名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

逢坂剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

逢坂剛のプロフィール

逢坂剛、おうさか・ごう。日本の小説家、推理作家。直木賞受賞者。東京出身。中央大学法学部法律学科卒業後、大手広告代理店の博報堂に入社。企業PRの仕事に従事する。その後、博報堂に勤務しながら執筆活動を行い多くの小説を書き上げた。31年勤務後同社を退社し専業作家となる。主な受賞歴に『暗殺者グラナダに死す』でオール讀物推理小説新人賞、『カディスの赤い星』で直木賞・日本冒険小説協会大賞・日本推理作家協会賞を受賞。

逢坂剛の名言 一覧

作家にとって子供のころの読書の経験も大きい。自然と頭に入った文体、語らい、思想は小説を書くうえで重要な資質になります。私の場合、とくにグリム童話をよく読みました。民話を集めたものですが、正しい心、邪な心など小説の下になる人間の原始的な欲望が詰まっています。また、ストーリー展開の参考にもなり、大人になってからも読み返しました。


作家として大切なことは、世の中の動きに対する好奇心を持ち続けることです。「なぜ、何人もの中年男性が美人とはいえない女性に騙され、簡単に殺されてしまうのか」。事実は小説より奇なりとよく言いますが、世の中の動きに敏感になっていれば、小説のネタに事欠くことはありません。また、自分の仕事を通して専門的な領域を深めていけば、他の人には書けない独自の題材を見つけられます。


公私の区別はきちんとつけました。原稿を書くのは退社後と土日の休日のみ。職場で原稿を書くことは一度たりともありません。職場では仕事に全力投球しました。この点はビジネスマンと作家の生活を両立させるキーポイントです。


「直木賞作家ともなれば、独立してやっていけるでしょう」という人もいたが、そうした気に私はなれませんでした。私は、新製品や新規事業の情報などを入手して、それを世の中に発信する時代の最先端を行く職場に身を置くことで、大きな刺激を得ていたからです。また、小説を書くことで気分転換になり、仕事にもプラスに作用しました。ビジネスマンを続けながら作家活動をすることは、私にとってまさに一石二鳥でした。


定年後に何の目標も持てずに無為な時間を過ごしている元ビジネスマンが多いといいます。もし、小説を書いてみたいという気があるのなら、できるだけ早い時期から挑戦してほしい。


逢坂剛の経歴・略歴

逢坂剛、おうさか・ごう。日本の小説家、推理作家。直木賞受賞者。東京出身。中央大学法学部法律学科卒業後、大手広告代理店の博報堂に入社。企業PRの仕事に従事する。その後、博報堂に勤務しながら執筆活動を行い多くの小説を書き上げた。31年勤務後同社を退社し専業作家となる。主な受賞歴に『暗殺者グラナダに死す』でオール讀物推理小説新人賞、『カディスの赤い星』で直木賞・日本冒険小説協会大賞・日本推理作家協会賞を受賞。

他の記事も読んでみる

孫泰蔵

成功している人は、純粋な思いをずっと持ち続けている人なのです。周りを見ても、同時期に始めた人は殆ど消えてしまったが、その中で残っている人は純粋な思いを抱え辛抱してやってきた人です。


薄井隆博

設立当初は企業規模の拡大にも積極的ではありませんでした。しかし、「この会社でずっとやっていきたい」と、当社を自らの働き場として考える人たちも増えてきました。そして巣立っていった社員たちの事業が上手くいかず、撤退するケースがあることも耳にしました。そこで、グループとして相互に連携することで、よりリスクの少ない経営ができるのではないか。メンバーのために、もっと大きな企業を目指すようになりました。他者のためという気持ちが、経営者として新たにステップアップする力となったのです。


加護野忠男

外部の投資家は将来の安定よりも、目先の利益を見て、経営に間違った圧力をかけてしまう。


川島永嗣

英会話のテキストや雑誌の英語特集を買って読んだり、DVD教材やラジオから学んだり、英会話教室に通ったりしてあらゆる勉強法を片っ端から試しました。そこで気づいたのは、1つの方法にこる必要はないということです。僕はサッカー以外のことは飽きやすく、1つのことが続かない性格です。でも続かないのは、英語への興味が薄れたからではなく、教材や勉強方法に飽きたから。であれば、勉強法にこだわらず、その気分で変えることが、続けるコツだと思いました。


ショーペンハウエル

我々は他の人たちと同じようになろうとして、自分自身の4分の3を喪失してしまう。


山極毅

80の質問に答えていただき、その人の個性を形作る5つの因子を把握します。どのような状況で活躍できるのか、またどのような時にストレスを感じるかが分かるので、生産性向上の解決策が具体的に提示できます。


小林英二(コンサルタント)

環境が合わないことに腐ってしまわず、仕事を楽しめるように工夫しましょう。例えば社内の英語公用化で苦手な英会話を学ばないといけないとしても、野球が好きなら大リーグ中継を英語で観るなどすればいいのです。人より多く努力をしなければいけないとしても、工夫次第で楽しくすることは可能です。


石森康一郎

専門家を積極採用し、会社を大きくするよりも、むしろ社外にある優れたリソースを十分に活用していくことの方が効率的であり重要だと考えています。


佐々木大輔(経営者)

社長でも、気軽に声をかけられて、話しかけられる存在でいたい。


山田洋太

アプリなどを使って行動を可視化するのもセルフマネジメントのコツ。


森田仁基

当時は会社の業績も低迷中で、社員の問にも、「うまくいかなかったらどうしよう」というネガティブな空気が生まれやすかった。だからメンバーとこまめにコミュニケーションを取り、「先の売上げを心配するのではなく、今は良いものを作ることだけに集中しよう」「本当に良いものを作るためならコストもかけていい。必要なら僕が予算を取ってくるから」という話はよくしました。そうして不安の種を取り除くことで、最終的には僕が働きかけなくてもメンバー同士でやる気を高め合う、非常に前向きなチームに成長しました。


松田丈志

「この選手のためなら力になりたい」。そう思わせる選手ほど結果を出していると気づいた時、五輪でメダルを獲るには仲間の力が必須で、応援されるような選手にならなければと思った。