名言DB

9490 人 / 112001 名言

都築幹彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

都築幹彦のプロフィール

都築幹彦、つづき・みきひこ。日本の経営者。「ヤマト運輸」社長・会長。東京出身。慶應義塾大学卒業後、大和運輸(のちのヤマト運輸)に入社。同社3代目社長として活躍した。

都築幹彦の名言 一覧

小倉イズムが神格化されすぎている。自分たちで考えて、勉強をしてやり直すべきだ。


人間40代ぐらいが体力知力とも一番充実している。だから40代の役員や部長がドンと構えている企業ほど戦闘力も高い。


これだけ不透明な時代ですから、強力なリーダーシップがどこかでいる。うちなんか人数の多い会社だから、たくさんの人がどっちの方向に進んだらいいのかわからなくなったらどうしようもなくなる。よく見える信号をつけてこっちを向くんだ、あっちへ行くんだという強力なリーダーシップと開発力がいる。


お客様に約束したサービスを後退させることは、ヤマト運輸が作り上げてきた宅急便への信頼を失うことになる。アマゾンをはじめとするネット通販のせいばかりではない。そもそもアマゾンの荷物を受け入れると決めたのはヤマト。それなのに、ヤマトの経営陣は手を打つのが遅すぎた。


人手不足が経営を揺るがしていた。当時、取扱個数は宅急便が4億個だったが、日本通運のペリカン便が追い上げていた。小倉さんはペリカン便にシェアを奪われることを案じていたが、私は辞表を懐に値上げを貫いた。値上げで荷物が減っても構わない。むしろ荷物の総量を減らしてでも、よいドライバーを確保し、サービス品質を保つことが大事だ、と。

【覚え書き|1990年の送料値上げについて】


都築幹彦の経歴・略歴

都築幹彦、つづき・みきひこ。日本の経営者。「ヤマト運輸」社長・会長。東京出身。慶應義塾大学卒業後、大和運輸(のちのヤマト運輸)に入社。同社3代目社長として活躍した。

他の記事も読んでみる

中村雅哉

20年以上前ですが、一次産業、二次産業に比べて三次産業があまりに大きくなっていると感じました。それで三次産業は肉体を使うサービス、四次産業は知恵を使う「知識産業」、五次産業は心に訴える「情報産業」と分類し、三次より四次、四次より五次の方が付加価値が高いとみなしたのです。その方向に向かっていくことが企業の成長につながると思ってやってきました。


森本千賀子

高効率でハイレベルなインタビューにするためには、事前に「質の高い質問」を準備することです。全体の構成やフレームを意識しつつ、間きたいポイントを大見出しでノートに書き込み、そのうえで、各項目について聞いていくこと。面談が終わった後にメモを読み返すと、良い質問ができたときほどメモが充実しているものです。


小出伸一

社内では、ハワイ語で家族という意味の「オハナ」という言葉を使っています。社員だけではなく、ビジネスパートナーも、顧客も、社員の家族もみんな含まれる概念です。


奥井規晶

高いパフォーマンスを発揮しようと思ったら、そのために集中できる時間はせいぜい1時間です。長くて2時間というところでしょう。合間にはリラックスが必要なんです。僕の場合は、音楽を聴いたり葉巻をふかしたりというのがそれにあたります。会社員の人ならオフィスの中をぶらぶら歩きまわるなんていうのもいいと思います。


山本真司

目標に向けて努力する熱意と成功体験は不可欠です。しかし、限界まで頑張っても思うような結果が出るとは限りません。ゆえに現実をあるがままに受け入れる受容力も不可欠です。一見矛盾する心理ですが、この両方を身につけることで成長できるのです。


ジョージ・バーナード・ショー

我々の人類に対する最大の罪は、彼らを憎むことではなく、無関心であることだ。それは非人間性の真髄だ。


樋口武男

経験にもとづく勘が大事。迅速に決断すれば、次の先手を打つことができる。理屈は後からでいい。


澤田秀雄

日本全国、あるいは世界から来ていただくためには、オンリーワンかナンバーワンのものにしなければならないと考えました。オンリーワンだと他はやっていませんから、そこに集中して再生してきた感じです。


曽山哲人

人脈とは「電話一本でお願いができる」関係です。そうした関係を築くには合理性に加え、情緒的な部分も欠かせません。言っていることは正しいのに、なぜか力になりたいとは思えない人がたまにいます。会った瞬間に「○○ください」ばかり言われても、なかなか協力する気にはなれません。「あなたに興味があって、あなたに教えを請いたい」という姿勢が伝われば、相手も心を開いてくれるはずです。


ヨシタケシンスケ

隙間が空いているという言い方を僕はするんですけれど、合間、合間に読んでいる人の経験だったり、感情だったり、「私だったらこうしちゃうけどな」みたいなものが入ってきてくれたら、なんかうれしいなと。がーっと入り込むのではなく、常に片足だけ突っ込んで読むような、自分と照らし合わせながら読むような現象が起きてくれたらいいなと思っています。


ドナルド・トランプ

私たちはみなビジネスマン、ビジネスウーマンである。あなたがアートを愛していてアートではお金が稼げないとしたら、やがて世の中はすべて、アートでさえもビジネスなのだと悟るだろう。


吉冨学

苦境に陥ったとき、本から多くの学びをえるとともに、奮起するパワーをもらい、精神的にも助けられた。本はその気になれば、いつでも出会える。