名言DB

9412 人 / 110637 名言

遠山敦子の名言

twitter Facebook はてブ

遠山敦子のプロフィール

遠山敦子、とおやま・あつこ。日本の官僚(文部)。三重県出身。東京大学法学部卒業後、文部省に入省。文部省学術国際局情報図書館課長、ユネスコ国際部国際学術課長、初等中等教育局中学校教育課長、高等教育局企画課長、文化庁文化部長・次長、教育助成局長、高等教育局長、文化庁長官、文部科学大臣などを歴任した。

遠山敦子の名言 一覧

考え抜いている間にひらめく瞬間がある。そして直ちに専門家などと相談しながら解決までの戦略を描くのです。


困難であるほどやりがいがある。


決めたら逃げずに断行。壁ができたら説得して突破していく。過去にとらわれていては未来の展望は開けません。


仕事にロマンを感じ、深く考え、熱く行動せよ。


静岡高校、東京大学時代と周囲が男性ばかりの環境で過ごしたこともあり、一人で深く考え、その後に周辺を巻き込む習慣が身に付いていたことも身を助けました。


「何事にもなすべき時がある」との信念がゆらぐことはありませんでした。大きな原動力は両親の教えにあったように思います。父からは「人としてなすべき時は勇気を持ってなせ」と教えられていました。


役人の世界の常識では、上司に「NO」を突き付けられたら「終わり」を意味したのですが、「それなら理解してもらえるために工夫しよう」と考えました。そこで、漫画を描くのが得意な方に頼み、システムのイメージをイラストに仕立ててもらったのです。上司や自民党の先生方などに賛同をいただき、このシステムは日の目を見ることができました。


遠山敦子の経歴・略歴

遠山敦子、とおやま・あつこ。日本の官僚(文部)。三重県出身。東京大学法学部卒業後、文部省に入省。文部省学術国際局情報図書館課長、ユネスコ国際部国際学術課長、初等中等教育局中学校教育課長、高等教育局企画課長、文化庁文化部長・次長、教育助成局長、高等教育局長、文化庁長官、文部科学大臣などを歴任した。

他の記事も読んでみる

守島基博

誰でもその人なりのやり方でリーダーになれる。そうした考え方を許容することで、多くの人がリーダーとなり、組織の中のリーダーシップの総量が多くなる。強い組織ができる。リーダー獲得は、組織のあらゆる場面で必要なのだ。


山内隆裕

会社が大きくなると、会社の経営課題について、なんとなく気づいていても深掘りせず先送りにしたり、言わずに済ましがちです。そうならないよう、社員全員に当事者意識が欲しい。


アルバート・アインシュタイン

知性は方法や道具に対しては鋭い鑑識眼を持っていますが、目的や価値については盲目です。空想は知識より重要である。知識には限界がある。想像力は世界を包み込む。私たちはいつか、今より少しは物事を知っているようになるかもしれない。しかし、自然の真の本質を知ることは永遠にないだろう。


矢野博丈

努力しないスタッフは、努力が嫌いでサボっているわけじゃなくて、努力のきっかけがないだけだということを忘れたらいけない。だからこそ、上司なり先輩なりが怒って気付かせる必要がある。努力しはじめると、いろいろ面白くなって勝手に努力するようになる。それまで粘り強く叱り続けることが、私の唯一の社員教育法だね。


西川光一(経営者)

創業者というのは特殊能力だと思います。社長になれる人はたくさんいても、起業家、創業者になれる人は稀です。だから、たまたま次の社長になった人が創業者を越えようと考えること自体がおこがましい。自分自身は特殊能力があるとは思っていません。


小山昇

社長と社員との価値観を共有させ、社長のコピーを何人つくれるかが、人材教育のミッションです。社長のコピーがいればいるほど組織は堅牢になっていきます。中小企業の場合はとくにそうです。こういう考え方は、価値観の多様化を良しとする昨今の風潮の中にあっては、かなり奇異に受け止められるかもしれません。しかし考えてもみてください。社員各自の価値観を尊重し、それぞれの方針で動くことを認める企業。それは健全なのでしょうか。経営方針を示すのは社長の仕事であり、経営責任をとれるのは社長だけなのです。皆が同じ方向を向くからこそシナジー効果も生まれます。


世良公則

ロックが若い人の音楽だったのは昔の話。でも、それをいまだに引きずる感じもありますね。せっかくロックに世代が関係ない時代になったのに、なんで世代で分けちゃうのかと思う。


東国原英夫(そのまんま東)

私にとってノートを書くことは、あまりにも生活の中に溶け込んでいて、コツなどを改めて考えたことはないですね。とにかく、ひたすら書くだけ。常に持ち歩いているA6サイズの大学ノートは「知識ノート」と呼んでいます。


スティーブン・コヴィー

スポーツ選手にとって運動神経と筋肉の育成が不可欠であるように、学者にとって頭脳の育成が必須であるように、真に主体的な人にとっては良心を育成することが必要不可欠である。定期的に精神を高めてくれる書物を手にし、常に気高い志を抱き、そしてなによりもその良心の小さな、か細い声をよく聴き、それにしたがって生活することが必要なのだ。


大薗誠司

家業を継いで最初に取り組んだのは人事評価です。銀行にいた頃、私も通信簿の様に5段階評価で評価されていました。しかし、評価をされても実際に自分がどうしたらお客さんの為になるか全然分かりませんでした。そこでお客さんに喜ばれる社員の基準を調査するために具体的に皆の行動を観察して広く意見を聞きました。それを元に1人あたり約300の評価項目を作りました。従業員の能力が向上して、お客様が喜んで利益が上がり、その利益をみんなの給料に充てられる。この好循環を創ることから始めたのです。


佐藤優

脅すわけじゃないけど、40代をボーッと流されて生活していると、後が大変です。退職金、年金もアテにできないし、老後破産なんてことも他人事じゃない。逆にこの時期に、正しい選択をして先手を打てば、じつはいろんな可能性があるんです。ちょっとした選択の違いが、10年後、20年後に大きく響いてくる。


野村克也

ひらめきというと、直感的な思いつきや、突然アイデアが降ってくるようなものと考えている節がある。それはまったく違う。それまで得てきた知恵や知識を少しずつ蓄積してはじめて、いままでにないユニークな発想が生まれてくるんだ。


江崎利一

問題が起きたら誠心誠意取り組むことだ。問題の解決から一歩を進め、次の積極的な活動に入ることを忘れてはならない。それはきっと上手くいく。


福嶋隆史

大人だったら、専門用語はともかく、仕事に必要な言葉自体は既に知っているはずです。それなのに、日本語によるコミュニケーションには、いま一つ自信が持てない人が多い。なぜ自信が持てないのか。日本語を使うなんて「当たり前」のことすぎるからです。普段の言葉の意味を、あえて意識して使うのは難しい。「放任」と言ったら、反対は「干渉」だな、なんてなかなか考えません。だから言葉を無意識に、反射的に使っているうちに、語彙の引き出しがぐちゃぐちゃになり、必要な時に出せなくなってしまう。


W・チャン・キム

競争方式のパラダイムは終わって、協調方式で価値を生み出すという考え方が、ブルーオーシャン戦略の要の1つだ。世の中のビジネスの考え方のフレームワークは、ハーバードを中心とする米国の大学が生み出した競争原理を偏重している。しかし、競争より協調で生み出される価値の大きさに気づかなければならない。