名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

速水優の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

速水優のプロフィール

速水優、はやみ・まさる。日本の経営者、銀行家。日商岩井社長、日銀総裁。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、日本銀行に入行。同行で理事を務めた後、日商岩井(のちの双日)に移り専務を経て社長・会長を務めた。その後、経済同友会代表幹事や日銀総裁、輸省航空審議会委員長、財団法人国際開発センター理事、経済企画庁参与などを務めた

速水優の名言 一覧

リスクを減らすためには、好奇心を増やせばいい。


改革を成すには冷静な判断と勇気ある決断が求められる。
【覚書き:上記は日商岩井社長時の発言】


寝ているものが転んだためしはない。社内に閉じこもり、上の方ばかり向いていたのでは転びもしないし怪我もしないだろう。しかし、会社には全くプラスにはならない。


速水優の経歴・略歴

速水優、はやみ・まさる。日本の経営者、銀行家。日商岩井社長、日銀総裁。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、日本銀行に入行。同行で理事を務めた後、日商岩井(のちの双日)に移り専務を経て社長・会長を務めた。その後、経済同友会代表幹事や日銀総裁、輸省航空審議会委員長、財団法人国際開発センター理事、経済企画庁参与などを務めた

他の記事も読んでみる

ジム・バグノーラ

社員1人ひとりがリーダーになることがビジネスの永続性を生み、会社の成長へとつながっていく。


大久保恒夫

自部門で損失を出しても、他部門に協力したり支援したりする人なら高い評価を与えます。そういう人は会社全体にとても貢献している人材ということですから。逆に、自部門の数字をよくしても、他部門に迷惑をかけているような人であれば、低評価とします。


ヴォーヴナルグ

哲学とは、ある種の人々が大衆を馬鹿にするために装う古い流行である。


原口博光(経営者)

個室にこもって計画をつくる。官僚であればそれで仕事が終わってしまうこともありますが、当社ではその先にある実行フェーズを軌道に乗せることが死活問題です。現場で汗を流し、社員たちと信頼関係を築かないことには、情報も上がってきません。計画を立てることさえできないのです。


土屋裕雅

社内の人やお客様が、石調のフライパンを欲しいなんて言わないのも事実。そこはずっとトレンドを追いかけていって、この次にこういうのが来るんじゃないかということを見極めて出すのです。その上で声としてあがるのが、たとえばフライパンなら、「焦げ付きにくい」や「重いのが嫌だ」とか。そういうトレンドとニーズとを合わせるのです。


瀧本哲史

コンサルタント時代、売上高が数兆円規模の日系企業を担当しました。私のクライアントだった常務は、「間違ってこの会社に入ってきたのだな」というぐらい浮いていました。非常に頭がキレるのですが、社内では「ノリが軽すぎる」と受け止められているようでした。私は「これだけ優秀な人でも、この会社では常務止まりか」と思っていましたが、それから社内で大きな変化が起こり、その常務は社長に抜擢されました。このケースでは、常務より上席にいた「主流のエリート」は、環境の変化で傍流に変わってしまいました。


藤森義明

私の最終的なミッションは、LIXILを海外市場で1兆円稼ぐ本物のグローバル・カンパニーに育てあげたうえで、そのグローバル・カンパニーの舵取りができる人材にバトンタッチすることです。


田中雅子(コンサルタント)

各自の強みに合った役割を割り振ることで、仕事が上手くいくだけでなく、メンバーが「自分の強みを活かそうとしてくれている」と感じ、モチベーションが高まって、自発的に動くようになります。


藤田田

昭和50年4月1日は、日本の人口分水嶺、すなわち昭和20年8月15日を境に、それ以前と以後に生まれた日本人の比率が、50対50になる日である。戦後生まれを顧客の主軸とするわが社は4月1日以降、毎日3000人ずつ客が増加していくことになる。まさに「追い風」である。(覚書き|藤田氏は客観的な数字のデータを経営に大きく取り入れていた。発言にも細かい数字データを多用した)


中川大志(俳優)

「わからないこと」がたぶん、僕にとってすべての原動力なんです。


松本晃(経営者)

原点は、松下幸之助さんの教えですよ。ある部下が新しい事業を立ち上げたいと提案してきたとき、幸之助さんは3つだけ質問したというんです。

  1. 「それは世のためになりまっか?」
  2. 「その仕事やって、あんたウキウキしまっか?」
  3. 「その仕事、儲かりまっか?」

この3つでおしまい。僕は幸之助さんみたいに頭が良くないんで、2番目は省略させてもらっていますが、要するにビジネスで本当に重要なのは、この3つだけなんですよ。


林野宏

自分のポジションよりもつと上から俯瞰して、「自社や在籍する部署が抱えている問題は何か」と考える。解決策を考えたり、実行したりすることができるようになると、実力がついた証拠。周囲より抜きん出るようになり、ツキが回ってくる。