名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

野中郁次郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野中郁次郎のプロフィール

野中郁次郎、のなか・いくじろう。日本の経営学者。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、富士電機製造勤務を経て、カリフォルニア大学バークレイ校経営大学院でMBAとPh.D.を取得。南山大学経営学部教授、防衛大学校社会科学教室教授、一橋大学商学部産業経営研究所教授・所長、北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科長、一橋大学大学院教授を経て、一橋大学名誉教授、カリフォルニア大学バークレイ校経営大学院ゼロックス名誉ファカルティ・スカラー、クレアモント大学大学院ドラッカー・スクール名誉スカラーなどを務めた。著書に『アメリカ海兵隊 非営利型組織の自己革新』『経営管理』『戦略論の名著 孫子、マキアヴェリから現代まで』ほか。

野中郁次郎の名言 一覧

上から与えられた数値ベースの計画からは新しい意味や価値は生まれない。


変化の激しい市場での事業展開には、価値の源泉となる知識を高速回転で創造し、戦略から戦術レベルまで柔軟な構想力と迅速な判断力、行動力を駆使する「知的機動戦」が重要になっている。


合理的な考え方や分析も大事ですが、それだけでは優れたパフォーマンスを実現することはできません。イノベーションは、分析からは起こらない。


厳しさの中の楽観もまたリーダーに大切な資質であり、イノベーションを起こす大事な要素なのです。


当たり前のことをやり続けるのは実はとても難しいことです。ですが、当たり前のことをきちんとやってさえいれば、必ず道は開ける。


人は自信を持ちすぎると現実を直視することが難しくなります。


経営者が過去を洞察して反省し、謙虚な姿勢を崩さない。そのうえで自分は日々会社の歴史を作っているという自覚を持つ。そういう姿勢と自覚を持つ経営者だけが未来を築いていくのでしょう。


第三者による働きかけはリーダーにとって重要ですね。日本企業で組織変革が困難なのは、「成功体験が真理になる」という日本軍の本質をいまだに受け継いでいる部分があるからです。トップが自分を否定するような人物を後継者として育成・選抜するということがなかなかありません。


優れたリーダーが、現場の模範となる次のリーダーを育てることが必要でしょう。伝統的な徒弟制度に代わる場を用意し、フィードバックサイクルを速めて内省の機会も作ることが大切です。


日本では強烈なトップダウンよりは自律分散型のリーダーシップが伝統的に機能してきました。例えば、明治維新という時代の節目に活躍したのは下級武士、すなわちミドルマネジャーでした。そう考えると、組織のトップはビジョンを語りながら、現場に権限を委譲する。ただしミドルが問題を解決できない場合には積極的に介入する。そうした柔軟で俊敏な決断力がトップには求められます。


衆知は勝手に集まってくるものではありません。「衆知を集めたい」という強い気持ちがあり、それがその人の態度や物腰に現れて、ようやく衆知が集まってきます。


松下幸之助さんは「社長は軍師ではない」と言いました。軍師は戦法を進言しますが、どの戦法を採用するかを決めるのは大将の仕事。状況が刻々と変わる中で、最善の判断を下すことが求められます。しかも、軍師のように椅子に座ってじっくり考えている時間はありませんから、動きながら考えて正解の近似値を即座に回答する能力が、社長や大将には求められるのです。


リーダーとなる人間は経験を積む中で、厳しい自己研鑽により、目の前の現実から「真実を直観的に見抜く勘」を養う必要があります。


実際に雨が降ったときに傘をさすという行為自体は、誰にでもできる自然な行為です。ところがそれが経営に関することとなると、その当たり前のことができなくなることがある。たとえば、適正利益を加味した値付けをしないとか、売ったものの代金をきちんと回収しないとかいったことです。


PDCAサイクルの問題点は、計画の前段階として観察と情勢判断にあたる部分がないことだ。つまり、計画を生み出す。プロセスが入っていない。それは、PDCAサイクルがトップダウン型の消耗戦に適応した効率追求モデルであるからだ。


最新の脳科学でも知覚的な情報はほとんど身体が吸収し、脳はそこからしみ出る一部の情報を認識していることが判明している。次の情勢判断では、過去の経験、自身の資質、身についた文化など自らが蓄積してきた暗黙知と新たに知覚した情報をもとに判断する。そして、対応策を意思決定し、行動に移す。


新たな知は、経験に基づいて暗黙のうちに持つ主観的な「暗黙知」と、言葉で表現できる客観的な「形式知」が、対話を通して相互に変換し、スパイラルに循環していくなかで生まれる。


戦争とは、敵対する軍同士の知識創造力の戦いでもある。


日本軍では集団主義的な価値観が優先したため、凝縮性が高く、平時であれば安定的な力を発揮した。しかし、凝縮性の高い組織は負の側面が現れると同質化が進み、内向きになる。戦争開始時、日本軍は「閉じられた共同体」と化していた。陸軍も、海軍も内向きに閉じ、派閥化する。戦争という不確実性の高い状況に適応するには、開かれた対話による多様な「知の総合力」が不可欠だが、閉じられた共同体にそれを生み出すことはできなかった。


野中郁次郎の経歴・略歴

野中郁次郎、のなか・いくじろう。日本の経営学者。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、富士電機製造勤務を経て、カリフォルニア大学バークレイ校経営大学院でMBAとPh.D.を取得。南山大学経営学部教授、防衛大学校社会科学教室教授、一橋大学商学部産業経営研究所教授・所長、北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科長、一橋大学大学院教授を経て、一橋大学名誉教授、カリフォルニア大学バークレイ校経営大学院ゼロックス名誉ファカルティ・スカラー、クレアモント大学大学院ドラッカー・スクール名誉スカラーなどを務めた。著書に『アメリカ海兵隊 非営利型組織の自己革新』『経営管理』『戦略論の名著 孫子、マキアヴェリから現代まで』ほか。

他の記事も読んでみる

松田憲幸

独立した理由は3つほどあります。1つは、組織の中で、自分が思うように評価されるのは難しいな、と感じたこと。もう1つが、海外のソフトメーカーと仕事をしたとき、ソースコード(プログラムの設計図)が手元にないつらさを味わったこと。これがないために簡単なバグ1つ直すことができず、お客様に迷惑をかけてしまうケースがありました。「自分たちでソースコードを持ちたい!」。その思いが起業の原動力であり、社名にも込められています。最後の決定打が、IBMの4年目にヘッドハンティングを受けたことです。海外企業が立ち上げる日本法人の支社長という話で、私も興味があったのですが、外資系企業の日本法人は部門マネジャー程度の位置付けなんです。「権限がなければ社員に全責任を負えない」とその話は断り、「それならば自分で会社を作ればいい」と思って起業したのです。


高倉豊

まず「自分が商品に惚れないとお客の心は動かせない」という人もいるが、私は反対だ。自社の商品に愛着を持つと、「あばたもえくぼ」で欠点までよく見えてしまい、冷静な判断ができなくなるからだ。


川鍋一朗

「日交マイクル」で失敗して「さあどうしょう、やばいな」と思いましたが、逃げるわけにはいかない。何ができるのか、必死に考えました。それで、各部門の長に「あなたの部署で一番優秀な人材と飯を食わせてください」と頼み、彼らに何をしたらいいと思うか聞いた。出てきたアイデアが100近く集まったら、どれから手を着けたらいいか、またみんなで考えるんです。すると、10項目くらいに絞られる。10の手を打てば、2~3は当たるものです。


和田裕美

もしあなたの周りに元気のない人がいたら、そっと声をかけてあげてください。長々と話さなくてもいい。短い言葉でも、あなたの思いやりがこもっていれば、きっとその人に届くはずです。


遠藤弘満

時計本体を売ることを最終目標にしてしまうと、その後は新しく買ってもらわなければなりません。そうなると、本体はむしろ長持ちしない方がブランド側にとっては都合が良くなります。国産にこだわり、販売価格を抑えながら高い品質を追求すると、自分の首を絞めることにすらなりかねないのです。ですからベルトを別売りにして、ファッション感覚で何本も買ってもらう仕組みを作ることで、全体を成り立たせました。


鍵山秀三郎

目先の損得にこだわる振る舞いは、私から見れば将来確実に不幸になる行動と言えます。なぜならそこには、人として高邁に生きようという美意識がなくなっているからです。そして、そのような美意識のない人物が大成した例を、私は見たことがありません。それは、今までにたくさんの人を見てきた私の、間違いのない法則です。


黒鉄ヒロシ

大人になってから出会った人との関係は、学生時代と違い、つき合うに足るかどうかで明確な一線が引かれてしまいます。注意してもムダだと思われれば、そこまで年を重ねるごとに、人間関係はコンパクトになっていきます。年長者だからといって、若者を叱る責任はありません。それでも上司が部下を叱ってくれるのは、会社の側として一体となって動く必要があるからです。組織が目的を達成するためには、全員が自分の役目を果たすことが欠かせません。だから、上司は口うるさく言うわけです。


宗次徳二

私は口下手です。話し上手な人なら、お客様を思う気持ちやサービスの在り方を研修などで社員に的確に伝えられるかもしれません。しかし、私はどうもそれが得意ではない。もちろん自分なりに伝える努力はしていますが、それでも伝えきれない感じが残ります。そこで考えた私なりの最良の方法が、現場に入って実際に自分で指導することなのです。


横山信治(経営者)

自分は運がいい、ツイていると信じ込むことで、行動が積極的になります。この行動するということが大事なのです。


山口勉(経営者)

資金力がまるで違う量販店と商品の値段で争っても、小さな販売店が勝てるわけがない。


菊池健彦

残念ながら、効率よく英単語を覚える方法を私は知りません。むしろ私は記憶力が非常に悪いため、単語学習にとても苦労してきました。苦労の中で編み出したのが、忘れて当たり前という姿勢でした。凡人が1日に10語の英単語を完ぺきに覚えることは難しい。それなら100語を学び、99語は忘れても、1語だけはなんとか覚えようという方法です。


鈴木進介

思考をスッキリさせるためには余計な感情を排除することも大事。たとえば、上司から来週のプレゼン資料をつくる仕事を頼まれたとき、「なんで俺がこんな仕事をしなきゃいけないのか?」などと考えず、作業に移る。とにかくプレゼンの資料はつくらなければいけない。それは揺るがない事実だとしたら、まず感情を排除して淡々と仕事をこなすことです。