名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

郷治友孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

郷治友孝のプロフィール

郷治友孝、ごうじ・ともたか。日本のベンチャーキャピタリスト。「東京大学エッジキャピタル(UTEC)」社長。愛知県出身。東京大学法学部卒業、スタンフォード大学でMBAを取得。通商産業省を経て東京大学エッジキャピタル設立に参画。ベンチャー企業育成に尽力した。そのほか、日本ベンチャーキャピタル協会常任理事を務めた。

郷治友孝の名言 一覧

経営トップには、多様な人材から成る会社全体を、成果を出す観点からマネジメントできる人材が求められる。


研究室の延長で事業をしても、企業として伸びない。成長するためには、経営陣が、その技術の事業化によって世の中に貢献したいという共通の目的と情熱を持った、様々な強みを持つ人々で構成され、領域や専門を超えて意思疎通を図り、事業全体を前進させるのでなければならない。


ベンチャーキャピタルという仕事柄、「大学発ベンチャーが成功するための条件は何ですか」という質問を受ける。すべての企業で言えることと思うが、技術だけではなく、製品とサービスの開発、ビジネスモデルを含めた事業の開発、資金管理や経営を含めた諸条件が必要で、それらを担う全員が協力し合って仕事をしていなければならないと思う。


事業に詳しい起業家がベンチャーキャピタリストを説得することもあるし、様々な視点を持つベンチャーキャピタリストが経営方針の転換を求めることもあるが、それぞれに互いの認識の根拠をよく理解して最善の選択肢を取ることが重要である。


投資家は起業家の成功を、起業家は投資家の成功のことも考えながら活動しなければならない。自分の利益だけを追求しようとすると、起業家が興す事業に投資するベンチャーキャピタリストはいなくなるし、ベンチャーキャピタリストからの投資を受けいれたい起業家もいなくなる。


ベンチャーキャピタリストと起業家は、深い信頼関は係を築いたとしても、一体化はしない。互いの立場をわきまえる規律を持ったうえで、信頼関係を築くことが重要だ。


郷治友孝の経歴・略歴

郷治友孝、ごうじ・ともたか。日本のベンチャーキャピタリスト。「東京大学エッジキャピタル(UTEC)」社長。愛知県出身。東京大学法学部卒業、スタンフォード大学でMBAを取得。通商産業省を経て東京大学エッジキャピタル設立に参画。ベンチャー企業育成に尽力した。そのほか、日本ベンチャーキャピタル協会常任理事を務めた。

他の記事も読んでみる

梶原しげる

結論だけを即答するのは芸がない。かといって起承転結をダラダラと話すのもダメ。「寒くなかったですか?」などと相手の状況を思いやったのち、本題は結論から入るのがビジネス会話の基本。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

デザインの仕事で大切にしていることは、長く残るものにするということですね。1980年代、バブル経済の時期に痛感したのは「デザインは生きものなので、見守って育ててやらなければ死んでしまう」ってこと。その頃には、短期集中で売りまくるという風潮が強かったですから。その流れで、本来だったら長く企業や商品の財産となっていったはずの伝統的なデザインがどんどん消されていってしまいました。1990年代にそれぞれの企業が伝統的なデザインの重要性に気づく頃には、もうたいていの企業におけるデザイン資産はポロポロになっていたんです。そういうことがあったからこそ、その後、企業はデザインを継続させるということの大切さを理解してくれるようになったので、必要なプロセスでもあったのかもしれませんけれども。


ビル・エモット

人材投資こそが、新たなイノベーションを生み出すことは日本の過去の歴史を見れば明らかだ。優秀な学生が労働市場に参加した後も継続して能力を高めていく。地味だが愚直な政策を続けることが、日本経済の今後の発展の基礎となる。政府は何よりも、人的資源の開発に注力すべきだ。


中川淳一郎

ネット上には新しい発見は滅多にありません。ネットニュース編集者の私が断言します。ネットを効率的に仕事に活かしている人は「自分が興味を持っていることについてどんな報道がなされているか、ほかの人はどう考えているか深く知るためのツール」であると心得ている人です。


山崎将志

いままで自分がしてきた仕事のやり方や習慣を、いったんやめてみる。本当に必要なことが何かを取捨選択するんです。そうすれば優先順位もハッキリし、効率的になる。作業に無駄がなくなり、能力を発揮することにつながっていく。


アンドレ・モーロワ

忘却なくして幸福はあり得ない。


石井勝(経営者)

営業をするときは、ほかの人と同じことをやっていては仕事に結びつかない。


石川康晴

アパレル業界では奇抜なビジネスでも、IT業界ならば「当たり前の発想」としてある。「他業種からアパレルを見る感覚」を、経営で大事にしたい。


村井満

録画映像を見て拍手する人は、なかなかいない。再現性がないものに対して、人間の感情は動く。


日高憲三

経営の基本は、すべてスタンレー電気で学びました。銀行だけではなく、公認会計士などの意見をきちんと聞いて調子に乗ったことはしない、などの教訓があるからこそ、借金なし、赤字なしの会社を経営してこられたのだと思います。


井阪隆一

実はセブンのコーヒーの歴史は、失敗の連続なのです。現在のコーヒーマシンは、4世代目のものです。当初はペーパードリップでコーヒーを淹れていましたが、淹れたてはおいしくても、時間が経過するとどうしても味が落ちてしまう。現場での鮮度管理が非常に難しかったんです。その後も「1杯取り」のカセットタイプ式、圧力抽出のエスプレッソの提供など試行錯誤を繰り返しましたが、なかなか結果が出なかった。しかし、諦めませんでした。節目節目で見直しを続けてきたある日、「またコーヒーに挑戦したい」と言ってきた社員がいたんです。


すはらひろこ

保管する必要のないモノも、オフィスには多い。仕事にあまり関係のない郵便物や伝言メモが代表だ。朝の出社時や外出先から戻ってきた時は、席に座る前にこれらを処理してしまおう。立ったまま郵便物を開封し、チェックしたら分別ボックスなどに捨てよう。伝言メモも同じ。座っていると動作も思考も緩慢になりがちだが、立っていると判断も作業も速くなる。