名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

酒井健二(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

酒井健二(経営者)のプロフィール

酒井健二、さかい・けんじ。日本の経営者。「日本ペイントホールディングス」会長。山口県出身。広島大学大学院工学研究科修了。日本ペイントに入社。理事、日本ファインコーティングス社長、日本ペイント執行役員、取締役、自動車塗料事業本部長、専務執行役員などを経て社長に就任。

酒井健二(経営者)の名言 一覧

改革を通じて意識を変えなければ先には進めないと思った。業績にこだわり、成長にこだわる気持ちを養うしかなかった。


社員の意識を変える一方で、ぬるま湯体質を打破する上でもう一つ大事なことは、経営者の経営力、交渉力をつけること。


次の課題は、経営者を育成することです。当社は2014年に持ち株会社化し、2015年には事業会社を4社に分割し、その傘下に置きました。この狙いの一つは、次を担う人たちに事業を経営する経験を積ませることにあります。


終身雇用は皆が一丸となって戦うことが求められる成長の時代には適した制度ですが、低成長になると、ぬるま湯になりやすい仕組みでもある。業績が伸びていないのに、社員が危機感を感じにくいからです。


リーマンショックが世界経済に激震を起こしていた年、私は日本ペイント社長に就任した。私はむしろチャンスだと思った。厳しい環境で社員みんなが危機感に包まれている時だからこそ、改革に取り組みやすいと。


酒井健二(経営者)の経歴・略歴

酒井健二、さかい・けんじ。日本の経営者。「日本ペイントホールディングス」会長。山口県出身。広島大学大学院工学研究科修了。日本ペイントに入社。理事、日本ファインコーティングス社長、日本ペイント執行役員、取締役、自動車塗料事業本部長、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

安藤浩之

活力のある組織を作るためには、有益なコンフリクト(活発な意見交換)を常に起こす必要があります。場合によっては、現場の部下を守るために、上層部と戦う必要もある。そんな時、自分の迷いや決断に対して、有益な助言と後押しをしてくれるメンターがいると、自分が目指す方向にブレずに進んでいけます。


藤田晋

データに惑わされる人は、「都合のよいデータ」しか見ていないことが多い。自分の考えを正当化したり、補強したりするデータを見つけたら、それで終わり。別のデータが出てきて、自分の考えが根底から覆される可能性を考えません。


高田明(ジャパネットたかた)

最近よく、「以前は世界一だった日本の製造業も、今では他国に負けつつある」ということが言われます。ただ、私は日本の技術は今でも世界最高だと信じています。ただ、それを世界に伝えていく術が弱いのではないか、と思うことがあるのです。


川越達也

13年前、10席だけの小さい店を開いた当時は、僕はそれを喜ぶというよりは、悶々としていました。誤解を招くかもしれませんが「この場所にずっと居続けてはいけない」と思ったのです。決してそのときのお客様を軽視していたわけではありません。より多くの人の役に立ちたい、より広く世の中に貢献したい。そのためには、もっとスキルアップし、レベルアップしなければならない。その理想があったから、自分の現状に満足できなかったわけです。


武田双雲

たとえば、ある商品のコマーシャル用に筆文字でロゴを書いてくださいという依頼が来た時、最初に考えるのは全員の中間に立とう、媒介者として最大公約数の答えを見出していこう、ということ。広告で使うロゴには、メーカーの想い、開発者の想い、コマーシャルを作る監督やプロデューサー、制作会社、間をとりもつ広告代理店の想いがあり、なにより視聴者の気持ちがあります。その複雑な力学の中に、武田双雲という書道家が入ることで新しい化学反応を起こしたい。入らなかったときよりも全員がハッピーになるには、どうしたらいいか。そんなことを常に考えています。


渡文明

諦めが早い人、傲慢で謙虚さが足りない人は伸び悩み、結局能力の発揮はできないでしょう。世界をマネーゲームに巻き込み、金融バブルを演出した人たちを見れば一目瞭然です。たとえ優れた知識を持っていても、誠意や礼節を欠いた仕事ぶりでは一時的に良くてもやがては崩壊し、早晩立場は暗転するでしょう。自由経済を説いたアダム・スミスさえも、フェアであることを絶対条件としています。


川邊健太郎

切り替える時間がないと、人間は潰れてしまいます。土日はメールチェックくらいに留め、なるべく趣味の時間に当てています。ちなみに趣味は「読書」「釣り」などいろいろありますが、特に釣りに関しては、魚がかかるまではボーッとしているしかないので、自然といろいろなことを考えます。そういったときにこそ、アイデアが浮かんでくるものです。


吉永泰之

私は若い頃から、「部長が課長の仕事をするのはおかしい」と思い続けていました。課長は課長の仕事を、部長は部長の仕事を残さずやってほしい。そのためには、部長が課長の仕事をやってはいけないんです。


片田珠美

なかには怒りの感覚を自覚できない人もいます。よいことのように思われがちですが、怒りが自分でも気づかぬうちに蓄積されて、心や体に変調をきたすことがしばしばあります。自分の怒りに気づくことは、自分を守るためにこそ必要なのです。


藤井孝一

休日の使い方で着目したいのは、個人の時間をどれくらい持つことができているかです。よく仕事と家庭のバランスが言われますが、それに個人の時間をプラスしたバランスが、これからのビジネスマンには必要です。会社が定年まで面倒を見てくれると思っている人は、もはやいないでしょう。個人の時間を意図して設けることは、そのまま人生の目的を考え、自分と向き合うだけではなく、自身を棚卸する時間にもつながります。


北川景子

いまもモデル時代のイメージで見ている人がいるかもしれないけど、役を演じることで、そのイメージを少しずつ変えていきたい。


冨山和彦

現代のグローバル大競争下のモノづくり企業には、栄光か死以外に道はない。栄光への命懸けの挑戦に乗り出すか、そうでなければ身売りあるいは廃業を決断するか。いずれにせよ経営者の真の意味での覚悟が問われている時代である。