酒井博文(経営者)の名言

酒井博文(経営者)のプロフィール

酒井博文、さかい・ひろふみ。日本の経営者。「システムエグゼ」社長。

酒井博文(経営者)の名言 一覧

現場にこそ課題解決、新しいアイデアなどの宝の山がある。


当たり前のことを当たり前に遂行してきたからこそ、今がある。


顧客企業との直接契約や自社製品の開発に力を入れることが社員の成長となり、結果として会社の経営を安定させる。


私は社長業の一方で、今もプロジェクトマネージャーとしてプロジェクトを担当し、常に現場を回っています。そうしないと、顧客のニーズや社員の気持ちに敏感になることはできません。


IT業界は大規模プロジェクトの運営に腕をふるうプロジェクトマネージャー、上流工程で経営との橋渡し役を担うコンサルタントなどに注目が集まりがちですが、システムを設計・開発するエンジニア、プログラマー、運用・保守、データベース、ITインフラのスペシャリスト、システム全体の最適な構造を設計するアーキテクトなど、多岐にわたる職種の方々が協力し合うからこそビジネスが成り立っています。そのためには、社員一人ひとりのキャリアパスに合った教育が欠かせません。様々な技術力を底上げする教育制度があるからこそ、当社が顧客企業からシステムを一括で受注できる現在の姿につながっています。


大手企業が受注した開発に参画することで学べることは数多くありますが、直接契約した案件でみずからがリーダーとなって顧客と交渉しながらプロジェクトを計画、遂行していく経験は、何よりもかえがたいものです。そうやって経験を積んでいかないと、新しいビジネスを生む社員の想像力を育んでいくことはできません。


酒井博文(経営者)の経歴・略歴

酒井博文、さかい・ひろふみ。日本の経営者。「システムエグゼ」社長。

他の記事も読んでみる

森下裕道

人と会うときに大事なのは、自分に興味を持ってもらうことではなく、自分が相手に興味を持つこと。


小池百合子

英語は世界で成功するための「パスポート」。国際会議に出席すると、英語が重要なコミュニケーションツールになっていることを実感します。公式・非公式を問わず、世界中の人々がやりとりに使うのは、やはり英語です。


水野和也

常に新しい製品を開発し続けなければ商売にならない。


枡野俊明

人を引きつける魅力とは、当人からにじみ出てくるものです。少なくとも魅力的に思われることを目的に行動する人には、備わりにくい。


野坂英吾

企業家になりたいと思った最初のきっかけは中学生の時です。熱心に働く商社マンの父を超えたいという気持ちがありました。父は非常にバイタリティのある人で、一生懸命に働く姿を見て、子どもながらに「同じ道を歩んだら、到底敵わない」と感じたのです。ではどうすれば父を乗り越えられるだろうか。「自分が社長になれば、父を超える一番の近道ではないか」という答えに行き着きました。


堀紘一(コンサルタント)

僕は1980年代に米ハーバード大学院でMBAを取得したが、いまだったら間違いなくアジアに飛び出しただろう。今後中国が力をつけていくのは間違いないので、北京か上海に留学する。そして中国語を勉強し、中国人の友人をつくって中国人のものの見方や考え方を学ぶ。そうすれば、その後どんなビジネスをやるにしても必ず役立つはずだ。


リチャード・カールソン

世の中で最高に幸せな人にも不幸せな時がある。事実最高に幸せな人もみんなそれぞれに憂鬱や悩みや失敗を抱えている。幸せな人と不幸せな人の違いは、落ち込む回数や落ち込み度の深さではなく、その気分にどう対処するかで決まることが多い。


安本隆晴

見せかけの数字に騙されないようにするためには、常に損得勘定の意識をもっておくべきです。たとえば、「この店はお客が少ないけど、どこで儲けているのか」「電車の路線が延びたら、誰が儲かるのか」などと、日ごろの生活で損得の観点から疑問をもつわけです。そうした意識をもっていれば、「この広告の数字は過剰表現では?」などと気づけるようになるはずです。


松井忠三

私の場合は、畏敬する経営者を社外取締役に選ぶようにしています。そうでないと自分のアクセル役にはなっていただけません。きちんとした意見を持っていて、いざというときに自分の首を取ってくれるだろうと思える人です。


藤田晋

企画会議などでは、アイデアを通したい気持ちが出過ぎて、不都合な事実をあえて記載しない資料を用意してくる人もいます。そんなな人を騙すような資料でも、疑いを持たずに真に受けてしまう人がいるから困ります。資料には思考の整理や理解を助けるという利点がありますが、一方で思考の枠を狭めたり、停止させてしまう危険性を秘めていることも覚えておきましょう。


山崎元

人と会って飲むこと、とくに社外の人と交流を深めることは大切だと思います。彼らと話すことで、勤め先の会社以外の仕事の進め方や評価基準がわかりますし、自分が他社で通用する人材であるかどうかもつかめます。また転職のときには、よき相談相手になってくれます。


山岡鉄舟

人のこの世の中に処するには、必ず大道を履行しなければならない。


山科忠

部下に「10倍のスピードで」と言っています。以前赴任していた中国でも同じことを言い続けていました。


中村邦夫

社長として改革のただなかに身を置いているときは、もちろん悩みました。これは本当に松下らしい改革なのだろうか、と自問自答する毎日でした。私がもし松下幸之助創業者だったらどういう判断を下しただろうかという基準で、常に考えていました。


吉野俊昭

私が入社した当時の社長はよく「ロートの人はどこか違う。そう言われる人間になってほしい」と話していました。奇をてらうだけではなく、「自分たちを支えてくれる自然や社会、人間に感謝の気持ちを持ち、他にはない製品を送り出すことで、世の中に新しい価値を提案できる会社であれ」という意味です。


ページの先頭へ