名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

都築明寿香の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

都築明寿香のプロフィール

都築明寿香、つづき・あすか。日本の学校経営者。「都築国際育英財団」理事長。福岡県出身。東京大学大学院学際情報学府博士後期課程満期退学。日本経済大学学長、リンデンホールスクール中高学部校長、都築国際育英財団理事長、都築学園グループ副総長などを務めた。

都築明寿香の名言 一覧

常に夢を描いて、「ないものは創り出す」。そのためには課題をひとつひとつ潰していき、実現できるように行動します。強く思い続ければ必ず道はひらけると信じています。


今は、誰かに対して感謝するとか、利他的なことをする意味がわからないという若者が増えています。そういう風潮を正すには、人のために何かをしたり、感謝したりする尊さを、大学や高等教育で教えるべきだと思っています。


両親からは「教育と経営は両輪であって、母体となる経営がしっかりしていないと、教育という花は開かない」と常々言われていました。ボランティアで私学経営はできません。教育理念にしても、しっかり経営ができてこそ実現できるのです。


私どもでは、ODAを充足するかたちで人材育成面の支援をしたいと思っています。日本の大学が新しい国づくりにひと役買うことも、グローバル化における日本の大学の役割と責任だと考えています。


原点は「ないものは創り出す」という都築家のDNAだと思います。創始者の頼助先生、創立者の貞枝先生は、とても行動力がありましたから。いかに将来の国を支える人材を育成するか。これは、今ではグローバルな人材と言い換えていいと思いますが、この思いは、学園創立から60数年経っても変わっていません。将来の日本を考えれば考えるほど、まず人を育てることが第一歩です。


(起業支援施設ハッチェリー渋谷で支援した会社の株式は)上場後もずっと持っています。その理由は、彼らの成長を見守りたいというのが一つ。さらに、私たちが支援を決めたのは、彼らは起業した頃から世界に向けて日本からイノベーションを起こしたいというビジョンを描いていたからなのです。今はまだその途上ですが、一緒に夢を追い続けたいというのが、二つ目の理由です。


アメリカ留学中、歴史の授業で第二次世界大戦の話になった時のこと。先生が「戦争責任について皆さんの意見が聞きたい」と、アメリカ人はもちろん、世界各国からの留学生全員に意見を求めました。私は「日本の戦争責任をどう思うか」と聞かれたのですが、日本でそんなことは勉強しなかったので、答えに困ってしまって。私が「東京裁判や賠償によって一定の責任を果たしたのではないかと思う」と話したら、「それは歴史上の出来事であり、あなた自身はどう考えるのか」と先生は言うのです。その問いに答えられなかった時に、初めて自分を日本人として意識しましたし、国際社会ではこういうことに直面するのだということを目の当たりにしました。そして、「英語ができても、自分の中にアイデンティティがなければ通用しない」と痛感したのです。


私は15歳から19歳まで、米ペンシルベニアの伝統ある女子校に留学したのですが、当時は「使える」英語ができなかったので苦しみました。数学の問題も、わかるはずなのに言葉がわからないから解けない。それが本当に悔しかった。歴史や英語の科目は、単語を調べるだけで2、3時間かかるので、睡眠時間は毎日3、4時間。眠気を覚ますために、針で手を刺しながら必死で勉強しました。「英語さえ乗り越えられれば私はできる」と暗示をかけて。


経営者を育てることは本当に大切です。これまで私たちはITやエネルギー、医療といった分野で支援をしてきたのですが、今後は社会の課題をビジネスで解決していくソーシャルベンチャーの育成にも力を入れていきたいと思っています。なぜなら、お金の消費のされ方をデザインすることで世の中は変えられるのだということを若い人たちにもっと知ってほしいからです。松下幸之助先生や渋沢栄一先生などの明治・昭和初期の実業家のように、自分のためではなく人や社会のためにお金と労力を費やすことで世の中は変えられます。いわば「三方よし」の考え方です。そういう人材が増えれば世の中がもっとよくなるし、世界での日本のプレゼンスも高まると思います。


私がアメリカに留学していた頃、サンフランシスコでは多数のベンチャー起業ブームが起きていて、ベンチャーキャピタルができ、インキュベーション施設も立ち上がり始めていました。帰国すると、東京でも起業ブームが始まっていたのですが、学生も起業家もみな若くて実績がないので、オフィスや資金を借りることができず困っていたのです。一方で、彼らのようなロールモデルを育てることがとても大切だと考えていました。当時はまだアントレプレナーシップや起業家教育というものがなかったので、インキュベーション施設をつくり、資金面の援助と場所の提供、それにリーガルサービスなど専門家の紹介といったお手伝いをしたのが(起業支援施設ハッチェリー渋谷の)スタートでした。


建学の精神を現代の教育に反映させるために、建学の精神とは何か、その精神を実践するには各分野で何をすべきか、これらを体系化する取り組みを教職員の皆さんと一緒に進めています。建学の精神を今後はもっともっと共有していこうと思います。というのも、企業は新人研修で企業理念や社訓といったものを徹底的に教えますよね。それなのに大学ではなぜやらないのか不思議でした。だから教職員研修でちゃんと教えるべきだなと思ったのです。大学というのは、先生一人ひとりが建学の精神を意識して取り組むことで形づくられますし、それが学生にも伝わっていきます。


都築明寿香の経歴・略歴

都築明寿香、つづき・あすか。日本の学校経営者。「都築国際育英財団」理事長。福岡県出身。東京大学大学院学際情報学府博士後期課程満期退学。日本経済大学学長、リンデンホールスクール中高学部校長、都築国際育英財団理事長、都築学園グループ副総長などを務めた。

他の記事も読んでみる

土屋敦之

「エニタイムフィットネス」はインストラクターを置いておらず、プールやサウナがないマシンジムに特化しているため、オフィスビルにも展開が可能で、料金も競合の半額から7割。店内には至る所に防犯カメラを設置しているため、綜合警備保障と包括契約を結んで安全・安心な施設環境を提供しています。


ジョン・レノン

はじめに作った歌詞カードには「マスターベーション」て言葉があった。だけど僕の曲はあっちこっちでもう何度も禁止されて……出すレコードはみんな何かの理由で禁止なんだ。なにしろ「アイム・ザ・ウォルラス」だって、中にズロースという言葉が出てくるんで一時BBCは禁止していたんだからね。つまり、あんまり何度も禁止ばかりくらっていたから、その時はちょっとひよってマスターベーションをマスティケーション(咀嚼)に変えたのさ。マスターベーションという言葉ひとつにこだわるよりは、曲そのものが世に出ることの方が大事なんだ。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

賢明な人と愚かな人の決定的な違いは、自分の考えを自覚してコントロールしているかどうかという点です。賢明な生き方をしている人は、状況や他人の言葉に惑わされて、肝心な目的から考えが外れていないかを常に確認しながら、何をどのように考えるべきかを判断しています。しかし、愚かに生きている人は、周りの影響を受け、自分本位な考えに囚われて、衝動や気まぐれ、感情に振り回される人生を送ります。


鎌田實

空気が常に正しいとはぜ限らない。「小泉劇場」に「新政権誕生」、大きな空気が何度かこの国を支配したけれど、その結果良くなっているとは思えない。


樋口泰行

この人となら一緒に働ける、一肌脱ごうと思ってもらうことが大事。


舘神龍彦

タスクの洗い出しのためのメモのコツは、「課題」「反省」「アイデア」「発見」「新規事業」といったテーマを明記すること。私は必ず日付を入れ、タイトルをつけてメモしています。それもこれもすべて、メモを見直す際に便利だから。一カ所に蓄積されたメモを見ることで、物事の因果関係が見えてきて、課題を解決しやすくなるのです。できれば週に一度はメモを見直し、それをもとに予定を作り、スケジュールに落とし込んでください。


氏家祥美

実は、節約に向いている男性は意外に多い。固定費では、各社のプランのサービス内容や料金を比較して、お得なプランに乗り換えるような節約が男の人は得意。反対に、節電には一生懸命になるのに基本料金は手付かず……というのが女性に多い。


伊藤友則

将来リーダーになるべき人材は、早い段階で小さくてもいいから一国一城の主になることが必要だ。大組織のワンパートを経験するだけでは、全体像は見えない。小さくても構わないから経営を任せられると、全体が見えてくる。苦労はするが、鍛えられる。こうした育成を日本企業は意識的にしなければならない。


岩田松雄

日産自動車に入社して2年目のころ、上司から言われて元気づけられた言葉があります。「おまえが失敗しても日産はつぶれない。思い切りやってみろ」この上司の言葉に後ろから支えられている安心感を覚えて、よし、頑張ろうと気合が入ったことを思い出します。


及川茂

現代の学生に「あなたの時代の日本文化は何ですか?」と聞くと戸惑います。そのときに、町の清潔さや、食の文化など、我々が日常当たり前と思っていることが、外国人にとっては素晴らしいことだということに気づきます。


西多昌規

ノルアドレナリンが働き過ぎると、脳のワーキングメモリの働きも鈍くなります。ワーキングメモリとは、情報や状況を短時間だけ記憶する部位。その働きが鈍くなると、さっき言われたことが頭に入らなくなったり、瞬時の判断が下せなくなります。ノルアドレナリンは交感神経系の物質なので、落ち着くためには対抗する副交感神経の働きを高めるといいでしょう。具体的におすすめしたいのは深呼吸。普通の深呼吸でもいいですが、おなかに力を入れて、ゆっくり息をはくことを繰り返すと、いい具合に緊張がほぐれていきます。


木村尚敬

ビジネスにおけるネゴシエーションは、相手を論理でねじ伏せるのではなく、論理が破綻していることをさりげなく気づかせて、自ら意見を変えさせたほうがうまくいく。