名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

酒井博文(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

酒井博文(経営者)のプロフィール

酒井博文、さかい・ひろふみ。日本の経営者。「システムエグゼ」社長。

酒井博文(経営者)の名言 一覧

現場にこそ課題解決、新しいアイデアなどの宝の山がある。


当たり前のことを当たり前に遂行してきたからこそ、今がある。


顧客企業との直接契約や自社製品の開発に力を入れることが社員の成長となり、結果として会社の経営を安定させる。


私は社長業の一方で、今もプロジェクトマネージャーとしてプロジェクトを担当し、常に現場を回っています。そうしないと、顧客のニーズや社員の気持ちに敏感になることはできません。


IT業界は大規模プロジェクトの運営に腕をふるうプロジェクトマネージャー、上流工程で経営との橋渡し役を担うコンサルタントなどに注目が集まりがちですが、システムを設計・開発するエンジニア、プログラマー、運用・保守、データベース、ITインフラのスペシャリスト、システム全体の最適な構造を設計するアーキテクトなど、多岐にわたる職種の方々が協力し合うからこそビジネスが成り立っています。そのためには、社員一人ひとりのキャリアパスに合った教育が欠かせません。様々な技術力を底上げする教育制度があるからこそ、当社が顧客企業からシステムを一括で受注できる現在の姿につながっています。


大手企業が受注した開発に参画することで学べることは数多くありますが、直接契約した案件でみずからがリーダーとなって顧客と交渉しながらプロジェクトを計画、遂行していく経験は、何よりもかえがたいものです。そうやって経験を積んでいかないと、新しいビジネスを生む社員の想像力を育んでいくことはできません。


酒井博文(経営者)の経歴・略歴

酒井博文、さかい・ひろふみ。日本の経営者。「システムエグゼ」社長。

他の記事も読んでみる

鶴野充茂

会議やプレゼンにおける「いい説明」は、どんなに大人数の相手とも、必ずコミュニケーションをとっているものです。私は大勢を前にした講演の最中も、聴衆一人一人の表情や視線の動きを観察するようにしています。そうすることで、「集中してくれているな」「飽きてきたかな」といったことが判断できるし、聞き手のニーズに応えているかどうかもわかります。


楠木建

プラットフォームという言葉を聞くと、多くの人は「規模の経済」や「範囲の経済」を連想し、資本力のある企業が膨大な顧客をつかまえれば、うまく回っていくという、「楽な商売」を連想しがちです。しかし、1件1件、個別の契約を積み上げるしかないのがサービス業。手数で顧客の支持を得ないと、スケールメリットは絵に描いた餅になる。


山崎敦彦

建機も自動車と同じで4年に1回モデルチェンジがあるんです。それは選挙みたいなもので、ピンチでありチャンスでもある。その時に、使い勝手のいいものを提案してきたのが(高いシェアを獲得できた)大きな理由だと思います。


楠木建

経営センスとは、その人が持っている論理の体系だと思う。経営は基本的に矛盾の克服なので、経営においての問いの答えはいずれも「特殊解」。その文脈で初めて使えるものばかりになる。スキルなら、たとえばIT力や英語力、あるいは会計や法務の知識は、ある程度あればそれを使ってどこでも同じように仕事ができる。ところが、経営ではケース・バイ・ケースでまったく変わってくる。経営センスとは、商売を丸ごと動かし成果を出す繰り返しの中で、その人にでき上がってくる論理の引き出しなのだ。


松本洋(コンサルタント)

個人がそれぞれ独自のペースで動いたら、全体としては成果は上がらない。しかし、誰もが成功できる仕組み、常に進歩が分かる見える化された仕組みを作っておけば、組織全体のパフォーマンスを上げることができる。


小笹芳央

通貨の取引は信頼関係を土台に考え出された仕組みですから、お金は信頼のあるところに集まる。一方で、約束を破った人には罰が与えられる。


小林弘人

語るべきものがないという企業でも、掘り下げていけば必ず何かが出てくる。提供する商品やサービスのエッセンスを抽出することは、企業にとって「核心探し」の作業でもあります。そこで自社の本質が見つかれば、顧客とどう付き合っていくのか、あるいはどんな商品を提供していくのかが見えてくる。メディアを作ることは、自社を再認識し、戦略を再確認することでもあります。


野村修也

かつては問題があったが、すでに1年も前に解決済みの案件。これを今さら公表すべきか、確かに悩むかもしれません。ただ、消費者目線になって考えてみましょう。仮に何かの拍子に事件が明るみに出た場合、消費者は過去のことと納得してくれるでしょうか。「今も問題が続いているに違いない」、あるいは「他にも隠蔽している情報があるのではないか」と勘繰る人も出てくることでしょう。自分たちの常識ではなく、世間の人がどう考えるかを見極める必要があります。


セネカ

仕事というものは人間にとって、心の栄養みたいなもの。


荒井正昭

毎週1回、各営業所から600人以上の全社員が本社に集まって朝礼をしています。私も話をしますが、8割は社員の発表の場です。3カ月に1回は、ホテルで業績が優秀だった社員の表彰式も開いています。また、入社式には、全社員が集まるようにしています。「今どき、なんでそんなムダなことを?」と思われるでしょう。確かに、時間も経費もかかります。もともと、私自身、合理的な人間なので、そういう考え方はわかります。でも、あえてやるのです。なぜなら、結局、人間は自分が頑張ったことを褒めてもらえる場が欲しいし、自己表現できる場を必要としている。つまり、「ハレの場」です。それが仕事のモチベーションを高めるためには大事。だから、全社員が集まる場を重視しているのです。


桑畑英紀

部下が報連相したがらないのは、上司が報連相の双方向性を無視しているからです。


上野和典

仕事を他人に任せるとき目標が難解だと、相手が迷ってしまいます。自分が課題を克服するときと同じで、重要なものを3つ共有できれば、あとは放っておいたほうがいいでしょう。