名言DB

9490 人 / 112001 名言

進藤貞和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

進藤貞和のプロフィール

進藤貞和、しんどう・さだかず。三菱電機会長。九州大学工学部卒業後に三菱電機に入社。長崎製作所所長を経て、取締役、社長、会長、名誉会長。経団連、経済同友会、日経連の要職を務める。勲二等旭日重光章受章

進藤貞和の名言 一覧

能力があっても一人の人に何もかもやらせるのは無理ですから、企業活動の様々な領域で、できる人をたくさん養成する。そのためには思い切って任せることで、失敗してもやかましくしかってはいかんのであって、そこで親切に教えるのがコツです。そうしてこそ、企業の活性化が達成できると思うのです。


販売は人間関係だとよく言われますが、まったくそのとおりです。買っていただくからと言って、必要以上に卑屈になることはありませんが、売ってやるといった姿勢でいたら、買う気になっているお客さんも嫌になって買ってくれないでしょう。


信用とは誠心誠意ということです。私の業界を見ても、トップの人たちはうまいことを言うが、下に行くと全然違うことをしている。三菱電機も同じで、あまり安売り競争をするから理由を聞くと、他社がやるからというのです。公明にやるのは難しいものです。


私はゴルフコンペに自社製品を商品として提供するとき、必ず包装紙を破ってその商品の効用や使い方を説明してから渡すようにしています。これはPRであると同時に、自社製品に対する私の愛着の表れであり、現場で開発製造にあたっている社員たちへの感謝の気持ちでもあるのです。初めての人は、私が包みを破るのでびっくりされるようですが、慣れたお客様はまたかという顔でニコニコ聞いてくれます。


ヒット商品を送り出すのは難しいものです。例の布団乾燥機は中津川工場が開発したものですが、私が見に行った当時、赤布団を敷いて実験の最中でした。現場の責任者は「こんなもの、社長に見せたら叱られる」と消極的でした。当時はストが多く、泊まり込み用の布団の処理が大変だったので、そこに目を付けたようです。「面白いからやれ」と私は命令を出しました。日本海側の地域などによく売れました。自由な発想が大事だということですね。


企業の社会的責任を忘れてはいけません。これは他人の身になって考える。自分が逆の立場だったらどうするかと思いを巡らすことで、そこに同情も生まれるわけです。


私は誠心誠意という言葉も好きです。うそを言わない、心にもないこと、できそうにないことは安請け合いしない。これは私のちいさな経験ですが、20年前にオランダの風車を見物していた時、小学生が20人ばかり見学に来ていました。私は好きな写真を撮って送ってやるよと約束したので、住所を聞いてあとで送りました。約束したら事の大小にかかわらず、実行すべきです。


信用というものには、会社としての信用と、そこに勤める個人個人の信用があります。私はウェスティング・ハウス社の社訓「You can be sure, if it is Westing House.」という言葉、つまりウェスティングの製品なら安心ですというこの言葉が好きです。これが信用ではないかと思います。


本音で人と付き合う。はっきりものを言う。これが人間関係の要諦です。ですから、私は外(お客様)に対してだけでなく内(社内)でも社員たちと本音で話し合います。よく酒の上での繰り言などといいますが、人間アルコールが入ると本音が出やすいようで、私は全国の製作所を回った時には、会議の後で懇談パーティを行います。歌い、飲み、しゃべっていると、現場の人たちは次第に打ち解けて、昼間の会議の席では出なかった生の意見をいろいろと聞かせてくれるのです。時には事業本部長が知らないことまで、私に話してくれるから面白いものです。


進藤貞和の経歴・略歴

進藤貞和、しんどう・さだかず。三菱電機会長。九州大学工学部卒業後に三菱電機に入社。長崎製作所所長を経て、取締役、社長、会長、名誉会長。経団連、経済同友会、日経連の要職を務める。勲二等旭日重光章受章

他の記事も読んでみる

伊藤妃実子

日本の革職人の現場では、海外ブランドの下請けや低価格で作らされるなど、優秀な職人が正当に評価されていないことを疑問に思いました。日本製の商品は、技術が高くて製作に時間がかかり、価格は高めです。そうした価格設定をお客さまに認めてもらうために、日本で長く培われてきた贈答の文化に着目しました。自分の物であれば安い商品でも十分ですが、人には少し高くても、きちんとしたものを贈りたいですよね。


アナカルシス

酒杯の一杯目は健康のため、二杯目は快楽のため、三杯目は放縦のため、最後のものは狂気のために飲む。


斉藤茂一(コンサルタント)

特別な才能がある人なら20代、30代で独立しても成功できますが、一般的には仕事の経験、人脈がしっかり形になる40代以降の独立のほうが成功する確率は高い。


塚越寛

二宮尊徳は「人、生まれて学ばざれば、生まれざると同じ。学んで道を知らざれば、学ばざると同じ。知って行うこと能わざれば、知らざると同じ」と言っています。つまり、知識や経験は、道(あるべき姿)を知ってこそ生きてくるものだということ。スキルばかり求め、「企業がどうあるべきか」という哲学に欠けている経営者が増えたような気がします。


太田伸之

パリ左岸にある世界最古の百貨店「ボン・マルシェ」は2014年夏に、全館を挙げて「ジャパンプロモーション」を行いました。日本の生活文化、デザイン、サブカルチャーやファッション、食料品、雑貨などを販売するイベントで、初日の売り上げは同種の催しで過去最高を記録したそうです。2日目も完売商品が続出しました。期間中、私は何度もボン・マルシェに足を運びました。パリ市民の日本に対する関心の高さを目の当たりにして、日本の商品は海外で受け入れられると確信を持ちました。同時に「そのまま持っていけば売れる」というほど単純ではないということも。


中田敦彦

「成功しなくてはいけない」は最大の洗脳だと思います。もっと高い地位、もっと良い暮らしを皆が盲目的に目指していますが、実はそんな必要などない。「成功」とは誰かが作り上げた価値観です。普通に頑張って得られたものがその人の位置。そこから無理に上に行こうとしたり方向を変えようとしたりするからしんどくなるのです。自分の立ち位置を認識したうえで、能力と個性に即した働きをし、自分らしく暮らすことが本当に幸せな働き方、生き方なのではないかと思います。


稲垣精二

社長就任以降、私のキャリアの中ではあまりお会いできていなかった法人のお客様、そして日々、活動している生涯設計デザイナー(営業員)などいろんな方とお会いして、第一生命は多くの人たちに支えられていることがあらためてよく分かりました。たくさんのお客様のサポートがあり、生涯設計デザイナーの明るい笑顔がある。これは私にとって百人力です。


牛田一雄

企業は変わらなければ滅びる、というのが私の考えです。そこで、まず組織を変えました。


小野田寛郎(小野田少尉)

目的がはっきりしていると、いろいろ切り捨てられる。「思い切り」というけど、目的があれば人間は思い切れるんです。


浦沢直樹

「楽しいお絵描き」から仕事にすると大変ですよ。自分の好きだったものを仕事にするとなると、自分のアイデンティティをかけたことになるので、「一切妥協はない」ということにもなるからね。そこを「まあまあいいや」ってやっちゃったら自分の根幹が揺らいじゃうからね。


石井琢磨(弁護士)

交渉相手と仲間意識を育む方法のひとつが共通の敵を作ること。敵といっても実在の人物である必要はありません。ルールや前例を挙げ、「このせいで解決しないんですよ。でも頑張りましょう!」と語っていると一緒に戦っている感が高まります。


前田鎌利

なんとかして通したい、と熱のこもった資料は、ラブレターのように強い思いがあるわりに、余計なものが多すぎて、肝心なことが書いてなかったりします。間を置いて、もう一度資料と向き合うといいでしょう。