名言DB

9413 人 / 110706 名言

ブッダ(釈迦)の名言

twitter Facebook はてブ

ブッダ(釈迦)のプロフィール

釈迦。世界三大宗教の一つ仏教の開祖。王子として裕福な家庭に生まれるも29歳で出家しすべてを捨てる。修行ののち悟りを開き、仏教の布教を行った。80歳で死去したといわれている。

ブッダ(釈迦)の名言 一覧

忍耐は煩悩の炎を焼き尽くす最高の力である。


みずからを拠り所とせよ、他を拠り所としてはならない。


この世においては、怨(うら)みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息(や)むことがない。怨みを捨ててこそ息む。これは永遠の真理である。


聖典の言葉をいくらたくさん語っていても、それを実践しなければ怠け者である。それは例えば、牛飼いが他人の牛を勘定しているようなものだ。そういう者は修行者とはいえない。


愚かな人は、「私には息子がいる」「私には財産がある」などといってそれで思い悩むが、自分自身がそもそも自分のものではない。ましてや、息子が自分のものであろうか。財産が自分のものであろうか。


「因果関係によってつくりだされたすべてのものは無常である(諸行無常である)」と、智慧によって見るとき、人は苦しみを厭い離れる。これが人が清らかになるための道である。


他の人たちが「安楽だ」と言うものを、聖者たちは「苦しみである」と言う。他の人たちが「苦しみだ」と言うものを、聖者たちは「安楽である」と言う。法は知りがたいものであると見よ。無知なる者たちは、ここで迷うのである。


「その報いが、自分には来ないだろう」と思い、善行を軽く見てはいけない。水一滴の滴りも、つもれば水瓶をあふれさせる。心ある人は、小さな善を積み重ねて、いつのまにか、福徳に満たされているのである。


「一切の形成されたものは苦しみである」と明らかな智慧をもって見るときに、人は苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。


貪りと怒りと愚かさを捨て、諸々のしがらみを断ち、命が尽きるのを恐れず、犀(サイ)の角のように、ただひとり歩め。


世の中は泡沫のごとしと観よ。
世の中は陽炎のごとしと観よ。


快楽から悲しみと恐れが生まれる。快楽より解脱した人間にとって、もはや悲しみも恐れもない。


あなたの瞳を欺瞞の世界よりそらしなさい。自分の感情を信頼するのをやめなさい。感情はうそつきです。あなた自身の中に、個を排したあなた自身の内側に、永遠の人を探し求めなさい。


人間が他の動物よりも上に立つ理由は、我々が冷酷に他の動物を苦しめることができるからではなく、彼らを憐れむことができるからです。


苦悩を乗り越えるための聖なる道は8つの部分からできている。すなわち、正しいものの見方、正しい決意、正しい言葉、正しい行為、正しい生活、正しい努力、正しい思念、正しい瞑想である。


ブッダ(釈迦)の経歴・略歴

釈迦。世界三大宗教の一つ仏教の開祖。王子として裕福な家庭に生まれるも29歳で出家しすべてを捨てる。修行ののち悟りを開き、仏教の布教を行った。80歳で死去したといわれている。

他の記事も読んでみる

小野田寛郎(小野田少尉)

少数精鋭なら、その人間たちに相当のことを任すことができるし、また、任せなくちゃこんな仕事はできません。任されるほうにも責任が生まれるし、やりがいも出てくるだろうし。自分のことは自分でやるのが基本ですけど、他人に任せっるということもできなくちゃだめですね。その両方がないと。
【覚書き|ブラジルでの農業経営について語った言葉】


高橋幸司(経営者)

お客様の感情をどう動かすか、心の揺らぎをどう起こすかだけを考えてきた。その商品を使ってお客様がどのような体験、経験をしたいのかまで考え抜いています。


後藤亘

大事なのは問題から逃げずに、正面から向き合うこと。


ヴィダル・サスーン

「成功」が「労働」より先に来るのは辞書の中だけだ。


水戸岡鋭治

文化というのは手間が掛かるものです。経済性や効率性に反することもあります。しかし、手間を掛けることによって文化が育ち、豊かな時間と空間、楽しさなどの情緒が生まれてくるのです。


南場智子

海外で働く人材というと、語学力や国際的なバックグラウンドが重要とされがちです。しかし実際の現場で求められるのは、馴染みのない文化や新しい環境に対する謙虚さなのです。海外展開の話に限らず、DeNAという会社がいま、成功を収めている理由も、そのような人材に恵まれてきたからだと私は思っています。


山口真導

節税対策が必要なほど利益が出ているのであれば、普段はできない「投資」に資金を振り分けるべきです。その場合「投資」の結果として、付随的に節税ができるので、一石二鳥ということになります。


矢野龍

当社は山の手入れは徹底的にやっていると自負しています。森林だけで捉えると収益性は高くありませんが、それでも山林部には30名以上が在籍するなどヒト、モノなど全て維持し続けています。もちろん、それなりの出費ですが、創業当時からの当社の伝統でありミッションです。


家入一真

一番大事なのは、何かに依存して生きるのをやめることです。会社や上司に依存するから、身動きがとれなくなる。「上司に恩があるから、あと3年はこの会社で頑張る」といった考え方もしなくていいと思います。僕は、会社はもちろん、友人や仕事相手との人間関係にも依存したくないし、もっと大きなことをいえば、国や社会にも依存したくないと考えている。だから自由に生きられるのです。


杉山恒太郎

いつもピッカピカでいたいなら、予定調和の外に出て「小さな奇跡」に出合うことです。細かいことでいいんです。映画を観て予想外に泣けたとか、雲の形が笑えたとか、うまいコーヒーが飲めたとか。小さな奇跡で、自分の思い込みから自由になる発見を積み重ねて、人は一気に成長できるのではないでしょうか。「昨日と違う新しいことが起きるんじゃないか」と、毎日ワクワクするようになれたらしめたもの。


西田厚聰

コモディティーの定義は様々ですが、「競合相手が必ずいる」と定義してみると東芝製品の90%以上がコモディティーに分類されます。火力発電所でさえも該当します。つまり、グローバル市場での競争で勝つためには、大半を占めるコモディティーに対応した経営が必要になります。


高田明(ジャパネットたかた)

今日まで私は、とにかくひたすら「自己を更新する」という思いで毎日、走り続けてきました。過去も、遠い未来のことも考えず、とにかく今を全力で生きる。すると、次にやるべきことが自然と見えてくる。そしてそれをさらにクリアしたら、また次の課題が現われる。このようにどんどん目の前のことを乗り越えていくうちに、ここまで大きくなったのがジャパネットという会社です。


塚越恒爾

饒舌は、かえって自分の言葉を卑しめます。言葉を卑しめるということは、自分を卑しめることと同じです。


園田崇

大企業の方とベンチャーの人たちがもっと、ひざを突きつけあった交流をしたほうがいい。大企業とベンチャーの技術を組み合わせたら、最強の技術が生まれる可能性が日本にはまだある。


ヴィルヘルム・ディルタイ

信頼は相手のために払った犠牲の質と量に比例する。