名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

進藤貞和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

進藤貞和のプロフィール

進藤貞和、しんどう・さだかず。三菱電機会長。九州大学工学部卒業後に三菱電機に入社。長崎製作所所長を経て、取締役、社長、会長、名誉会長。経団連、経済同友会、日経連の要職を務める。勲二等旭日重光章受章

進藤貞和の名言 一覧

能力があっても一人の人に何もかもやらせるのは無理ですから、企業活動の様々な領域で、できる人をたくさん養成する。そのためには思い切って任せることで、失敗してもやかましくしかってはいかんのであって、そこで親切に教えるのがコツです。そうしてこそ、企業の活性化が達成できると思うのです。


販売は人間関係だとよく言われますが、まったくそのとおりです。買っていただくからと言って、必要以上に卑屈になることはありませんが、売ってやるといった姿勢でいたら、買う気になっているお客さんも嫌になって買ってくれないでしょう。


信用とは誠心誠意ということです。私の業界を見ても、トップの人たちはうまいことを言うが、下に行くと全然違うことをしている。三菱電機も同じで、あまり安売り競争をするから理由を聞くと、他社がやるからというのです。公明にやるのは難しいものです。


私はゴルフコンペに自社製品を商品として提供するとき、必ず包装紙を破ってその商品の効用や使い方を説明してから渡すようにしています。これはPRであると同時に、自社製品に対する私の愛着の表れであり、現場で開発製造にあたっている社員たちへの感謝の気持ちでもあるのです。初めての人は、私が包みを破るのでびっくりされるようですが、慣れたお客様はまたかという顔でニコニコ聞いてくれます。


ヒット商品を送り出すのは難しいものです。例の布団乾燥機は中津川工場が開発したものですが、私が見に行った当時、赤布団を敷いて実験の最中でした。現場の責任者は「こんなもの、社長に見せたら叱られる」と消極的でした。当時はストが多く、泊まり込み用の布団の処理が大変だったので、そこに目を付けたようです。「面白いからやれ」と私は命令を出しました。日本海側の地域などによく売れました。自由な発想が大事だということですね。


企業の社会的責任を忘れてはいけません。これは他人の身になって考える。自分が逆の立場だったらどうするかと思いを巡らすことで、そこに同情も生まれるわけです。


私は誠心誠意という言葉も好きです。うそを言わない、心にもないこと、できそうにないことは安請け合いしない。これは私のちいさな経験ですが、20年前にオランダの風車を見物していた時、小学生が20人ばかり見学に来ていました。私は好きな写真を撮って送ってやるよと約束したので、住所を聞いてあとで送りました。約束したら事の大小にかかわらず、実行すべきです。


信用というものには、会社としての信用と、そこに勤める個人個人の信用があります。私はウェスティング・ハウス社の社訓「You can be sure, if it is Westing House.」という言葉、つまりウェスティングの製品なら安心ですというこの言葉が好きです。これが信用ではないかと思います。


本音で人と付き合う。はっきりものを言う。これが人間関係の要諦です。ですから、私は外(お客様)に対してだけでなく内(社内)でも社員たちと本音で話し合います。よく酒の上での繰り言などといいますが、人間アルコールが入ると本音が出やすいようで、私は全国の製作所を回った時には、会議の後で懇談パーティを行います。歌い、飲み、しゃべっていると、現場の人たちは次第に打ち解けて、昼間の会議の席では出なかった生の意見をいろいろと聞かせてくれるのです。時には事業本部長が知らないことまで、私に話してくれるから面白いものです。


進藤貞和の経歴・略歴

進藤貞和、しんどう・さだかず。三菱電機会長。九州大学工学部卒業後に三菱電機に入社。長崎製作所所長を経て、取締役、社長、会長、名誉会長。経団連、経済同友会、日経連の要職を務める。勲二等旭日重光章受章

他の記事も読んでみる

中嶋常幸

僕は、これまで3回大きなスランプを経験している。一番長くきつかったのが40代のとき。父親が亡くなったこともあって、「一体何のためにゴルフしているんだろう」と。あと年齢による変化もあり、狙ったところにポールが飛ばない。「こんな俺は俺じゃない!」と自己否定していた。他人に責任転嫁もした。だけどあることがきっかけで、そんな自分を丸ごと受け入れようと決めたんだ。するとスランプは逆にチャンスに見えてきた。これをきっかけに「新たな自分に出会える」のではないか、と。それで状況が一変した。


なかにし礼

生きるためには一縷(いちる)の望みしかない。このワンチャンスで成果が決まるのだと考えられるようになった瞬間、組織の中にいてサラリーマンをやっていようと全然違った人になれるはず。見た目はさりげなくてかまいません。意識だけ変えて、やり抜けばいい。そうなると、これは疲れたなどとは言っていられなくなりますよ。


大嶋啓介

ぼくは店舗数を競うことにはモチベーションが上がらないんですよ。それよりも、メンバーの中から経営者が育っていくとか、やる気を持てずにいる人が変わるためのきっかけを提供するとか、自分の可能性に気づいて希望を持ってもらうためにぼくに何かできることをしたい。そういうことにすごくやりがいを感じるんです。目がキラキラ輝いていく人の顔を見るのが好きなんですね。


松田丈志

競泳を通じて、結果を出す人は時間も負荷もかけて圧倒的な努力をしていることを知りました。コーチや選手といった周りから応援される選手ほど、その力を自分のエネルギーに変えていることも学んだ。


松井道夫

実質もう四半世紀も社長をやっていますが、まだまだひよっ子だなと思っています。成功など数えるほどしかなく、無数の失敗をしていますからね。


津田大介

自分は今もコミュニケーションが得意とは思わないし、人見知り。30代前半まで立食パーティーとか超苦手でしたから。何十人規模でも、とりあえずご飯をお皿に取ったら壁際の端っこで食べて、知り合いがいたらその人たちとだけ話すみたいなタイプ。誰も知り合いがいなかったら、すぐに帰っていました。でも、それじゃ仕事の質も変わらないし、人とのつながりも広がらない。誰の力も借りられない、と。仕事を通して、そう気づく機会があって、そこから10年。実感として、30代からでも自分を変えていくことはできるんだなと感じています。


小倉昌男

社内でも反対の声が強くてね。いろいろ言われたこともあります。でも、私には、やりようによっては儲かる商売だとの確信がありましたから。必死で説得してまわりましたよ。とにかく最初の1年にすべてを懸け、メチャクチャに頑張りました。
【覚え書き|宅急便事業開始時を振り返っての発言】


前川孝雄

大事なのは、「これをやりなさい」と仕事を渡すときに、目的を与えることと創意工夫できる余地を残すこと。それがなければ、仕事ではなく“作業”になってしまいます。


小倉広

昔、ある社長に、「募金は自分の恵まれている状況に感謝し、人にお礼をすること」だと聞かされました。その習慣が身につけば、他人にも「何か役に立てることをしよう」という気持ちが自然と芽生えます。それが習慣化すれば打算なしに、行動できる人になります。コンビニのレジ前の募金箱に入れるだけでも十分ですよ。


黒鉄ヒロシ

お金の起源は、見なしです。誰もがそこに「価値がある」と認めているから価値が出現する。貨幣、金、ダイヤモンド。みんな、同じ。物品としては意味がない。ものすごい思い込みで成り立っている。お金を積めば幸せも買えるという発想は気の毒で、無残だ。


西野裕

リストラのときに経営陣が一枚岩でないとこんなことも起こります。社員の中には、かつての上司や面倒を見てもらった役員に電話をかけてくる人もいます。電話を受けた専務や常務が人事部長の所に「A君だが、いろいろ事情を抱えているようだから何とかしてあげてくれ。一人くらい何とかなるだろう」という内戦を入れてくるのだ。これを業界用語で「パラシュート」といいますが、これでは人員削減が滞ります。


藤田志穂

自分を飾ったり、嘘をついたりしないで、自分の気持ちを正直に伝えることが、次につながる会話をするために、一番大切なことではないでしょうか。