酒井穣の名言

酒井穣のプロフィール

酒井穣、さかい・じょう。日本の経営者。人材育成、コンサルティングの「BOLBOP」社長。東京出身。慶應義塾大学理工学部卒業、オランダ・ティルブルフ大学でMBAを取得。商社で台湾向け精密機械の輸出営業などに従事した後、オランダの精密器機メーカーに入社。知的財産権などを取り扱う部署などに勤務。オランダから帰国後、株式会社BOLBOPの社長に就任。著書に『はじめての課長の教科書』『ビジネスでいちばん大事な「心理学の教養」』『「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト』『リーダーシップでいちばん大切なこと』ほか。

酒井穣の名言 一覧

問題に本気で向き合えば、何かが見えてくるはずです。偏差値は関係ありません。


自分の時間を有意義に使いたいのであれば、リングに上がって自ら戦うこと。そうでないと、一生をブツブツ文句を言うだけで終えることになります。これ以上にムダな時間の使い方はありません。


イシューとは問題解決の鍵となる本質のことです。仕事を進めるとき、イシューを見極めず、タスクばかりを見ている人が多いと思います。


あなたの人生で一番若い瞬間とは、「今」なのです。あとで「あのとき、こうしておけばよかった」と思わないような生き方をしたいものですね。


スキルが不足しているのではないかと、自信が持てない人もいるかもしれません。でも、満足のいくスキルが身につく日なんて絶対に来ません。スキルも経験もない仕事をすれば、もちろん失敗もするでしょう。そんなことは恐れるに足りません。どういうスキルを身につけるべきかが、失敗したときにはっきりとわかるからです。それから、そのスキルを身につければいいのです。こうした学びのための時間は楽しい。


「仕事の時間を短縮したい」という悩みを解決する方法は、「時間を短縮したいとは思わない仕事をすること」です。自分がコミットしたい問題があるにもかかわらず、それに携わらないことこそ時間のムダです。


短時間で身につくスキルでは他人と差がつかない。イシュー(問題の核心)に腰を据えて向き合う中で、時間をかけて得られるスキルこそが、価値のあるスキルなのです。


調べているだけでは何も始まりません。現場を目の当たりにすれば、自分が解決に寄与できる方法が見つかるはずです。


ルーティンや生活習慣を決めてしまうと、それ以上、時間の使い方について考えなくなります。自分にとって大事な時間をどう使うかを、考えなくていいのでしょうか?


労働力をダンピングしないと利益が出ないとしたら、どこか構造的な間違いがあるはずです。


金銭的に満たされても、その先には何もありません。お金があれば、確かに人が集まってきます。でも、その人たちが魅力を感じるのは、自分ではなくお金なのです。


作業効率も重要だとは思います。そのためのテクニックやツールは、もういくらでもあります。ですが、それよりも重要なのは、「その仕事の時間を短縮して、何をやりたいのか?」ということです。目的もなく目の前の仕事の時間を短縮したところで、空いた時間に同じような仕事が詰め込まれるだけでしょう。


他のことに人生の時間を使いたい、使うべきだと思っているから、目の前の仕事の時間を短縮したいと思っているはずです。ということは、目の前の仕事よりも、本当は優先順位が高い仕事がある、ということですよね。まずは、人生における物事の優先順位をはっきりとさせるべきです。


酒井穣の経歴・略歴

酒井穣、さかい・じょう。日本の経営者。人材育成、コンサルティングの「BOLBOP」社長。東京出身。慶應義塾大学理工学部卒業、オランダ・ティルブルフ大学でMBAを取得。商社で台湾向け精密機械の輸出営業などに従事した後、オランダの精密器機メーカーに入社。知的財産権などを取り扱う部署などに勤務。オランダから帰国後、株式会社BOLBOPの社長に就任。著書に『はじめての課長の教科書』『ビジネスでいちばん大事な「心理学の教養」』『「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト』『リーダーシップでいちばん大切なこと』ほか。

他の記事も読んでみる

三浦知良

僕は10代でプロになり、31年目になる今でも、サッカーへの情熱は変わりません。ずっと、試合に出て、ゴールするという夢を追いかけている。


野村与曽市

苦労はしておくものである。私はそれを深く体得して今日に至っている。


武田邦彦

旭化成時代、年に150回は飛行機に乗って世界中を飛び回りました。土日も祝日もありません。オリンピック選手と同じで、目標を達成するには全力を注ぐしかないのです。激務で体を壊すこともありました。


佐瀬守男

2011年にあったタコの世界的な不漁を受け、自前で調達すべく、調査チームを作りました。自前でタコを探しに行くプロジェクトでは、例えば「スリランカにタコがいる」という情報を得れば、まず私が飛んでいきました。わざわざ赴いたのにイカ1匹しか獲れないこともありましたが、フットワークを軽くして約10力国は回りました。自分の目で見て分かったのは、タコは世界のあらゆる海域で獲れるということ。ただ現地では売れないため、獲られていなかっただけだったのです。


新美春之

40歳前までぐらいは全部おれがおれがでいい。でも課長、部長になったら、自分の下や同僚や会社のことを考えられる人と、自分しか考えられない人の差が出る。自分以外のことを考える余裕を持った人間になってほしい。


ハロルド・ジェニーン

良いリーダーのやることは紳士的でなくてはいけない。誰も自分のリーダーが無知、優柔不断、弱さから無能を甘やかすことを望みはしない。弱いリーダーについていきたいとは誰も思わない。リーダーとして弱いことは最低である。困難な状況にぶつかったら、どう変わるかわからないからだ。困難で、不評判ですらある決断をすることを恐れない強いリーダーの方がずっと多くの尊敬と忠誠を勝ち取る。目下の人間を扱うのに紳士的で公正で信頼できると知られている限り。


成河

見たくない人間の醜悪な部分も、この作品(舞台『人間風車』)の大切な要素。舞台にいる人間が「傷ついているふう」ではいけない。演じる僕が、自分自身に蓋をしてしまっているものや人に絶対見られたくないものに、まず向き合わなければ。すり減るだろうな、キツいなぁ(笑)と思います。けれど、それは役者にとって、大きな醍醐味でもある。久しぶりにその境地に踏み込むことへの覚悟をいま決めているところです。


堀内利之

感謝の気持ちで心を満たしてください。心の中で感謝の言葉を繰り返してください。その気持ちは必ず伝わります。面と向かってでは照れくさくて言葉にできないとしても、心の中を感謝の気持ちで一杯にすれば必ず伝わるのです。


押井守

ほとんどの人は、才能などとは縁のない場所で一生を過ごすことになる。天才の身でない我々は、情熱を持ち続けることしか、この世を渡っていく術がないのだ。情熱さえあれば、貧乏も苦難も乗り越えられるだろう。金や名声を追っていけば、それが失われたとき人は堕落する。だが、自分の美学と情熱があれば、富と名誉に煩わされることなく生きていける。


酒巻久

埼玉県の秩父にある本社から社員が東京に打ち合わせなどに出るときは、「仕事が終わってもすぐに帰るな」と言っています。せっかく東京に出たのだから、私のように絵画や映画を観てもいいし、デパートや量販店で売れ筋商品やお客の様子を観察してもいい。なんなら実際に商品を買った人に「なぜこれを選んだのですか?」と聞いてみてもいいじゃないですか。会社でネットサーフィンをしているより、よっぽどリアルな消費者の声を聞けるし、アイデアが浮かぶきっかけにもなります。


岡田尊司

職場でよく見かける完璧主義者には2種類ある。「生真面目型」と「自己愛型」だ。どちらも仕事に対して高い理想を持ち、自分が目指す100点の状態以外はすべて失敗と受け止めてしまう特徴がある。しかも自分のやり方がベストだと固く信じ、他人にも押し付けるため周囲への影響は大きい。


大宮英明

論理の筋道を通すためには、大雑把な目次づくりから入り、細部を詰めていくというやり方が有効です。最初に目次をつくり、どのような内容を伝えたいのか、紙の上に個条書きで書いていくのです。


小笹芳央

当社のカレンダーでは3カ月を1年と数えています。普通であればそれは4半期ということなのですが、もっと徹底しています。1年というためには、年末年始休暇が必要になります。独自のカレンダーにはその意味で連休が入れられています。3カ月ごとに決算し業績を把握し、目標設定をし評価も行います。ボーナスも3カ月ごとに年に4回になります。すべて3カ月で完結する仕組みにしています。もう間もなく私たちは設立から7周年を迎えますので、ちょうど通算28年目になります。それぐらいスピードのある時間観で動いていきたかったのです。


近藤聖司

ブランド化によって、産地の生産量は20%伸びましたが、日本全体で考えればわずか2%の伸びでしかありません。それでも、今治の人たちが「おらが町のタオル」を応援してくれるようになったのです。それが、大きいのだと思います。


吉田浩一郎

私は東日本大震災で、人の意識が変わったと思っています。自分を守ってくれるのは会社やお金ではなく、結局、家族や仲間、地域の人たちだということに多くの人が気づきました。つまり震災を境に、貨幣ではなく人が中心になる社会に変わった。貨幣を中心とした社会では、ワンマンがお金で押さえつけるような経営も可能だったでしょう。しかしこれからは一人一人が納得いく働き方ができているのか、納得いく仲間と働いているのかというところに光を当てないと、いいパフォーマンスを生まないと思います。その意味で、チーム経営が大事なのです。


ページの先頭へ