんな人の背中はリアリティーがある。自然と目線が上がりますし、「自分も負けていられない」と、後についていこうとします。「一歩先を行く先輩」が何を考え、どんな決断をするのか。それがどういう結果を招いたとしても、後ろで背中を見ている人は多くのことを学べます。