進藤貞和の名言

進藤貞和のプロフィール

進藤貞和、しんどう・さだかず。三菱電機会長。九州大学工学部卒業後に三菱電機に入社。長崎製作所所長を経て、取締役、社長、会長、名誉会長。経団連、経済同友会、日経連の要職を務める。勲二等旭日重光章受章

進藤貞和の名言 一覧

能力があっても一人の人に何もかもやらせるのは無理ですから、企業活動の様々な領域で、できる人をたくさん養成する。そのためには思い切って任せることで、失敗してもやかましくしかってはいかんのであって、そこで親切に教えるのがコツです。そうしてこそ、企業の活性化が達成できると思うのです。


販売は人間関係だとよく言われますが、まったくそのとおりです。買っていただくからと言って、必要以上に卑屈になることはありませんが、売ってやるといった姿勢でいたら、買う気になっているお客さんも嫌になって買ってくれないでしょう。


信用とは誠心誠意ということです。私の業界を見ても、トップの人たちはうまいことを言うが、下に行くと全然違うことをしている。三菱電機も同じで、あまり安売り競争をするから理由を聞くと、他社がやるからというのです。公明にやるのは難しいものです。


私はゴルフコンペに自社製品を商品として提供するとき、必ず包装紙を破ってその商品の効用や使い方を説明してから渡すようにしています。これはPRであると同時に、自社製品に対する私の愛着の表れであり、現場で開発製造にあたっている社員たちへの感謝の気持ちでもあるのです。初めての人は、私が包みを破るのでびっくりされるようですが、慣れたお客様はまたかという顔でニコニコ聞いてくれます。


ヒット商品を送り出すのは難しいものです。例の布団乾燥機は中津川工場が開発したものですが、私が見に行った当時、赤布団を敷いて実験の最中でした。現場の責任者は「こんなもの、社長に見せたら叱られる」と消極的でした。当時はストが多く、泊まり込み用の布団の処理が大変だったので、そこに目を付けたようです。「面白いからやれ」と私は命令を出しました。日本海側の地域などによく売れました。自由な発想が大事だということですね。


企業の社会的責任を忘れてはいけません。これは他人の身になって考える。自分が逆の立場だったらどうするかと思いを巡らすことで、そこに同情も生まれるわけです。


私は誠心誠意という言葉も好きです。うそを言わない、心にもないこと、できそうにないことは安請け合いしない。これは私のちいさな経験ですが、20年前にオランダの風車を見物していた時、小学生が20人ばかり見学に来ていました。私は好きな写真を撮って送ってやるよと約束したので、住所を聞いてあとで送りました。約束したら事の大小にかかわらず、実行すべきです。


信用というものには、会社としての信用と、そこに勤める個人個人の信用があります。私はウェスティング・ハウス社の社訓「You can be sure, if it is Westing House.」という言葉、つまりウェスティングの製品なら安心ですというこの言葉が好きです。これが信用ではないかと思います。


本音で人と付き合う。はっきりものを言う。これが人間関係の要諦です。ですから、私は外(お客様)に対してだけでなく内(社内)でも社員たちと本音で話し合います。よく酒の上での繰り言などといいますが、人間アルコールが入ると本音が出やすいようで、私は全国の製作所を回った時には、会議の後で懇談パーティを行います。歌い、飲み、しゃべっていると、現場の人たちは次第に打ち解けて、昼間の会議の席では出なかった生の意見をいろいろと聞かせてくれるのです。時には事業本部長が知らないことまで、私に話してくれるから面白いものです。


進藤貞和の経歴・略歴

進藤貞和、しんどう・さだかず。三菱電機会長。九州大学工学部卒業後に三菱電機に入社。長崎製作所所長を経て、取締役、社長、会長、名誉会長。経団連、経済同友会、日経連の要職を務める。勲二等旭日重光章受章

他の記事も読んでみる

枝並千花

私はどちらかと言えば不器用だと思っていて、だからコンサートでは一瞬で流れていく部分でも、「この一音のために何時間使ってるんだろう」というくらい練習します。その地道な積み重ねが音の深みや個性になっていくと思っているんです。


國村隼

数字は何かを表現しているようで、何も表現していない。視聴率とかね(笑)。


高田明(ジャパネットたかた)

人生、何を始めるにも遅すぎることはありません。私はやりたいことが沢山あります。あと50年、夢を持って今を生き続けていきたい。

【覚え書き|68歳時の発言】


庄司眞

社長という立場の重さをあらためて感じています。創業者で現会長でもある父はカリスマ性のあるリーダーですが、私自身は現場で働くスタッフとの年齢が近いこともあって、彼らが働きやすい職場、組織を一緒につくりながら、全員のモチベーション向上につなげていくことを意識しています。


大谷義武

うちは人が全て。だから、社員の幸せが一番だと思っている。それが無ければお客様の幸せもない。


西澤ロイ

英語学習に挫折する人によくみられるのが、「頑張って英語を勉強しよう」と意気込んでしまうことです。しかしよく考えてみれば、お茶を飲むのに頑張る人がいないように、「頑張る」という行為は普通の状態ではありません。そして普通ではない状態は、長くは続かないもの。英語を身につけたいなら、まずは継続をめざすことです。そのためには、英語を日常に取り入れて、楽しみながら学ぶのが一番です。


山崎直子

不安を恐れず、最初の一歩を踏み出してみる。そのときできることを積み重ねていくことが、大きな夢につながっていくのではないでしょうか。それにとことんまで本気で考えていくと、その本気が人にも伝わり、状況が少しずつ前向きに動き始めていくように思えるのです。


内海哲也

試合のストレスはその日の夜に晴らします。あんまり考えるとドツボにハマるだけ。忘れることです。知り合いのマスター、友達にグチを聞いてもらう(笑)。そして次の登板はまっさらの状態で臨みます。


レイ・クロック

「働くこと、働かされること」を楽しまなければならない。これはすべてのビジネスマンに言えることだ。


葛西敬之

育てられるものと育てられないもの、引き継げるものと引き継げないものがある。仕事は引き継げても人との繋がりは引き継げない。


中嶌武夫

お金を儲けて財産を残すというのも、ひとつのやり方でしょう。しかし私は、それがすべてではないと思っています。目標を自分で立てて、その目標に向かって精進努力をしていくことに生きがいや喜びを感ずることこそが大事ではないのかと。


内藤京子

ビジネスパーソンが最も頭を悩ますのが「お願い」「お断り」など言いにくいことを伝える局面です。相手に何かをお願いしたり、申し出を断ったりするのですから、いつも以上に言葉に慎重になります。こうした場面で役立つのは「クッション言葉」。相手を思いやる前置き文で始めることで相手の心をほぐし、受け入れ態勢を作らせるのです。たとえば、何かをお願いするときは、「恐れ入りますが」「ご面倒ですが」「ご足労ですが」などのクッション言葉を言ってから、本題に入ります。お断りのときは「せっかくですが」「残念ながら」「あいにくですが」などの言葉を添えます。実はこのクッション言葉、ビジネス敬語における強力ワードです。たとえ、この後に続く敬語があまり流暢でなかったとしても、クッション言葉があることで全体的に丁寧で感じのいい言葉遣いに聞こえるのです。


遠藤保仁

日本人は、上の人から「これをやりなさい」と指示を出されると、与えられた指示を忠実にこなそうとします。これは日本人の長所でもあるのですが、個性を殺してしまうことにもつながります。サッカーでは、それぞれが「個」を活かしたプレーができないと、局面を打開することができません。だから、あまりに細かい指示を出すのは、日本人選手に対してはマイナスではないかと考えます。


村田昭治

よく先輩にいわれて、わたしの頭のなかで鳴りつづけている言葉がある。そのひとつが「勇気をもて」だ。蛮勇に近い勇気をもて、勇み足をすることをひるむな、そこから新しいものが生まれてくるという教えだ。


高島郁夫

情報はアウトプットの素材です。料理人の仕事はカレーやサラダをつくることであって、冷蔵庫に食材を溜め込むことではないでしょう。それと同じです。情報をどんなにためても、アウトプットできなければ意味がない。


ページの先頭へ