名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

道幸武久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

道幸武久のプロフィール

道幸武久、どうこう・たけひさ。日本のコンサルタント。北海道出身。拓殖大学政経学部卒業後、証券会社や人材研修会社で勤務後、29歳で独立。ビジネスプロデューサーとしてコンサルティング活動を行う。主な著書に「加速成功」「学校では教えない人生の秘訣」「夢の叶え方」「会社の寿命10年時代の生き方」など。

道幸武久の名言 一覧

お金はその人の器に合わせて入ってくる。お金が欲しければ器を大きくすることの方が先です。


人脈を広げたいなら、その人を仕事に利用しようという欲を捨てること。みんな順番が逆なんです。できない営業マンほど、パーティで名刺交換しただけの相手に商品を売ろうとする。まずは仕事を抜きにして、個人的な関係をしっかり築くことです。


一流企業の社員だとか、業界で有名だとかということは、能力や人柄をある程度保証するものかもしれません。でも、そんな肩書は全部取っ払って、裸のその人自身で判断することです。


口に出さなくてもこちらの思惑は相手に伝わってしまうもの。下心はできるだけゼロに近づけて、そのとき自分がその人のためにできることをする。そうやって大事にしてきたものだけが、やがて本物の人脈に育つのではないでしょうか。


道幸武久の経歴・略歴

道幸武久、どうこう・たけひさ。日本のコンサルタント。北海道出身。拓殖大学政経学部卒業後、証券会社や人材研修会社で勤務後、29歳で独立。ビジネスプロデューサーとしてコンサルティング活動を行う。主な著書に「加速成功」「学校では教えない人生の秘訣」「夢の叶え方」「会社の寿命10年時代の生き方」など。

他の記事も読んでみる

村上憲郎

リスクのある仕事は、自分のできることリストを増やしてくれることが多いものです。私の場合でいえば、思い切って外資に飛び込んだことで、英語を勉強せざるを得なくなりました。


村口和孝

ベンチャーキャピタリストは常に産業の新領域に先行投資し、キャズムを越え市場に橋頭堡を築こうと努力する。投資を始めたときはいつも意見の少数派である。時代の伝道師的なところがある一方、必ず成功するとは限らないことから山師的と誤解される危険性の高い専門職でもある。この専門職は産業が発展するために絶対必要な職業である。もちろんベンチャーキャピタリストも起業家も一か八かの山師ではない。
【覚え書き|キャズム=多数派が自社の商品・サービスに手を出しはじめる前にある溝】


松井忠三

本を読んで心に響く文章に出会ったら、ペンで線を引き、とくに肝に銘じたい言葉は手帳に書き写すようにしています。そして、年末にはその言葉をパソコンに入力して永久保存版にし、時々振り返っています。感銘を受けることが多いのは、やはり経営者の言葉です。厳しい生存競争の中で繰り出される発想転換や創意工夫は、インスピレーションの宝庫。


レイ・クロック

「働くこと、働かされること」を楽しまなければならない。これはすべてのビジネスマンに言えることだ。


上西京一郎

日本のマーケットはアメリカよりも小さいので、よりきめ細かなサービスを提供して何回も来ていただくことが大切。


高橋広明(パナソニック)

P-EDP(パナソニック・グローバル・エグゼクティブ・デベロップメント・プログラム)の研修中のコミュニケーションは基本的に英語で行われます。国際舞台で英語ができないとどれだけハンデになるかといったことを、身をもって知らしめるというのも、この研修の目的のひとつです。


常陰均

企業の資金需要が減るなか、新しい貸出先を開拓することが我々の役目でした。最初にやったのは、当時はまだ都市銀行がほとんどやっていなかった船舶金融の調査です。机上の分析と足で稼いだ情報を総合し「いける」と思えば調査書にまとめます。たくさん書きましたが、結果的には融資をした3つの海運会社が後に倒産してしまいました。当時、企業が倒産すると案件に関与した責任者は副社長名の「注意喚起状」を受け取ることになっていました。不名誉にも受け取った3通は、戒めとして今も大切に保管しています。
【覚え書き|事業調査部時代を振り返って】


永田雅一

当時、松竹、日活、東宝が一流会社だった。そこで第一映画の面目を捨てて一流会社にできないものをやろう。猫と狸、いわゆるゲテモノ映画をつくろうと決心した。この猫化けがヒットして儲けた。こうしている間に撮影所内も綺麗になり、能率もグングン上がってきた。一年か二年経つうちに、作品は別としても、京都における模範的な撮影所になった。
【覚書き|第一映画を解散させ、新興キネマに移り、経営立て直しを行った当時を振り返っての発言】


太田肇

人は、自分が努力してきた過程や、努力によって得られた成果などを他人から「承認」されたときに、大きな喜びを感じるものだ。この承認の喜びがモチベーションとなり、いっそう努力するようになる。


高橋茂雄

日テレさんにもお世話になってますし、大阪の局にも、どこの局にも足を向けて寝られません。(間)寛平師匠にも(千原)ジュニアさんにも大勢の先輩方にも、どこにも足を向けられないので、最終的には立って寝なあかんな、と思ってます(笑)。


ムーター・ケント

消費財ビジネスは急速にマス・マーケティングから、マス・パーソナライゼーションへと移行しています。コカ・コーラとしても、地球上の何十億人もの人たちに対して、個人の嗜好に合うようにパーソナライズされた飲料や爽やかさを提供する企業として、持続的な成長を続けているでしょう。


藤本やすし

周囲からの自分の見え方にこだわる人は、自分の仕事の仕方にも、将来のキャリアにも確固としたものを持っている。そういう人は確実に伸びていくと思います。