名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

酒井健二(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

酒井健二(経営者)のプロフィール

酒井健二、さかい・けんじ。日本の経営者。「日本ペイントホールディングス」会長。山口県出身。広島大学大学院工学研究科修了。日本ペイントに入社。理事、日本ファインコーティングス社長、日本ペイント執行役員、取締役、自動車塗料事業本部長、専務執行役員などを経て社長に就任。

酒井健二(経営者)の名言 一覧

改革を通じて意識を変えなければ先には進めないと思った。業績にこだわり、成長にこだわる気持ちを養うしかなかった。


社員の意識を変える一方で、ぬるま湯体質を打破する上でもう一つ大事なことは、経営者の経営力、交渉力をつけること。


次の課題は、経営者を育成することです。当社は2014年に持ち株会社化し、2015年には事業会社を4社に分割し、その傘下に置きました。この狙いの一つは、次を担う人たちに事業を経営する経験を積ませることにあります。


終身雇用は皆が一丸となって戦うことが求められる成長の時代には適した制度ですが、低成長になると、ぬるま湯になりやすい仕組みでもある。業績が伸びていないのに、社員が危機感を感じにくいからです。


リーマンショックが世界経済に激震を起こしていた年、私は日本ペイント社長に就任した。私はむしろチャンスだと思った。厳しい環境で社員みんなが危機感に包まれている時だからこそ、改革に取り組みやすいと。


酒井健二(経営者)の経歴・略歴

酒井健二、さかい・けんじ。日本の経営者。「日本ペイントホールディングス」会長。山口県出身。広島大学大学院工学研究科修了。日本ペイントに入社。理事、日本ファインコーティングス社長、日本ペイント執行役員、取締役、自動車塗料事業本部長、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

古河建規

エンジニアリングとは、「現象を体系的にとらえ、再現性と実効性を備えた仕組みを通じて、社会に有用な価値を提供すること」というのが我々の考えです。その上で、我々は、「知恵」と「技術」の両面からエンジニアリングします。


藤岡頼光

先生を正社員で雇って、国際的な英語教師のライセンスである「TESOL」を取得させています。私は、教師も職人だと考えています。職人はマニュアルでは育ちません。同じことを、長期でやり続けることで腕が磨かれていきます。


宮里藍

可能性っていうのはみんなが持っていると思うんですけど、それをどう出していくかっていうのは自分次第だと思いました。


太田彩子

営業はやみくもに回るのではなく、「この提案は中小企業向き」など仮説を立てることが大事です。すると中小の社長の集まる会合に顔を出すといったアイデアも出てきて道筋が見えてきます。


ジム・ロジャーズ

投資するなら自分がよくわかっているものを選ぶこと。他人が持ちかける耳よりな話を鵜呑みにすると、おそらく損をする。


池上彰

ちょっと無理すればできるかもしれない、むしろそういう状況に自分を追い込んだほうが成長できると考えて、あえて難しい仕事を受けるようにしてきました。


木暮太一

これまでの仕事で培ってきたスキルやノウハウを棚卸しした上で、「このスキルはこういうふうに役立てられるのでは?」と考えていくと、どんな能力を磨いていけば良いかが見えてきます。


森下篤史

大事なのは仕事の「本当の目的」を理解したうえで、行動に移すことができるか。それさえ理解できれば、すべきことが見えてくる。


佐野隆

親父は朝につくってその日に売れなかったチョコレートを全部破棄していました。だから利益が出なかった。儲けよりも安心して食べられることを大事にしていました。考えてみたら当たり前のことですが、このことを一徹に守り通してきた親父の凄みを思い知らされたとき、二代目を継ぐ覚悟が生まれました。


永野毅

ブレないようにしていけば、必ず数字は上がってくる。


筒井康隆

最近驚いたのが、30年ほど前に書いた『旅のラゴス』っていう本が、去年あたりからバカ売れしたんですよ。文庫になってからはロングセラーとして毎年3000~4000冊ぐらいは売れていたものの、去年くらいから突然売れ出して、20万部くらいの大増刷になったというんですからねえ。なぜ、こんなに売れてるのか? 本当のところ、出版社もわからないというんです。『旅のラゴス』はSFアドベンチャーの作品で、空間を移動する男や壁抜け男とかテープレコーダー男といった、いろんなものが出てきてね。SFとしてはストレートなアイデアばかりだけど、僕としてはシリアスな作品の一つなんです。「自分にも、こういうシリアスなものが書けるんだぞ」という、裏ワザみたいな形で書いたんですけど、今ごろになって突然また売れだした。世の中が閉塞的というか、つまらなくなっているからかな。


大島武(学者)

指示で大切なのは「何を」「いつまでに」「どういう手順で」やるべきかを、具体的に伝達すること。