酒井秀樹の名言

酒井秀樹のプロフィール

酒井秀樹、さかい・ひでき。日本の経営者。ヒロセ電機会長。高校卒業後、広瀬商会製作所(のちのヒロセ電機)に入社。取締役時に創業者が亡くなったため実質的に経営を取り仕切ることになる。その後、常務を経て社長に就任。

酒井秀樹の名言 一覧

社内の知識はすぐに陳腐化します。知識が時代遅れになるのを防ぐには、常にクリエイティブなアイデアを取り入れていく必要があります。それこそが私の役割だと自任してきました。


目標達成には、新製品開発のターゲットとなる宝の山を探すと同時に、利益率が低下した製品を生産中止にしなければなりません。それらの判断はトップの役割です。たとえば、生産中止の提案は営業担当からは上がってこない。彼らは注文を取るのが仕事だからです。したがって、様々なデータを緻密に分析し、経営者が決断を下さなければいけません。


最近、いろいろな経営者やコンサルタントの話を聞くうちに、国内生産に徹底的にこだわろうと考えるようになりました。そして、世界シェアを伸ばす。これがいまの野望です。


上場企業の経営者になったからといって、とくにいいことはありませんが、大企業の経営者や著名な学者、有能なコンサルタントに簡単に会えるのはありがたいことです。私はそうした機会を通じて知識を吸収してきました。


創業社長が亡くなり、私は37歳で社長に就いた。以来30年計画で自分の野望を実現しようとしてきたわけです。具体的には、大企業を上回る収益力を目指し、付加価値の高い仕事を追求しました。行き着いたのは、新製品開発を重視し、生産の大半を外部委託するファブレス経営です。
【覚書き|ファブレス=開発のみを行い量産のための生産工場を持たない製造業のビジネスモデル】


私は工場などには足を運びません。現場を見ずして経営はできないと言う人もいますが、私の考えは違います。若いころには、新製品開発だけでなく、工作機械の使い方を職人に教えてもらいながらモノ作りも経験しました。昔と変わったところがあるにせよ、一通りの仕事の基本は知っているので、身に行かずともわかることも確かです。


「ビジネス社会には頭のいい人が二人いる。競争相手とお客さんだ」。昔、合弁相手の米国のメーカーの経営者から聞いた言葉はいまでも印象に残っています。企業が競争力を維持向上するには、社外の声を聞けということでしょう。


未来は誰にも見通せません。先がわからない中で経営者は何をすべきか。私は、大いなる野望を持つ一方、毎日やるべきことを緻密に実行していこうと考えました。野望については、入社したときから胸の内に秘めていました。この会社を大企業と肩を並べられる存在にしようと。


酒井秀樹の経歴・略歴

酒井秀樹、さかい・ひでき。日本の経営者。ヒロセ電機会長。高校卒業後、広瀬商会製作所(のちのヒロセ電機)に入社。取締役時に創業者が亡くなったため実質的に経営を取り仕切ることになる。その後、常務を経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

福井威夫

安易な間違いはしないように厳しく伝えていますが、必死に考えても、どうしようもない間違いはある。だから思い切ってやってほしい。お客様に迷惑をかけなければ、会社に多少の損害があっても、それは将来のための投資だと思っています。


柳弘之

ステークホルダー、特に一般従業員には、説明をいかにシンプルにするか日々努力しています。分かりやすさへの努力を続けることも、経営として大事なことではないかと思います。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

50代になって、同世代を見渡すと、自分よりもお金を持っている人はまわりにたくさんいる。でも、高級車を何台も持っているとか、ブランドの腕時計を何本も持っているとか、そういうところにしかお金を使えないお金持ちからは、何の魅力も感じられない。お金の使い方というのは、魅力ある人生を送るための知恵なんだ。尊敬されている経営者を見てごらん。松下幸之助にしても、本田宗一郎にしても、私腹を肥やすようなお金の使い方はしなかった。だからこそ、人生も輝いて見えるんだよ。


中村和男

人間はいつか必ず死ぬわけですが、一人でも多くの方が満足感を伴い「人生を全うした」といえるような最期を迎えるために、何が本当に必要かが問われています。限られた国家予算を、誰にどのくらいの割合で配分するかといった難問と同時に、個人の幸福を実現するための国際的な倫理の議論にも向き合わなければなりません。薬による治療だけでなく、予防という観点も重要になりますね。個別化医療というのは、このような価値観の問題に、真摯に向き合っていくことも含まれます。


松田譲

単にアナリストなどの声に耳を傾ければいいわけではありません。大事なのは彼らと意見を戦わせられるだけの論理を持っておくことです。利益率を上げるためには、どんな選択肢を持っているのか。今期の売上を達成させるための戦略は何か。常に考え、それを的確に説明できるようにしておかなければなりません。


樋口武男

その気になって働けば、おのずと本来備えている能力が発揮される。


ユング

正しい質問をすれば問題の半分は解決したようなものだ。


福沢諭吉

事業で一番大切なのは、信用できる人物を得て取り締まりの手を省くという事にある。番頭や手代が商売しながら取り締まりの事も兼ねるのは、大工と普請奉行と二役を勤めるのと同じことなのだから、たとえ給料を高くしても主人にとってはるかに得であり、結局、双方共に利益となるであろう。


浅田真央

小さい頃から自分の目標を紙に書いて部屋に貼っているんですけど、オリンピックのことも、もちろん書いています。「金メダルを取る!」って。それはもうずっと前から書いてある、同じ言葉なんです。


吉田忠雄

貯蓄も大事。貯蓄こそ人間が動物から区別されるポイントだとさえ思っています。これも人間の義務です。だってそうでしょう。天下の往来といえども、これは先祖の貯蓄からできている。学校も、病院もしかり。それを「宵越しの金は持たねえ」なんて輩は、結局搾取者ということになる。誰かのものを搾取しているわけですからね。一人前になったら、税金も払わねばならん、働きもせねばならん、そして一部を貯蓄して、自分の老後、あるいは後世の人に残していくのは義務なんです。


村口和孝

シンプルに考えると、経済成長は、未実現の新しい需要と、未実現の新しい供給が合致することである。


西澤ロイ

英語の勉強に効率を求める気持ちの裏には、「英語を勉強するのは嫌だ」という気持ちが隠れていて、時間をかけずにラクに学べる方法を求めているのかもしれません。しかし、嫌いなことは苦痛で長続きしませんし、ましてや上達は至難の業です。そういう人は、「まずは英語を好きになる」ことから始めてください。


豊島逸夫

私はスイス銀行の外国為替貴金属部のトレーダーを12年間勤め、ここで3000回は相場を張った。生涯星取表といえば、1600勝1400敗である。つまり8勝7敗で御の字の世界なのだ。7勝8敗が続くとクビになる。ここで1勝でも勝ち越しを12年間続けられるのが、プロたるゆえんなのだ。


大嶋啓介

子どもが夢を失う最大の原因は、お父さん、お母さんの「疲れた」という言葉らしいんです。それを聞いて子どもたちは、「ああ、大人ってすごく疲れるんだ」「仕事って疲れることなんだ」と思うようになって、大人になることへの希望が持てなくなってしまう。この話に、ぼくもハッとしました。社員の前ではいつも元気な言葉、やる気になるような言葉、明るい言葉を意識してきましたが、家ではやっていなかった。いつも疲れた顔をしていたなあ、と反省しました。


和田秀樹

収入が一定であればお金に対する価値観は変わらない。収入が増えればお金に対する価値観はどんどん切り下げられていくということだ。支出をケチるという考え方を、収入を増やすという考え方に変え、ケチケチして1000円のもので迷っていたのが馬鹿馬鹿しくなるような形に持って行った方が人生をより楽しめるのではないかと思う。


ページの先頭へ