名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

野上彌生子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

野上彌生子のプロフィール

野上弥生子、のがみ・やえこ。日本の小説家。大分県出身。14歳で上京。明治女学校に入学。『ホトトギス』に『縁』を掲載しデビュー。主な受賞に『迷路』で読売文学賞、『秀吉と利休』で女流文学賞、文化功労者、文化勲章、朝日賞、『森』で日本文学大賞を受賞。そのほか、法政大学女子高等学校名誉校長を務めた。

野上彌生子の名言 一覧

生まれるのは誰でも生まれる。死ぬのは誰でも死ぬが、生きるということだけは、これは千人が千人、万人が万人、皆違った生き方をする。


野上彌生子の経歴・略歴

野上弥生子、のがみ・やえこ。日本の小説家。大分県出身。14歳で上京。明治女学校に入学。『ホトトギス』に『縁』を掲載しデビュー。主な受賞に『迷路』で読売文学賞、『秀吉と利休』で女流文学賞、文化功労者、文化勲章、朝日賞、『森』で日本文学大賞を受賞。そのほか、法政大学女子高等学校名誉校長を務めた。

他の記事も読んでみる

古橋広之進(古橋廣之進)

ハンディがあったからこそ、それをどのように乗り越えたらいいかということを考え、人のやらないことをやった。こういう発想ができたことが、ものすごくプラスになった。


森山直太朗

半年間ほど活動を小休止したとき、あえて音楽から距離を置き、友達に会いに海外に出たり、憧れだった山小屋を買って自然の中で暮らしてみたり。それにも飽きてついに手持ち無沙汰になって、「そもそも、何が楽しくて音楽をやっていたんだっけ?」。そんな原点の気持ちに返ることができたように思います。


小林栄三

どんな事業にも失敗は付きもの。しかし、成功が幸運や偶然によってもたらされることがあるのと違い、失敗には必ず理由がある。だから敗因を正しく分析すれば、それは次のチャレンジにつながる。


橋下徹

改革に対しては当然、反対や批判が起きるが、それらはほとんど将来への不安を「完全に」解消するべきだという非現実的な主張に基づいている。結局、改革に反対するメディアや自称インテリは、目の前に横たわっている「現在の問題」には寛容なんだ。その半面、問題を解決するために一歩踏み出すことによる「将来への不安」には、驚くほど神経質。その将来への不安を完全に払拭することがない限り、現在の問題を容認してでも現状維持を選んでしまうのが改革反対派というものである。結局将来への不安を過度に意識しすぎて、現在の問題を放置してしまう。


柳井正

即断、即決、即実行。考えてもわからないことはサイコロを振れ。またわからなかったら周囲の人に聞け。今はスピードが大切。


矢野貴久子

自分が何をやるべきかをイメージできれば、仕事に対する誇りも生まれてきます。そうして問題点をクリアにしながら、「どうやったらできるか」という視点で、ゴールへの道筋を調整していく。「できた!」という充実感も、そこからきっと味わえるはずです。


木村皓一

証券会社で多様な業界、企業を眺めていて学んだのは、付加価値の高い企業以外はもう残っていけないだろうなということ。大阪で子供向けの一点物の服をオーダーメードで作り、高い値段で売っているメーカーがあった。これがいいのではないかと漠然と考えていました。


アルフレッド・アドラー

理不尽な上司や学校の先生に無理矢理認めてもらう必要はない。市場価値の高い人になればいい。より大きな共同体で考えればいいのだ。


神岡真司

精神論から離れる一番の方法は勉強すること。経営やマネジメント、業界や仕事の知識・スキルについて学んで、今の時代にあった方法を自分で考えることが重要。


持田農夫男

31歳の時、私は米国に追い出されました。米国の子会社が買収した社員30人ほどの大赤字の町工場に、肩書も権限も与えられないまま放り出されたのです。英語も話せない。それでも本社は、何とか立て直せと命令してくる。現地社員の帰宅後や土日を使って、生産性改善など何でもやりました。休んだのはクリスマスだけ。その努力のかいあって、1年半で黒字になりました。これが、経営者としての私の原点です。日本の大きな組織にいたら、経営の勘を若くして身に付けることはできなかったでしょう。


御立尚資

よく、社外の勉強会や交流会で人脈をつくろうとする人がいますが、私はあまり評価しません。社外人脈よりも、会社内で仕事を進めて行くうえで必要なのは社内常識です。もっと自分の会社内を大事にして、その中に根を張った方がいいと思います。


ケラリーノ・サンドロヴィッチ

慌てたところでどうにもならないんですよ、人生って。だから、運を向かせようと必死にエネルギーを使わないほうがいい。悪いことがあれば、しばらくするといいことがある。その繰り返しなんですから。