名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

遠山元一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

遠山元一のプロフィール

遠山元一、とおやま・げんいち。日興証券創業者。埼玉県出身。旧制中学生時代、兜町の株屋半田庸太郎商店に丁稚に入る。その後、市村金次郎商店を経て独立。日興証券の前身である川島屋商店を創業。その後、商号を川島屋証券に変えたのち旧日興証券を吸収合併し社長・会長を務めた。また東京証券取引所の理事会議長なども務め証券業界の振興に務めた経営者

遠山元一の名言 一覧

私は20歳のころから、証券業者に対する社会の批判に対し、何としても誤解を解きたいと思ったが、虫眼鏡で探してもわからぬような市井の一小僧が、どんなに切歯やく腕したところで「ごまめの歯ぎしり」にすぎなかった。しかし、証券業者の地位信用も、今日では世間一般の水準に近づいてきた。証券界の一切の公職からも退いたが、一証券業者として我々の地位向上のため余生を捧げるつもりである。


日本の株式市場は経済界の発展とともに発展し、産業資金調達の使命はますます重い。しかし、証券業者はとかく株屋として軽蔑されたものである。こうした世評の全部が間違っていたわけでもない。我々にも数々の欠点があり、これについては反省を忘れず、改善もし進歩もしてきた。それでも世間の見方は先入観が主となっていた。これは残念無念のことだ。


兜町は栄枯盛衰の最も激しい町である。私の旧主家の半田庸太郎商店も、暴落の打撃を受けて、大正3年の春、廃業のやむなきに至った。もう3か月頑張っていたら、欧州大戦に際会して、好機をつかむことができたかもしれない。それにしても、人間というものは、こんなに脆く参ってしまうものであろうか。半田さんの寂しい晩年を見て、私は幾多の教訓を得た。


川島屋商店(のちの日興証券)は、いろんな都合のために、個人企業として出発したが、私は私なりに新時代の証券業のあり方については理想と抱負を持っており、株式会社として近代的な企業に持っていこうと、最初から考えていた。そこで、創業1年半にして、早くも株式会社川島屋商店に改組した。


ある日、私が店先にいると、鈴久(相場師の鈴木久五郎)さんが黒の紋付に羽織袴で、指には何カラットという大きなダイヤの指輪をはめてやってきた。そのとき私は「鈴久という人は偉い人だ。この人も俺も同じ埼玉県の生まれだが、ずいぶん金を儲けた人なんだなぁ」と子供心に感心しながら見上げたものである。それから一週間で株の暴落とともに鈴久さんが転落の運命にあったとは、夢にも思わなかった。
【覚書き|株屋半田庸太郎商店の小僧になりたての当時を振り返っての発言】


兜町に入って50年以上になる。過去を振り返ってみると、朝から晩まで剣の刃渡りをしているようなものだった。
【覚書き:関東大震災、昭和恐慌、太平洋戦争後の不況などを証券業界で経験してきたことに対する回想】


遠山元一の経歴・略歴

遠山元一、とおやま・げんいち。日興証券創業者。埼玉県出身。旧制中学生時代、兜町の株屋半田庸太郎商店に丁稚に入る。その後、市村金次郎商店を経て独立。日興証券の前身である川島屋商店を創業。その後、商号を川島屋証券に変えたのち旧日興証券を吸収合併し社長・会長を務めた。また東京証券取引所の理事会議長なども務め証券業界の振興に務めた経営者

他の記事も読んでみる

松山英樹

遼(石川遼)は何年先にはこうなって20歳でマスターズ優勝、とか計画的じゃないですか。でも自分は未来の姿を思い浮かべるよりも、目の前の課題を頑張るだけ。それが1か月かかってもいいし、1年かかってもいい。いままでもひとつひとつを頑張っていくことだけを考えてきたんで、それを変えるつもりはない。


和地孝

口だけでいくら「自由闊達にしなさい」とか「みずから使命感を持って仕事をしなさい」と言っても、人は変わりません。仕掛けが必要です。


山崎将志

口頭だけで議論すると、言葉の解釈が参加者によってズレてくることがあります。たとえば、営業支援システムの「効果」といった場合、ある人は「コスト削減」を思い浮かべるかもしれませんし、別の人は「報告・連絡の徹底」と解釈するかもしれません。しかし、ホワイトボードにその言葉の意味を書き加えれば、そうした議論のズレを防ぐことができます。


天坊昭彦

時代を読むときに妨げとなることは、近くから見すぎるということでしょうね。少し離れてみる。立ち位置を変えてみる。そういう工夫が必要かもしれません。


酒巻久

部下の真価を見抜き抜擢できる上司が一流。しかし、抜擢ならぬ、出る杭を抜いて摘み取る「抜摘」ばかりする二流の上司が実に多い。一流の部下は問題の本質に気付く鋭敏な感性や柔軟な思考力があるから、上司が間違っているときはハッキリものを言う。だから生意気に見える。二流の上司は一流の部下を煙たがり、二流の部下ばかり出世させ、あげくに会社が潰れてしまうのです。


矢野博丈

最近は、「暗い時代だからこそ夢や希望を抱け」という人が多い。夢を描くことが努力につながるなら、それもいいかもしれない。ただ、私は無理して明るい展望を描くより、心の中から湧き上がってくる不安を大事にした方が、努力につながると思っています。


長島徹

リーダーになるのは、積極的なマインドをもった人材だと思います。従来どおりの仕事をやって、給料さえもらえればいいという考え方では、リーダーにはなれません。


西秀訓

個々のボリュームは小さいけれど、まとまればそれなりの規模になるし、成長リズムが違うから、ある商品が疲れてきても別のが伸びてカバーできる。いま儲かるかどうかより、ポートフォリオを工夫して、変化にしなやかに対応するのが、経営者的にいうと一番面白いところ。


朝倉千恵子

私には、消したくても消せない過去があります。でも、いつか子どもたちに会ったときには、恥じない自分でいたい。それがいつになるかは分からなくとも、いつでも胸を張って会えるような生き方をしていたい。そして、一所懸命に生きた証を残したい……。これが、私の仕事に対するモチベーションを支える心の奥底にある思いです。


小山昇

人間は失敗するからこそ学ぶのです。私は作為的に失敗を、痛い思いをさせることで人材を育てています。優秀な社員ほど数多く失敗させます。それは期待の裏返しでもあります。


関家一馬

社員とは、ある意味、信頼関係はできていますから「(新しく始めたことが)本当にうまくいかなかったら諦める」と思われているんじゃないですかね。もちろん、始めるときには、うまくいかなかったら、やめればいい、とも言ってますしね。


猪子寿之

人の行動は今、劇的に変化しています。少し前までは大量に生産されたものを消費し、所有することがお金を持つ人の動きでした。産業革命以降の世界の延長で、モノや情報の流れは一方通行でした。自動車や飛行機といった乗り物、映画などのメディア、映画の世界を描いた遊園地などが20世紀の産業の象徴です。情報化社会が到来し、状況は一変しました。コンピューターというのは脳の拡張です。記憶力と計算量が増え、自分の発言の機会が広がり、コミュニケーションを取りやすくなりました。誰かが提供したものをただ消費するだけでは食い足りなくなっています。自分が参加し、それを共有することを求めるようになりました。