那須翔の名言

那須翔のプロフィール

那須翔、なす・しょう。日本の経営者。「東京電力」会長。宮城県出身。東京大学法学部政治学科卒業後、関東配電(のちの東京電力)に入社。同社社長・会長を務めた。また、経済同友会副代表幹事、経団連副会長、電気事業連合会会長、中央電力協議会会長、海外ウラン資源開発会長、日本原燃サービス会長、日本原燃産業会長、日本原子力産業会議常任理事などを務めた。

那須翔の名言 一覧

もはや戦後ではないといったあたりから、日本人はこれでいいんだと思い始め、思い込んでしまったのです。戦後何十年間でできつつあった日本型システムのようなものを、これでいいんだと思いすぎた結果、我々は本当の意味での多様性をなくし、どんどん画一的になっていったんです。政治システムのなかでの政党の役割、経済システムにおける企業の役割、官の役割、民の役割、そういったものが次第に固まっていきました。


日本の社会が次第に画一性を帯びていく中で、人々は横並びが安全であると思い始めた。すると今度は、みんなで渡れば怖くないといった空気が社会に充満してきて、横並びで手をつなぎながら追いつけ追い越せの目標に向かってぐいぐいとアクセルを踏んだのです。日本はこのようにして繁栄を手にしたわけで、成功すればするほど世の中は画一的になるという一つの公式が出来上がってきました。


那須翔の経歴・略歴

那須翔、なす・しょう。日本の経営者。「東京電力」会長。宮城県出身。東京大学法学部政治学科卒業後、関東配電(のちの東京電力)に入社。同社社長・会長を務めた。また、経済同友会副代表幹事、経団連副会長、電気事業連合会会長、中央電力協議会会長、海外ウラン資源開発会長、日本原燃サービス会長、日本原燃産業会長、日本原子力産業会議常任理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

伊藤潤二

現実にないものをつくり出したい。とにかくビジュアルイメージが大事だなと思ってまして。それを読者に説得力のある形で、しかもいままでにないイメージを提示できたら最高にいいですよね。


舘ひろし

自分自身が感じるためには、感受性を豊かにする努力が欠かせません。だから、僕は作品に出演していない時期を大切に過ごしています。いろいろな体験をしますよ。旅行に行くときもあるし、乗馬をやったり、ヨットで海に出たりとかね。その期間は、なるべく芝居と関係ないことに身を置きます。そこで自分が多くのものを感じること。その積み重ねが俳優にとって一番大事だと思うんです。


野村克也

「どうせ俺は……」と諦め、くさるタイプのコンプレックス人間は、こう考えたらいい。「諦めた、ということは変わるチャンスだ!」と。諦めた、ということは、今のままではうまくいかない、ことに気づけたということ。それは幸運だよ。


山崎将志

口頭だけで議論すると、言葉の解釈が参加者によってズレてくることがあります。たとえば、営業支援システムの「効果」といった場合、ある人は「コスト削減」を思い浮かべるかもしれませんし、別の人は「報告・連絡の徹底」と解釈するかもしれません。しかし、ホワイトボードにその言葉の意味を書き加えれば、そうした議論のズレを防ぐことができます。


治山正史

15年12月に「健康宣言」をし、商品もスタッフも健康を意識することを打ち出しました。そのため残業削減に取り組み、さらなる削減に向けて、ノー残業手当を導入しました。残業を全くしなかった場合、1万5千円を支給します。残業した場合は、月間1万5千円未満の実働残業手当の社員に対して1万5千円から実残業手当分を差し引いた分を「NO残業手当」としてもらえる仕組みです、残業代がそれ以上になると実額を支給します。長い時間残業して、心身共に不健康になるのではなく、仕事を効率よくこなして早く帰宅し、英気を養って、次の日も頑張ってくださいね、と。これまで残業削減に取り組んできましたが、さらなる残業削減のための逆転の発想です。


倉田真由美

どんなに優秀な人でも、何でも得られるわけじゃない。諦めや妥協が必要なこともあると思う。結婚だって、ある程度、諦めがないとできない。結婚することで失うものはたくさんありますから。


ひろゆき(西村博之)

グーグルは、もともとほかのサイトにすればコストでしかなかった検索を、置いておくだけでお金が入るシステムにしたという発想の転換は素晴らしいとしか言いようがありません。


熊谷正寿

上場する価値のある事業、すなわち事業内容に成長性があり、世のために人のためになるのであれば、上場しても良いと思います。メリットはひと言では言い表せません。資金調達だけでなく、人材の成長や獲得につながりますし、競合に対する競争力もつくでしょう。生き残るためには、上場していることがすごくパワーになります。


アルフレッド・アドラー

甘やかすと相手の勇気を奪ってしまう。手助けしたり、チヤホヤしたりするのではなく、独り立ちの練習をさせなさい。


並木裕太

情報は、アイデアを生むためではなくて、証明するために使うもの。


黒土始

社是は会社の憲法。これをしっかりと社員に伝えていくことで、労使の信頼関係が固まっていく。


武田双雲

会社を辞めるとか、辞めないの判断よりも先に体が動いていたんです。もちろん会社の同僚や先輩に止められました。でも、会話が噛み合わないんですよね。「危険だぞ」「何が危険ですか?」「飯、食えなくなるぞ」「そしたら、死にますか?」って。僕が真剣に返したら、先輩も「死にはしないな、日本なら。バイトすればいいし、実家もあるんだろ」と。その瞬間「死なないんだ!」と安心して、会社を辞めるのを決めました。


木村裕一(きむらゆういち)

改めて振り返ってみると父親が小学4年生の時に死んだことが転機になったようです。「父親がいないかわいそうな子と思われたくない」という気持ちが、芽生えたからです。父親の死を意識的に前向きに捉えるようにしていました。それが挑戦心を支えてきたのかもしれません。


ドナルド・トランプ

他人が何かを成し遂げたとき、どれだけの時間と努力を注いだか、私たちにはわからないことがある。ウォーレン・バフェットは今、数十億の資産を持っているが、彼は6歳でチューインガムを売り始めたのだ。1パックで2セントの儲けだった。


進藤晶弘

メガチップスでは面白いことに、取締役が自分から志願して一般社員に戻ることがあります。降格処分ではありません。その人がやりたいことをやるために、そうする必要があるからです。


ページの先頭へ