名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

野依良治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野依良治のプロフィール

野依良治、のより・りょうじ。日本の化学者、工学博士。ノーベル化学賞受賞者。兵庫県出身。京都大学工学部工業化学科卒業、京都大学大学院工学研究科工業化学専攻修士課程修了。京都大学工学部助手、名古屋大学理学部助教授、ハーバード大学博士研究員、名古屋大学理学部教授、名古屋大学大学院理学研究科教授、名古屋大学物質科学国際研究センター長などを務めた。そのほか、理化学研究所(理研)理事長などを務めた。

野依良治の名言 一覧

ノーベル賞受賞者の共通点は、目標に向かうひたむきさ。この目標設定こそが非常に重要です。独創的で思い入れのある課題を決めたら、ブレずに研究に打ち込むしかない。


科学は人類共通の知的資産であり普遍的なもの。だからこそ、研究者は人類が抱える共通課題の解決を真剣に考えるべきです。


「独創性」という言葉は、「独り創造的である」という漢字を使います。だから、設定テーマが独創的であればあるほど孤立無援になります。生きにくいかもしれないし、多数派優位だからいじめられるかもしれない。それでも、少数派であることを誇りに、やり続けるしかありません。


競争は厳しく苦しいものです。心の拠り所は、アイデアがユニークであること。あるいは、自分は人にはマネできない技術力を持っていると思うことです。その先には社会への貢献という強い思いが欲しい。私が若いころは「戦後復興」という至上命題がありました。大学で研究していても、常に戦後の経済復興への貢献を考えたものです。


研究課題の重要性が認知されると、一斉に競合が入ってきて大競争になります。ヒトや装置に投資して、一気呵成に研究を進めないと勝ち残れません。ここを乗り越えないと最終的な成果を手中に収めることはできないのです。


野依良治の経歴・略歴

野依良治、のより・りょうじ。日本の化学者、工学博士。ノーベル化学賞受賞者。兵庫県出身。京都大学工学部工業化学科卒業、京都大学大学院工学研究科工業化学専攻修士課程修了。京都大学工学部助手、名古屋大学理学部助教授、ハーバード大学博士研究員、名古屋大学理学部教授、名古屋大学大学院理学研究科教授、名古屋大学物質科学国際研究センター長などを務めた。そのほか、理化学研究所(理研)理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

カスヤナガト

こういう仕事をしていると、「ものづくりってなんだろう」「色とは?」などと考えをめぐらせることが多いんです。30歳になる前に、これまでの人生で培ったものを一度まとめておこうと思い、個人的に文章に残していました。


芦田昭充

当時の社長、生田正治がナビックスラインとの合併話を提起したとき、私はすぐやるべきだと思いました。企業風土や人材面から見ても、互いに知行のバランスをより良い方向に補い合う形の合併でした。相手側の方に実戦経験豊富な野武士型の人材が多く、合併後の枢要なポジションにその人たちが就きました。同時に、ナビックスラインの企業風土のうち是正すべき面は私が厳しく指摘して、直してもらいました。合併をお互いの弱点を見直す非常にいい契機になったと思います。


河原春郎

ケンウッドでは、まだ市場が成長していた携帯電話事業から撤退し、家庭用オーディオ事業も縮小。カーナビなど車載エレクトロニクスや無線といったものに力を注ぎました。いずれも成長するためでした。携帯電話事業は当たれば、売り上げと利益が大きく伸びますが、うまくいかないと損失も大きい。一方、車載や無線などは、伸びがなさそうに見えても力を集中すれば、安定的な収益を上げられる。一見すると、縮小均衡のように映るかもしれませんが、実際は成長を目指す改革なのです。赤字を垂れ流していたテレビ事業を大幅縮小したビクターとの統合後の改革も同じです。


南部靖之

日本企業は海外とも戦いをしていますが、勝つためにはアントレプレナーシップ(企業家精神)が必要です。ですから私は、自分の子どもに対しても学費を出さず、「自分の力で大学に行け」と言いました。でも父親が金持ちだと、日本では奨学金をもらえないのだそうです。そこで娘はファミリーレストランでアルバイトをし、結局、奨学金制度が整っているアメリカの大学に進学しました。アメリカではロックフェラーのような大富豪でも子どもの入学金など出しません。


佐藤東里

私の判断で、携帯電話などに使われる二次電池(充電できる電池)の事業を立ち上げることにしました。ところが、二次電池の開発が思うように進まないのです。それまで我が社は一次電池(使い捨て電池)の事業である程度の実績を上げていたので、二次電池開発はスムーズにいくと踏んでいたのですが甘かった。あるとき、廊下で出くわした記録メディア担当のキーマン二人に「二次電池はなかなか難しい」と話したら「二次電池は構造的に記録メディアに近いんです」と二人が言うんです。その一言を聞いて「これだ!」と直感し、すぐに記録メディア事業のキーマンを二次電池開発責任者に据えました。そうしたら半年もたたないうちに開発が完了し、その翌年、リチウムイオン二次電池事業が黒字化しました。


中村直樹

「取引先と対等に接すること」が大切です。残念なことに、メーカーに対して無理難題をいうような小売りもまだ存在しています。しかし私は、そういうアンフェアなことはしたくない。「バーニーズと取り引きして、損した……」などということは、絶対にあってはならないと思っています。現場の人がどれだけ苦労して、商品をつくっているのか?その思いだけは忘れないようにしています。


野田稔

クリエイティブな仕事というと、クリエイターや研究開発に携わる人の専売特許だと思うかもしれませんが、それは大きな誤解です。ビジネスアイデアの大部分は現場にあります。現場で働く人たちが、顧客や取引先と接する中で問題意識を持ち、課題を解決しようと考えるところから新しいビジネスが生まれます。その意味で、すべての働く人は誰もがクリエイターなのです。


小林一雅(小林製薬)

開発・生産・マーケティング・営業、全ての面で同じことを、同じように長い期間続けることがないようにして、「小林製薬は何をするかわからない」ということを小林製薬の魅力としたいと考えています。


ピーター・ドラッカー

新しい組織社会では、知識を有するあらゆる者が、4・5年おきに新しい知識を仕入れなければならない。さもなければ時代遅れとなる。このことは、知識に対して最大の影響を与える変化が、その知識の領域で起こるようになっていることからも、重大な意味を持つ。新しい知識を生み、古い知識を陳腐化させるものは、科学や技術とは限らない。社会的なイノベーションのほうが大きな役割を果たすことが多い。


佐々木常夫

「この仕事をやるべきか?」と考え、優先順位をつける時間が必要。少し早めに出社して一人で考える時間を作るといった良い習慣を身につけるべきでしょう。


安田正

交渉するとき、情に訴えたり同じ方法ばかりにこだわる人は多い。別のやり方に変えるだけで、OKをもらえる可能性はグッと高まる。


山田義仁

将来、日本の製造業が復権する可能性があるとすれば、節電技術がキーになるでしょう。原発事故以来、工場での節電はかなり進みました。京都府綾部市にある我々のモデル工場では、電力使用量が以前に比べ半減できました。いまは人手に頼っている部分が多いのですが、電力を自動制御することでさらに節電レベルは上がります。節電は世界共通の課題です。日本がこの分野で先行すれば競争力が高まります。