名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

酒井秀樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

酒井秀樹のプロフィール

酒井秀樹、さかい・ひでき。日本の経営者。ヒロセ電機会長。高校卒業後、広瀬商会製作所(のちのヒロセ電機)に入社。取締役時に創業者が亡くなったため実質的に経営を取り仕切ることになる。その後、常務を経て社長に就任。

酒井秀樹の名言 一覧

社内の知識はすぐに陳腐化します。知識が時代遅れになるのを防ぐには、常にクリエイティブなアイデアを取り入れていく必要があります。それこそが私の役割だと自任してきました。


目標達成には、新製品開発のターゲットとなる宝の山を探すと同時に、利益率が低下した製品を生産中止にしなければなりません。それらの判断はトップの役割です。たとえば、生産中止の提案は営業担当からは上がってこない。彼らは注文を取るのが仕事だからです。したがって、様々なデータを緻密に分析し、経営者が決断を下さなければいけません。


最近、いろいろな経営者やコンサルタントの話を聞くうちに、国内生産に徹底的にこだわろうと考えるようになりました。そして、世界シェアを伸ばす。これがいまの野望です。


上場企業の経営者になったからといって、とくにいいことはありませんが、大企業の経営者や著名な学者、有能なコンサルタントに簡単に会えるのはありがたいことです。私はそうした機会を通じて知識を吸収してきました。


創業社長が亡くなり、私は37歳で社長に就いた。以来30年計画で自分の野望を実現しようとしてきたわけです。具体的には、大企業を上回る収益力を目指し、付加価値の高い仕事を追求しました。行き着いたのは、新製品開発を重視し、生産の大半を外部委託するファブレス経営です。
【覚書き|ファブレス=開発のみを行い量産のための生産工場を持たない製造業のビジネスモデル】


私は工場などには足を運びません。現場を見ずして経営はできないと言う人もいますが、私の考えは違います。若いころには、新製品開発だけでなく、工作機械の使い方を職人に教えてもらいながらモノ作りも経験しました。昔と変わったところがあるにせよ、一通りの仕事の基本は知っているので、身に行かずともわかることも確かです。


「ビジネス社会には頭のいい人が二人いる。競争相手とお客さんだ」。昔、合弁相手の米国のメーカーの経営者から聞いた言葉はいまでも印象に残っています。企業が競争力を維持向上するには、社外の声を聞けということでしょう。


未来は誰にも見通せません。先がわからない中で経営者は何をすべきか。私は、大いなる野望を持つ一方、毎日やるべきことを緻密に実行していこうと考えました。野望については、入社したときから胸の内に秘めていました。この会社を大企業と肩を並べられる存在にしようと。


酒井秀樹の経歴・略歴

酒井秀樹、さかい・ひでき。日本の経営者。ヒロセ電機会長。高校卒業後、広瀬商会製作所(のちのヒロセ電機)に入社。取締役時に創業者が亡くなったため実質的に経営を取り仕切ることになる。その後、常務を経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

最大のリスクは、同じ場所に立ち止まったままでいること。パンチを繰り出し続けるべきです。私が考える最大のリスクは行動しないことです。


高妻容一

超一流の選手は「どんな状況でもプラス思考で夢を追いかける」「この種目が好き・楽しい」といった自分で自分のやる気(内発的モチベーション)を高めることができ、壁を乗り越えて結果につなげる。


横田英毅

満足と幸せを分けて考えませんかと、皆さんにご提案したい。満足とは、力、富、物、称賛、便利さなど、追い求めるもの、何らかの形となって見えやすいもの、経済的なものです。一方幸せは、人との連帯、見返りを求めない行動、感謝の心など、追い求めるのでなく気づくもの、目に見えにくいもの、道徳的なものです。この二つを分けて考えると、目指すべきものが明確になり、会社経営に整合性がとれるようになって、非常に大きなメリットがあります。


荻原博子

30代で転機になったのは、88年に創刊された『Hanako』で連載を始めたことです。それまでオヤジ雑誌でしか書いたことのなかった私の記事は、評判がよくありませんでした。困ったことに、私自身は女性誌などをほとんど読まないタイプ。そこでOLさんに話を聞くなどして研究したところ、「女の子にとっては、背景などはわりとどうでもよくて、結論がまず知りたい。そして何より自分にとってのメリットが知りたいものだ」とわかったのです。これは大きな発見でした。いまでも文章を書くときやテレビで説明するとき、このことを念頭に置いています。


ケインズ

今日、経済学にとっての主要な課題は、おそらく、政府の「なすべきこと」と「なすべからざること」を改めて区別し直すことである。


高橋がなり

不思議なもので、自堕落な生活をしていると、いい発想が出てくるんですよね。単なる怠け者の言い訳かもしれませんが。みなさんはこんな朝っぱらから会社に出てきて本当にいいんですか?こんな時間に出社していると、いい発想が生まれないし、質から量への転換と言いますか、「僕は何時から何時まできちんと働いているからいいや」というサラリーマン的思考になりませんか?


山﨑武司(山崎武司)

長く頑張る秘訣は、自分に「励み」を持つことかな。コレがあるから頑張れるっていう何かは、人それぞれでいいんです。散歩とかお金のかからないことだって、いくらでもありますよ。僕なんて、睡眠が何より楽しみですから(笑)。


伊丹敬之

企業が大きくなって人が増えれば、ポストが足りなくなる。皆に平等にポストを与えるには仕事を細切れにするしかない。これがリーダーの供給不足につながった。


シェイクスピア

過去と未来は最高のものに見える。現在の事柄は最高に悪く見える。


小池龍之介(小池龍照)

一般的に、日々の生活で精神的に満たされていない人、自分の力を実感できない人ほど、その欠乏感や無力感を覆そうとして、買い物に走るケースが多いように見受けられます。こうした心のカラクリに気づけば、過度なローンを組んだり、買い物をしすぎたりといったことが、自戒できるようになるのではないでしょうか。


生田正治

固辞し続けたのだが、さまざまな経緯があって結局は(日本郵政公社)総裁の責務を負い、以後4年間、やるからには真摯に全力で真っ向から取り組むことになった。


岩田松雄

「ただ計算しておいて」と言われれば、仕事を受ける側もそれ以上、仕事の質を改善する余地がなくなります。ですが目的が分かれば、そのために「間違いが許されない資料ならば、3回チェックしよう」、あるいは「急ぎの資料ならば、調べるのに時間がかかる正確な数字は概数で済ませよう」といった判断を自分でできます。細かなことですが、こういったことがやりがいにつながるのです。