名言DB

9412 人 / 110637 名言

速水優の名言

twitter Facebook はてブ

速水優のプロフィール

速水優、はやみ・まさる。日本の経営者、銀行家。日商岩井社長、日銀総裁。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、日本銀行に入行。同行で理事を務めた後、日商岩井(のちの双日)に移り専務を経て社長・会長を務めた。その後、経済同友会代表幹事や日銀総裁、輸省航空審議会委員長、財団法人国際開発センター理事、経済企画庁参与などを務めた

速水優の名言 一覧

リスクを減らすためには、好奇心を増やせばいい。


改革を成すには冷静な判断と勇気ある決断が求められる。
【覚書き:上記は日商岩井社長時の発言】


寝ているものが転んだためしはない。社内に閉じこもり、上の方ばかり向いていたのでは転びもしないし怪我もしないだろう。しかし、会社には全くプラスにはならない。


速水優の経歴・略歴

速水優、はやみ・まさる。日本の経営者、銀行家。日商岩井社長、日銀総裁。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、日本銀行に入行。同行で理事を務めた後、日商岩井(のちの双日)に移り専務を経て社長・会長を務めた。その後、経済同友会代表幹事や日銀総裁、輸省航空審議会委員長、財団法人国際開発センター理事、経済企画庁参与などを務めた

他の記事も読んでみる

深野康彦

莫大な額の損失を被らない限り、定期収入のあるビジネスマンは、長期的な視点に立つことで短期的な損失を取り戻すことができます。そのためにも、30代や40代の早いうちから投資を始める必要があるのです。


伊藤正裕(起業家)

情報が与える印象に気を付けてください。多分に操作されていますから。とりわけ、視覚に訴えるグラフには注意が必要です。グラフを見るときは、出所や目的をしっかり理解する必要があります。制作者の意図を見抜き、分析しなければならないのです。


北条早雲

「多人数の者と交わっては、差出がましくして事を起こすようなことがあってはならぬ」という言葉があるが、何事もしなくてよいことは、他人に任せればよい。


田中仁(経営者)

「A案とB案で集客効果が高いのはどちらか」といった議論に時間をかけるのは「ムダ」だと考えています。「やってみなければ効果や結果が分からない仕事」は、とにかく早く決定していくことが大事です。どちらかに「エイヤッ」と決めて、A案がダメならば、次はB案に替えればいい。


臼井由妃

会話中にいい話だなと思ったときにメモをとると、相手には関心を持って話を聞いていることが伝わります。目上の人には「すごくいい話なので、メモをしてもいいですか」と断ってメモをすれば、うなずきや相づち以上の効果があります。


平井正修

禅の修行を積むと人並み外れた集中力や忍耐力といった、特別な能力が身につくと考える人が多いようだ。しかし、禅の修行とは、むしろ逆で、捨てるために行うものなのだ。


山田義仁

往々にして組織の壁に陥りやすいんですが、それを乗り越えようという意思が会社の中にはあるし、それを引き出すのが僕の役割ではないかと思います。


唐池恒二

「荒波が来ても、真正面にぶつかれば転覆しない」。これは嵐の中での操船の心得です。どんなに大きな船でも、波から逃げようと横向きや後ろ向きになったら転覆してしまう。逃げずに真正面から立ち向かう重要性を教えてもらった言葉です。


中井政嗣

使命感は、「知っている」ことではなく「やっている」ことからしか生まれない。やり続けていると使命感も積み重なり、やるべきことが増えていくだが不思議なことに、少しも大変だとは思わない。それどころか、あれもこれもできるようになっていく。人間の中にある無限の力すら感じる。


篠原欣子

企業、あるいは組織は、常に新しい血を入れて揺さぶりをかけなければ停滞してしまう。異質な存在を入れて揺さぶりをかけることが成長には必要。


澤田秀雄

創業社長は何から何まで自分でやろうとしてしまいがちですが、引き際を見極めることも大切です。旅行業界では今、ツイッターやフェイスブックなどSNSを使ったツアーなどが急速に伸びています。ただ、私自身はSNSがよく分かりません。こういう感性は若い人でないと分からないと私自身割り切って、後任にどんどん任せています。自分で勉強すればできないことはないでしょうが、効率的ではありません。


マザー・テレサ

助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。ですが、気にすることなく助け続けなさい。


大橋光夫

私が社長に就任した時期は、経済環境が大きく変わり、戦後最大の不況といわれた時期でした。当時は、自分の身体はどうなってもいいという思いで、日々仕事にあたっていました。


南場智子

できるだけ提携交渉の枠組みはシンプルにした方がよいですね。もちろん役割分担や収益の分け方など、実際は細かい議論が必要です。けれども、まずシンプルな考え方に合意し、詳細の迷路に入ったら、お互い合意した大枠の考え方に立ち返って決めていくとよいでしょう。


川淵三郎

Jリーグは、プロ野球の真似をしても成功するわけがないと思っていました。当初、イメージとしてあったのは、ヨーロッパのクラブ組織です。地域の人々から愛されている地元密着型のクラブチームがあって、そのクラブが設置した施設で、地域の人々がスポーツを楽しむ。そういう環境が日本にあったらどんなにいいだろうと、ずっと夢見てきました。