名言DB

9412 人 / 110637 名言

重松大輔の名言

twitter Facebook はてブ

重松大輔のプロフィール

重松大輔、しげまつ・だいすけ。日本の経営者。「スペースマーケット」社長。千葉県出身。早稲田大学法学部卒業後、NTT東日本、フォトクリエイトを経てスペースマーケットを創業。

重松大輔の名言 一覧

空間にコンセプトを与えて貸し方を工夫すれば、必ず借り手がつく。


上場は、仕組みを一つ完成させて、その仕組みが社会の評価を受けた証し。


最初に100個ほどアイデアを出して、妻とああでもないこうでもないとやって、いまの事業のアイデアが出てきた感じです。


Airbnbはこちらを気にかけていないと思いますが、私はライバルだと思って挑戦していくつもりです。ただ、手をつなぐべきところはしっかり手をつなぎたい。業界として規制緩和の流れをつくっていかないと、おそらく彼らも私たちも困ります。


今後力を入れていきたいのは、地方自治体の公共施設ですね。公民館を借りるのは意外に面倒なんです。たとえば書類を何枚も書かなきゃいけなかったり、指定された時間に窓口に並ばなければいけなかったりして、手続きが大変なのです。それらをすべてウェブで可視化して簡単に申し込めるようにすれば、自治体にも利用者にもメリットがある。ここは力を入れていきます。


妻はサイバーエージェントのベンチャーキャピタル部門にいました。いまは別の会社にジョインして、ベンチャーキャピタリストとして働いています。家にプロの投資家がいるので、壁打ちを繰り返してビジネスプランを磨いていきました。


NTTはキャリアステップが明確で、10年先の自分がはっきり見えるんです。当時、「あいつは40歳前後で何とか支店の課長になる」といわれていた同期の友人は、いま実際に某支店の課長になっています。先のことがきちんと計算できる世界はいい面もあるのですが、私は違和感を感じました。それでNTTの同期が起業したベンチャーに転職したのです。


たしかに利用料金は高いほうが、私たちやオーナーさんにとってはありがたいです。ですから、利用者の方に納得していただける形で料金を上げていく工夫はしています。たとえばオーナーさんに対して、壁紙を変えたら高級感が出ますよとか、最初は低料金で始めて、いい評価が定着したらエリアの相場に合わせて少し料金を上げませんかといった提案もしています。みなさん最初は素人同然なのですが、やっていくうちにどんどんプロになっていく。


重松大輔の経歴・略歴

重松大輔、しげまつ・だいすけ。日本の経営者。「スペースマーケット」社長。千葉県出身。早稲田大学法学部卒業後、NTT東日本、フォトクリエイトを経てスペースマーケットを創業。

他の記事も読んでみる

豊田一成

人間は自分が評価した自分の能力にすごく執着し、つい人のせいにしがちですが、自分の頭で考え、反省して、悪いときのイメージをいいときに置き換えることで行動する力がついてくる。結果、自分のせいにできる人は、集中して物事に向き合えるようになるんです。


八尋俊邦

身動きできない状況の中で、体を少しずつ、しかし絶えずゆすぶり続ける。そこに、事態打開の糸口が見えてくる。
【覚書き:IJPC(イラン・ジャパン石油化学プロジェクト)清算問題での苦悩と葛藤を振り返っての発言。IJPC問題とはイランと日本の石油化学開発プロジェクトで三井物産が主導で行っていた。しかしイランイラク戦争が起き、施設が破壊されるなどしたため撤退。一兆円近い損失が出た】


岩瀬大輔

若い人に大きめの仕事を与えれば、その分奮闘し、結果として成長する。


斉藤惇

自律(立)が基本。ルール化しないとできないというのは、いささか情けないといえば情けない。


トーマス・カーライル

この世における最後の福音は、「お前の仕事を知り、そしてそれを成せ」である。


大井川和彦

「(魅力度が)下から何番目の位置に、ちょっとだけ上がればいいや」という意識があるとしたら、それこそが茨城県の魅力を一番損ねている。茨城県民のいいところであり悪いところでもあるのですが、現状に満足してしまう気持ちがある。そうではなく、常にトップを目指すという気迫と行動力と挑戦意欲を持たなければいけないと思っています。


有川真由美

自分が苦手なことやこれまで取り組んだことのない難しいテーマの仕事は、思い切って他人活用すると作業効率をアップさせることができます。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

私も「投資をしたいのですが、やった方がいいですか?」と聞かれることもありますが、「正直、どちらでもいいですよ」とお答えしてます。老後資金づくりの鍵は投資ではありませんから。他にもこれをすれば税金が安くなるとか、繰り上げ返済の損得とか、目先のテクニックが色々ありますが、優先すべきはキャッシュフロー、つまり「お金が貯まる仕組み」を整えることです。キャッシュフローが余剰になれば、そのお金でローンを返してもいいし、投資をしてもいい。何とでもなる。


山口勉(経営者)

一目見て分かるように営業車をシマウマ柄にしたのは35年ぐらい前のこと。また、お客様がお店に立ち寄る機会をつくるため、毎週末のイベントを30年以上続けています。小さな工夫を積み重ねた結果、ありがたいことに今年の5月、ヤマグチは創業50周年を迎えました。


岸見一郎

部下を信頼しなければ、いつまでも仕事を任せられない。たとえば、部下が持ってくるレポートや、出版社などであれば原稿が全然ダメ。だが締め切りが迫っている。こういうときに、いつも上司が自分で書き直してしまうと、部下は成長しない。


堤幸彦

悪戦苦闘しているのは、いまでもまったく変わらないんです。


近藤太香巳

ミスを許すことも重要。その社員が成長した後に会社に利益をもたらすようになるかもしれないですから、ミスをしたら絶対に許さないというスタンスで厳しく叱りつけるだけではいけません。たとえそれがどんなに低レベルのミスであっても、上司としてそれを許し、成長させていくことも必要です。


須藤憲司

トラブル対処はスピードが重要。


河原春郎

自分たちがやっていることは、前に向かうための作業なんだと分かると人の意欲は必ず高まる。


黒川博行

重視しているのは、リアリティです。僕の場合、まず職業を書く。職業=人間ですから、職業を書くことで人間を書けるんです。