野上彌生子の名言

野上彌生子のプロフィール

野上弥生子、のがみ・やえこ。日本の小説家。大分県出身。14歳で上京。明治女学校に入学。『ホトトギス』に『縁』を掲載しデビュー。主な受賞に『迷路』で読売文学賞、『秀吉と利休』で女流文学賞、文化功労者、文化勲章、朝日賞、『森』で日本文学大賞を受賞。そのほか、法政大学女子高等学校名誉校長を務めた。

野上彌生子の名言 一覧

生まれるのは誰でも生まれる。死ぬのは誰でも死ぬが、生きるということだけは、これは千人が千人、万人が万人、皆違った生き方をする。


野上彌生子の経歴・略歴

野上弥生子、のがみ・やえこ。日本の小説家。大分県出身。14歳で上京。明治女学校に入学。『ホトトギス』に『縁』を掲載しデビュー。主な受賞に『迷路』で読売文学賞、『秀吉と利休』で女流文学賞、文化功労者、文化勲章、朝日賞、『森』で日本文学大賞を受賞。そのほか、法政大学女子高等学校名誉校長を務めた。

他の記事も読んでみる

新田龍

知名度が低い小さな企業にも、大企業に負けない優良企業はたくさんある。例えばスマホを作っているメーカーは知られていますが、中の部品を作っている会社は、みんな知りません。でもそういう会社が意外と海外取引で業績を伸ばしている優良企業であることが多い。


宮田孝一

銀行のビジネスは、お客様が必要なときに資金を融資するという受け身の姿勢からソリューションビジネスへ急速に変化しています。いま銀行は顧客企業に、工場の立地の紹介から商品の付加価値を高めるアドバイスまで、多岐にわたる提案を行っています。


西村貴好

「人間はそもそも人のことを褒められない」ことを自覚することが大事です。私たちは本能で、自分の周りの人の欠点やできないところを探してしまう。自分の周りの上司や同僚、部下の悪いところ、ダメな所が見えてしまうのは、本能で染みこんでいるものだから仕方がない。だからこそ、本能よりちょっとだけ自分の理性を生かして、周囲の人のいいところを探そう、あるいはそういう修行だと考えゲーム感覚でスタートすることも大事です。意思を持って、覚悟を決めて、褒めていこうということです。


小泉光臣

社長には2つの大きな役割があります。1つは戦略を立案して決断すること。もう1つが戦略を社員に伝えることです。いずれにしても社員とのコミュニケーションが重要です。


小池百合子

東京都の全事業の総点検を行いました。その結果、各事業について「期限」が定められているのは全体の約2割で、それ以外の事業には特に期限が定められていませんでした。期限がない場合、見直しのきっかけがないため、惰性で続いてしまうこともありえます。このため、すべての事業に「終期」を設定し、事業評価を行う時期を明確化しました。


加藤夏希

演じることは、私にとって「非現実的なことも現実に変えてくれる魔法」みたいなもの。ヤンキー役なら日常で絶対に言わない「くそったれ!」みたいな言葉を使えるし、役柄によっては空を飛んだり、魔法を使ったり……。新しい役に取り組むたびに、誰よりも人生を楽しんでるな、って思えるんです。


吉田松陰

学問は、自分の才能を見せびらかして、人を従わせるためのものではない。人を教育して、一緒によき人になろうとすることである。


竹中平蔵

今後、日本では産業の人材は綱引きの時代からオリンピックの時代を目指すべきだと思っています。綱引きの時代は100人の人が80%くらいの力を出せればいいのですが、オリンピックの時代は突出した力で優勝できる人が1人、2人出てくることが重要です。


高橋がなり

僕はね、こういう気持ちがあるんです。この人とお付き合いしたんだったら、自分もそこに上がっていくしかない。やっぱり優秀なスタッフと仕事がしたいと思うんだったら、自分が優秀になるしかないと。


下地寛也

資料を作ってから話す内容を考えるということは、映画でたとえると演出・撮影をしてからシナリオを考えるようなもの。相手の心に響かない、つまらない映画を作るようなもの。


小林道寛

事業スタート時はいろんなことに手を出していました。インフラだけでなく、開発も闇雲にやっていました。開発プロジェクトがあまりに失敗するので、その時のリーダー層で話し合ったのが2006年頃。自分たちを高く評価してもらうことができ、お客様にも喜んでいただける仕事に集中しようということになり、インフラに舵取りをしました。


二子石謙輔

既存の銀行とは違う我々とはいったい何者なのか、僕はそれをしょっちゅう考えています。環境認識をした上で、「じゃあ、その中で我々は何をすべきなのか」「どういう存在であるべきなのか」と常に自問自答しています。


西田厚聰

今後はますますグローバル化が進む中では、それにふさわしい人材育成、個々人の視点に立てば勉強が必要になってきます。その基礎として西洋の古典を含めたリベラルアーツ(教養)を勉強していかないと、相手と同じ土俵で議論できない恐れもあります。
【覚書き|海外の経営者と商談するときに、哲学や政治、歴史などの話題がよく話題となった経験から語った言葉】


福沢諭吉

猿に見せるつもりで書け。俺などはいつも猿に見せるつもりで書いているが、世の中はそれでちょうどいいのだ。


山口悟郎

京セラは確かに大企業だが、実際は事業体ごとの中小企業の集合体で、それぞれは零細企業と言ったほうがいい。だからこそ、安く買うことを一生懸命に繰り返しているのだ。


ページの先頭へ