名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

迫本淳一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

迫本淳一のプロフィール

迫本淳一、さこもと・じゅんいち。日本の経営者、弁護士。「松竹」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業、同法学部卒業。松竹映画劇場入社、弁護士登録、三井安田法律事務所入所、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)ロースクール修了、ハーバード大学ロースクール客員研究員、松竹顧問、副社長などを経て社長に就任。

迫本淳一の名言 一覧

楽なほうへ流されやすいのが人間ですが、苦しい時、辛い時に何をするかが人生に大きな差をもたらす。


一致団結して、新しい挑戦をしていけば、自ずと新しい人材が育ってくる。


松竹作品は基本的には「人材」ですので、チームワークでコツコツやってきたことが実ったと思っています。


演劇も映画も人と人との連携で作っていくので、リスクのボラティリティが高い。良い脚本が思った通りに出てくるとは限りませんが、それでも継続して作り続けていかなければ強いチームはできません。


若い世代をきちんと売り出していくことが、歌舞伎人気を盛り上げていくためにも、非常に重要なこと。


大衆娯楽だった映画も、今はある一定のファンを中心とした娯楽に変わっていると思います。我々は心に残る作品を作り、地上波、衛星波、DVDなど、色々な形で使っていただけるようにしていきたい。


演劇や映画というボラティリティの高い事業を支えるためにも、安定収益源として歌舞伎座にオフィスビルを作るなど、不動産収益でその原資を確保する体制にしています。その上で、非常に優秀な人が育ってきてくれたということだと思います。


ネットの時代は作品と消費者が直結しています。我々は強いコンテンツを作ることに基軸を置き、それを様々なウィンドウで展開しています。今後はさらに他社と連携した作品づくりを考えていきたい。


好調でもまだ油断はできません。今の松竹には「定番」がありませんから、新しい年になるとゼロスタートです。お客様からのご要望も多いのですが、『男はつらいよ』、『釣りバカ日誌』のようなシリーズが作れるようになってくれば本格的な基調になってくると思います。今、それを仕込んでいるところです。


これからは組み合わせの時代だと思います。我々の特徴である映画、演劇の物づくりを深掘りし、ネットなどと組むことで世界的に展開していきたい。


歌舞伎や映像の事業には、リスクがあります。そのリスクを吸収できるように、築地松竹ビルや歌舞伎座タワーといったオフィスビルをつくってきました。おかげさまで、不動産事業から安定収入を得られる体制をつくりましたので、より良い映像をつくっていきたいと思っています。


明治時代や昭和の戦後も、同じように名俳優が続々亡くなられた時があった。その時も先輩たちがそれを乗り切ることで、新しい世代が育ってきた。今回も、ベテランや若手の俳優さんたちが、自分たちがやらなければいけないという危機感を持って頑張ってくれたことがとても大きかった。


我々は良い歌舞伎をつくるだけではなく、歌舞伎の俳優さんがスターになり、いろいろな形で歌舞伎というものへの興味を持っていただける環境をつくっていくことが、何よりも必要。


国際化が進めば進むほど、日本人として日本文化を知っていなければいけません。その意味で、日本の文化が見直されていることがあると思います。それから日本文化は西洋のロジックの文化と質的に違います。「間(ま)の文化」「余白の文化」など、論理を超えたものをアピールできる時代になっているのではないでしょうか。


迫本淳一の経歴・略歴

迫本淳一、さこもと・じゅんいち。日本の経営者、弁護士。「松竹」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業、同法学部卒業。松竹映画劇場入社、弁護士登録、三井安田法律事務所入所、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)ロースクール修了、ハーバード大学ロースクール客員研究員、松竹顧問、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

デービッド・アーカー

振り返ると、様々な市場において、ブランドが大きく成長するのは新たなサブカテゴリーが定義された時でした。私はそれを、日本のビール市場を過去40年間遡って分析した時に発見しました。ビール市場は40年間で4回、市場シェアの順位が変化しています。4回のうち3回はアサヒのスーパードライ、キリン一番搾り、そして発泡酒が生まれた時でした。4回目は、2つのサブカテゴリーが再定義された時。つまりドライビールが再定義された時と、キリンがラガーからドラフトへ転換した時でした。ビールに限らず、同じような現象が多くのカテゴリーで起きています。


枡野俊明

何かの結果を求めて働くのではなく、日々の仕事をひとつひとつこなすことによって未来は開けるのです。ときにはいい加減な日があってもいい。完璧でなくても努力を継続するほうが、最終的には大きな目標に到達できるはずです。


村田早耶香

やるべきことでも実力不足ですぐにはできないこともありましたし、実行したものの効果を得られなかったということもあります。そういう意味では、有効と思われる手段を考えたら、成果を焦らずトライ&エラーを繰り返すことがとても重要です。


倉重英樹

楽しく仕事をしていたら社員の顔が明るいはずです。外部の方が来られて「社員の顔が明るいね」と言っていただけることが、私は一番嬉しい。


斎藤一人

お金が出ているときは、知恵が出ていないときだよ。商人は金を出すな、知恵を出せ。


本田宗一郎

本田技研って会社が今日あるのは、パートナーがよかったからってだけじゃない。最大の理由は会社に若さがあったってことだろう。俺も藤沢も若かったけど、周りがみんなもっと若くて、エネルギーのある奴らばかりだったんだ。若い社員たちは、俺がどんなに叱ろうが、怒鳴ろうがびくともしない。かえってやる気を起こすんだ。これが年寄りばかりだったら、そうはいかないよね。


永井浩二(経営者)

これまでの経験から、担当者一人ひとりがお客様と対話を重ね、信頼される大切さを実感しています。お客様といい関係が築ければ、企業としても成長できる。そう確信しています。


水口和彦

メールを利用するメリットは、電話と違って「自分の都合のいい時間に処理できること」だったはずです。しかし、昨今はメールに振り回されて、自分の仕事のペースを乱されている人が増えているようです。メールのメリットを最大限に活かすには、メール処理を自分のコントロール下に置くことです。それを意識してメールの使い方を見直すだけで、仕事の効率は格段に上がるでしょう。


稲盛和夫

フィロソフィは経営者やリーダーだけでなく、中間管理職も新入社員も、働く人すべてに必要なこと。世の中のビジネスマンは、「仕事に哲学なんて必要ない」と思っている人が大半。そういう人に対して、人生や社会生活においていかに哲学が重要かを言って気づかせてあげるのは、リーダーや管理職の仕事。


佐藤有美(経営者)

自分とは違う価値観を知ることで、新しいアイデアが生まれることもある。


弘兼憲史

目の前のことを一生懸命やり続けることで経験値が積み上がり、仕事の質も高めていける。


野田順弘(オービック)

弊社の専務は毎朝8時に出社して、会社のそばの喫茶店でコーヒーを飲みながら出社してくる社員たちを眺めています。そこでいつもと顔色の違う社員を見つけたら、あとで必ず声をかけに行く。職場の階が違ってもわざわざ出向いていくのです。もちろん部下がいつもと同じ様子でも、普段から積極的に声をかけます。彼はそうやって毎日200人以上の社員と言葉を交わしています。こうしたコミュニケーションの積み重ねが、上司と部下の信頼関係をつくっていくのではないでしょうか。