名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

酒井光雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

酒井光雄のプロフィール

酒井光雄、さかい・みつお。日本の経営者。ゲイトグループ代表。学習院大学法学部卒業。企業のマーケティング戦略、新製品開発、ブランド戦略、事業戦略などのコンサルティングを行った。ブレインゲイト、パワーゲイトなどの代表を務めた。著書に『コトラーを読む』『視聴率調査はなぜウチに来ないのか』『ストーリービジョンが経営を変える』『上流顧客を満足させるプロフェッショナル・サービス』『中小企業が強いブランド力を持つ経営』『価値最大化のマーケティング』ほか。

酒井光雄の名言 一覧

価格競争を脱するためには、高くても買ってもらえる価値づくりというマーケティング視点を持つ必要があります。


お金がないなら知恵を使い、知恵がないならネットワークを使うこと。


接待は基本的にデートと同じだ。いい接待は相手に喜んでもらえ、記憶に残してもらえる。


接待相手の趣味嗜好や最近の会食状況を知るには、秘書や同じ部署の人に聞けばいい。店選びについては、インターネットのクチコミ情報に頼りすぎるのが最大の失敗要因となる。自ら足を運んだり、社内でその手の情報に詳しい人に相談すれば、防げるはずだ。とくに、外食の経験値が男性より高い女性社員は、格好の情報源。日頃のネットワークづくりが肝要だ。


接待は店に依存するだけでなく、自分ならではの演出があってもいいはずだ。私が実践した例では、ある接待のとき「今日、結婚記念日なんです」と話を切り出した人がいた。5、6年前に結婚したばかりだという。そこはワインバーだったので、店の人に「その年のワインはある?」と聞いたら、1万円のものがあった。少々懐具合が気になったものの、「奥様と祝ってください」とプレゼントした。後日聞いた話では、奥様がたいそう喜んだそうで、そのことを感謝された。奥様としては「大切な結婚記念日だというのに、ダンナは仕事にかこつけて、一人だけおいしいものを食べにいった」と思っていたのが、「ちゃんと記念日を忘れないでいてくれた」となるわけだから、効果は絶大だ。


売るのをゴールにするのではなく、「買ってもらってからがスタート」と考える発想の転換が重要だ。言い換えると、自社の商品を提供することで顧客に感動を与え、自社のファンになってもらうことを最終的なゴールにするのだ。自社のファンになった顧客は、高くても、継続して何度も購入してくれるからだ。


ハーレーダビッドソンジャパンでは、ディーラーがハーレーオーナー同士のツーリングを企画して実施している。オートバイというモノを売るだけでなく、仲間と走る喜びも提供することで、顧客の時間価値を高めているのだ。


顧客に感動を与える具体的な方法は、商品の価値を高めるのは当然として、顧客がその商品を購入して、使うまでの一連の「時間」の価値を高めることを強く意識することに尽きる。この「時間価値」を高めることが、高単価、継続購入につながるからだ。顧客に高い時間価値を感じさせるために重要なのは接客だ。いい接客は、「その商品を購入すると、高い時間価値を得られるぞ」と顧客に想像、予感させることに直結するからだ。


酒井光雄の経歴・略歴

酒井光雄、さかい・みつお。日本の経営者。ゲイトグループ代表。学習院大学法学部卒業。企業のマーケティング戦略、新製品開発、ブランド戦略、事業戦略などのコンサルティングを行った。ブレインゲイト、パワーゲイトなどの代表を務めた。著書に『コトラーを読む』『視聴率調査はなぜウチに来ないのか』『ストーリービジョンが経営を変える』『上流顧客を満足させるプロフェッショナル・サービス』『中小企業が強いブランド力を持つ経営』『価値最大化のマーケティング』ほか。

他の記事も読んでみる

松田昌士

どうしたらやめる決断ができるか。そのカギは情報が握っています。いろんな人のアドバイスを素直に聞くか聞けないかで決まります。名門企業がおかしくなるのは、トップに通じる情報チャンネルが硬直化しているからではないでしょうか。


西川光一(経営者)

カーシェアは今の段階では事業としては赤字ですが、それは規模をどんどん拡大しているためです。例えば今期は2700台増やして7000台にしますが、分母4300台に対して2700台の増車なので、既存の台数ではまだコストを吸収しきれず赤字になります。来期は分母7000台で、3000台増車して1万台にします。もし拡大をやめたら、すぐに利益を出せる構造になっています。


細川茂樹

芸人の方々は人を観察し、人の話をよく聞くのが上手ですよ。トーク番組に出ると、台本がないにもかかわらず、芸人の方々が瞬時にリアクションを起こしていて。それを見ると本当に尊敬します。


古森重隆

変化を起こし、現実を変えるには、周到な準備と機敏な決断、断固とした実行が欠かせない。感覚を研ぎ澄まし、行動のテンポを上げることが大事だ。


池本慶且

ビジネスが優先だったら新薬の承認まで漕ぎ着けなかったと思います。それほど採算が合わない事業ではありましたが、逆に言えば、だからこそ大手製薬会社なども手を出せなかった分野であり、日本で唯一の医薬品として承認された次亜塩素酸水を開発できたのかもしれません。


長谷川閑史

買収したナイコメッドの主力ビジネスは、自らの特許切れ製品を主軸とした「ブランデッドジェネリック」です。だから、イノベーティブな会社ではないように見えます。ですが、新興国で売れる薬をちゃんと作るということも立派なイノベーションなんです。「イノベーション=技術革新」という固定観念にとらわれてはいけません。


今村一輔

経営の極意は全て人なんです。人に始まって人に終わる。


柳井正

東日本大震災後、私が指示したのは、「表の看板に明かりをつけよ。お客様を笑顔と元気な声でお迎えしろ」ということでした。看板に電気を回した分はバックオフィスの電気、従業員用トイレの照明などを消し、店内照明を抑制することで対処した。本社の照明も、かなり暗くしている。我々社員は暗いところで仕事をしてもいい。しかし、お客様には明るい店舗で商品を選んでいただく。それが商売人の気概でしょう。それが商売人がすべき節電です。こういう時こそ、看板の明かりを灯し、元気な声と笑顔で温かくお客様を迎える。景気は気持ちの問題も大きい。元気にしていれば気分も景気も自然と上向いていく。


稲盛和夫

私が長年言ってきた、会社の中に小さなアメーバという経営体をいくつも作り、活性化することが大切なのです。アメーバという組織が本当に生き生きと、自分たちで経営し、利益を出していく状況を作り出すことが、外部の環境が良いときにこそ重要です。そういう力強い経営体を今、作ることができなければ、景気が減速したときに非常に大きな問題が出てくるのではないかと思います。


和田秀樹

グリーン車やビジネスクラスを利用するのは贅沢だと思う人もいるかもしれません。たしかに出張で新幹線のグリーン車を使って漫画を読んだり、ヒマでダラダラ寝るのなら意味がありません。しかし、その移動時間の換金率が料金コストにペイできるなら必要経費です。地下鉄の乗り換えをいくつもして汗だくで相手先に向かうより、資料を読み込んで集中して臨むために自腹でタクシーに乗るほうが、商談の結果がいいと思うなら選ぶべきです。


増田直紀

人間関係が豊富な人とつながりを保っておけば、その人が近道となって様々な情報やチャンスを得ることが期待できます。


エドワード・モンザー

子会社はなるべく作らない。小さな企業体にした方が環境変化に適合させやすい。