名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

迫本淳一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

迫本淳一のプロフィール

迫本淳一、さこもと・じゅんいち。日本の経営者、弁護士。「松竹」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業、同法学部卒業。松竹映画劇場入社、弁護士登録、三井安田法律事務所入所、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)ロースクール修了、ハーバード大学ロースクール客員研究員、松竹顧問、副社長などを経て社長に就任。

迫本淳一の名言 一覧

楽なほうへ流されやすいのが人間ですが、苦しい時、辛い時に何をするかが人生に大きな差をもたらす。


一致団結して、新しい挑戦をしていけば、自ずと新しい人材が育ってくる。


松竹作品は基本的には「人材」ですので、チームワークでコツコツやってきたことが実ったと思っています。


演劇も映画も人と人との連携で作っていくので、リスクのボラティリティが高い。良い脚本が思った通りに出てくるとは限りませんが、それでも継続して作り続けていかなければ強いチームはできません。


若い世代をきちんと売り出していくことが、歌舞伎人気を盛り上げていくためにも、非常に重要なこと。


大衆娯楽だった映画も、今はある一定のファンを中心とした娯楽に変わっていると思います。我々は心に残る作品を作り、地上波、衛星波、DVDなど、色々な形で使っていただけるようにしていきたい。


演劇や映画というボラティリティの高い事業を支えるためにも、安定収益源として歌舞伎座にオフィスビルを作るなど、不動産収益でその原資を確保する体制にしています。その上で、非常に優秀な人が育ってきてくれたということだと思います。


ネットの時代は作品と消費者が直結しています。我々は強いコンテンツを作ることに基軸を置き、それを様々なウィンドウで展開しています。今後はさらに他社と連携した作品づくりを考えていきたい。


好調でもまだ油断はできません。今の松竹には「定番」がありませんから、新しい年になるとゼロスタートです。お客様からのご要望も多いのですが、『男はつらいよ』、『釣りバカ日誌』のようなシリーズが作れるようになってくれば本格的な基調になってくると思います。今、それを仕込んでいるところです。


これからは組み合わせの時代だと思います。我々の特徴である映画、演劇の物づくりを深掘りし、ネットなどと組むことで世界的に展開していきたい。


歌舞伎や映像の事業には、リスクがあります。そのリスクを吸収できるように、築地松竹ビルや歌舞伎座タワーといったオフィスビルをつくってきました。おかげさまで、不動産事業から安定収入を得られる体制をつくりましたので、より良い映像をつくっていきたいと思っています。


明治時代や昭和の戦後も、同じように名俳優が続々亡くなられた時があった。その時も先輩たちがそれを乗り切ることで、新しい世代が育ってきた。今回も、ベテランや若手の俳優さんたちが、自分たちがやらなければいけないという危機感を持って頑張ってくれたことがとても大きかった。


我々は良い歌舞伎をつくるだけではなく、歌舞伎の俳優さんがスターになり、いろいろな形で歌舞伎というものへの興味を持っていただける環境をつくっていくことが、何よりも必要。


国際化が進めば進むほど、日本人として日本文化を知っていなければいけません。その意味で、日本の文化が見直されていることがあると思います。それから日本文化は西洋のロジックの文化と質的に違います。「間(ま)の文化」「余白の文化」など、論理を超えたものをアピールできる時代になっているのではないでしょうか。


迫本淳一の経歴・略歴

迫本淳一、さこもと・じゅんいち。日本の経営者、弁護士。「松竹」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業、同法学部卒業。松竹映画劇場入社、弁護士登録、三井安田法律事務所入所、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)ロースクール修了、ハーバード大学ロースクール客員研究員、松竹顧問、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

北条重時

できるだけ素直な心になって、人の教訓を聞き容れるようにしなさい。教訓として物語るほどの事柄は、すべて悪い意味のものであるはずがない。だから10人の者の教訓に従うなら、良いことを10もすることになり、また、100人の者の教訓に従うならば、良い事柄を100する結果となる。


尾本一明

資格試験には漠然と勉強するのではなく、将来こうなりたいというイメージを描いて臨んだ。部屋の壁に、なりたい自分につながる著名人の言葉などを貼り、自分を鼓舞させていました。


伊藤與朗

うちは初島クラブのように破たんしたリゾートを相次いで再生してきました。経験から言えば、再生とはビジネスモデルをガラリと変えることです。まず、社員の質の低下は絶対に避ける必要があります。悪い期間が長すぎると、本業が劣化してどうにもならなくなります。再生事業は生ものを扱うわけですから、この点でも悠長に構えず、危機感を持って事に当たらないと間に合いません。


武田良太

過去を見てください。利用客も少ない、発着便も少ない、使い物にならない地方空港がほとんどですよ。だったら早く全国に高速道路を網羅して、拠点、拠点に思い切った物流拠点を作ればよかった。私はそう主張してきました。安物買いの銭失いで突っ走ってきた。それが一番お金の無駄使いだったんです。考えて集中的に投下することによって、トータルでいけば安くあがる。一つの事業で見れば大きなお金になるけれど、バラバラに投下していったもののトータルに比べれば安いケースもある。そこのところを見極めなきゃいけないと思いますね。今特区制度などがありますが、産業特区を作るのもいいし、地方特区もいい、とにかく街、産業、企業、そうしたところをしっかり抽出しながら思い切った投資をすべきで、中途半端なことはもうしてはいけません。


佐藤富雄

毎日、定時に出社して定時になえるという人は、早起きをしていつもより早く家を出て、雰囲気の良いホテルで朝食をとり、ゆっくりコーヒーを飲んでから出社してはいかがでしょうか。いつもと違う通勤ルートで出社するのも手です。環境や行動が変わると、脳は刺激を受けて活性化します。新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができるでしょう。


須藤元気

2年ほど前から短期で英語を学びに行っていたのですが、夢を持って留学してくる若者がたくさんいて、一緒に学ぶのがすごく楽しかった。何度か通ううちに経営者の方から、QQイングリッシュ校長への就任を依頼されました。セブは海もきれいでダイビングも楽しめるなど、とても魅力的な場所。楽しみながら、かつ効率的に英語を学べるプログラムをつくりたいと思っています。


小西正行

掃除をみんなですると20歳から67歳の社員がひとつにまとまる。この会社をよくしていこうという意識にもなる。


柳井正

大多数の日本企業は、いまだにクライアントサーバー型にとどまっていて、作業や仕事を同時進行し、同期化する感覚を持てずにいます。ですからリーダーについても柔軟に考えることができない。リーダーはその仕事にふさわしい人がなればいいし、これからは一人一人が全体最適を考えながら自立し、その力が有機的につながっている会社を目指すべきだと思います。


永井浩二(経営者)

変わらないと飛躍できない。


北川登士彦

当社の仕事は賃貸管理ではない。お客様や社会のニーズを探り、解決することで、価値を創造することだ。


永守重信

現場で不正や不祥事が起きるのは、経営者が現場に緊張感を持たせる経営をしていないからではないか。社員に圧力をかけてピリピリさせろということではない。経営者が現場の強さを引き上げようと常に努力することだ。そのためには現場に入り浸り、研究開発やものづくり、営業の前線で何が起きているのかを日頃から把握しておく。こうすれば自ずと、現場に緊張感が保たれる。


和田秀樹

やる気をオフにする大切さも忘れないでください。自分のキャパを超える仕事量を頼まれたとき、ものすごく評価される見込みがあるなら挑戦してもいい。でも、ツラいだけなら、ここまでしかできませんでしたと正直に申告していいんです。自分を追い込んで、ムリを重ねると、さらにドンドン押しつけられてオーバーワークになります。大事なのは、やる気をコントロールすること。出し続けるだけでも、不足してもダメ。