迫本淳一の名言

迫本淳一のプロフィール

迫本淳一、さこもと・じゅんいち。日本の経営者、弁護士。「松竹」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業、同法学部卒業。松竹映画劇場入社、弁護士登録、三井安田法律事務所入所、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)ロースクール修了、ハーバード大学ロースクール客員研究員、松竹顧問、副社長などを経て社長に就任。

迫本淳一の名言 一覧

楽なほうへ流されやすいのが人間ですが、苦しい時、辛い時に何をするかが人生に大きな差をもたらす。


一致団結して、新しい挑戦をしていけば、自ずと新しい人材が育ってくる。


松竹作品は基本的には「人材」ですので、チームワークでコツコツやってきたことが実ったと思っています。


演劇も映画も人と人との連携で作っていくので、リスクのボラティリティが高い。良い脚本が思った通りに出てくるとは限りませんが、それでも継続して作り続けていかなければ強いチームはできません。


若い世代をきちんと売り出していくことが、歌舞伎人気を盛り上げていくためにも、非常に重要なこと。


大衆娯楽だった映画も、今はある一定のファンを中心とした娯楽に変わっていると思います。我々は心に残る作品を作り、地上波、衛星波、DVDなど、色々な形で使っていただけるようにしていきたい。


演劇や映画というボラティリティの高い事業を支えるためにも、安定収益源として歌舞伎座にオフィスビルを作るなど、不動産収益でその原資を確保する体制にしています。その上で、非常に優秀な人が育ってきてくれたということだと思います。


ネットの時代は作品と消費者が直結しています。我々は強いコンテンツを作ることに基軸を置き、それを様々なウィンドウで展開しています。今後はさらに他社と連携した作品づくりを考えていきたい。


好調でもまだ油断はできません。今の松竹には「定番」がありませんから、新しい年になるとゼロスタートです。お客様からのご要望も多いのですが、『男はつらいよ』、『釣りバカ日誌』のようなシリーズが作れるようになってくれば本格的な基調になってくると思います。今、それを仕込んでいるところです。


これからは組み合わせの時代だと思います。我々の特徴である映画、演劇の物づくりを深掘りし、ネットなどと組むことで世界的に展開していきたい。


歌舞伎や映像の事業には、リスクがあります。そのリスクを吸収できるように、築地松竹ビルや歌舞伎座タワーといったオフィスビルをつくってきました。おかげさまで、不動産事業から安定収入を得られる体制をつくりましたので、より良い映像をつくっていきたいと思っています。


明治時代や昭和の戦後も、同じように名俳優が続々亡くなられた時があった。その時も先輩たちがそれを乗り切ることで、新しい世代が育ってきた。今回も、ベテランや若手の俳優さんたちが、自分たちがやらなければいけないという危機感を持って頑張ってくれたことがとても大きかった。


我々は良い歌舞伎をつくるだけではなく、歌舞伎の俳優さんがスターになり、いろいろな形で歌舞伎というものへの興味を持っていただける環境をつくっていくことが、何よりも必要。


国際化が進めば進むほど、日本人として日本文化を知っていなければいけません。その意味で、日本の文化が見直されていることがあると思います。それから日本文化は西洋のロジックの文化と質的に違います。「間(ま)の文化」「余白の文化」など、論理を超えたものをアピールできる時代になっているのではないでしょうか。


迫本淳一の経歴・略歴

迫本淳一、さこもと・じゅんいち。日本の経営者、弁護士。「松竹」社長。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業、同法学部卒業。松竹映画劇場入社、弁護士登録、三井安田法律事務所入所、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)ロースクール修了、ハーバード大学ロースクール客員研究員、松竹顧問、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ハロルド・ジェニーン

批判されるのが好きな人間はいない。批判を受けた場合、最初の反応は防御と反撃の衝動だ。しかし、それは各自が努力して自制すべき種類の衝動だ。誰かが私と意見が合わない場合、私はキッとなるのを避けるために、意識的に後ろにもたれる姿勢をとるように努めた。私は自分が間違いを犯そうとしているかもしれないときには、誰かがそれを指摘してくれることをいつでも望んでいた。私は相手の言うことを聞き、見解を交換した。


安斎隆

40歳の時、日銀で総務局と営業局にまたがる3つの課を兼務する調査役という奇妙なポストを命じられました。直前まで日銀の金融政策決定に直接携わる企画局に籍を置いていた私は、「とうとう窓際に飛ばされたか」と落ち込みました。それまでの私は、エリート街道を歩んできたという自負もあり、ずいぶん傲慢だったと思います。部下と仕事を続けるうちに、部下の能力をどう生かすかを真剣に考えるようになりました。それまで、いかにして上に仕えるかを考えて仕事をしていましたから。


草刈貴弘

円高が企業収益に影響を与えるのは間違いありません。でも、それが本質的な企業価値にどう影響しているのかをきちんと見なければなりません。円ベースでは価値が下がっていても、実際にビジネスを展開している現地通貨ベースで伸びているかもしれませんから。


戸田博道

どうすれば、市場の変化に応じて機敏に動ける会社になれるか。企業にとってこれは永遠の課題でしょう。


須磨久善

何事においても100%というのはありません。ただし、万が一、ミスをしてしまったとき、あるいはチームの誰かがミスを犯してしまったときに、それをカバーするセーフティー・ネットを事前に被せておくことはできます。それは、手術の前に徹底的にシミュレーションすることです。起こり得る事態をすべて洗い出し、それに対する対策をすべて考える。ありとあらゆるアクシデントを想定して、それに対するオプションを考えておくのです。


鈴木喬(経営者)

海外に行ったときは、街のいろんなところを訪れます。街一番の高級住宅街も訪れますが、危ないから行くなと言われると行きたくなる性分で、その地区で一番治安が悪いスラムやハーレムにもよく行きます。インドのムンバイのスラムは本当に悲惨でかわいそうになりましたが、フィリピンのスラムは意外にもきれいで驚きました。おそらく、フィリピン人は掃除好きで、きれい好きなのでしょう。その国がどの程度清潔か、国民がどれほどきれい好きかは、私たちの商売に関係しますから、いつも気になります。


鈴木貴子(経営者)

当社の大きな課題は海外展開。焦らず、諦めずに、と考えています。地球儀を見ながら海外事業の策を練っています。


オダギリ展子

立てることで使い勝手がよくなる場合は、できるだけそうする方が得策です。ペン立てはもちろん、メモ用紙は空き箱の中に立てて保管、ファイルもボックスファイルやブックスタンドを利用することで使い勝手がよくなるでしょう。立てて置くメリットは、埋もれにくい、取り出しやすい、作業しやすいことがあげられます。そして、寝かせて置くよりスペースを取られないので机を広く使うことができるようになります。これは大きな利点といえます。


工藤公康

リーグ優勝して、日本一になって、栄冠をつかむ。1年間、極限の準備を積み重ねてきても喜べるのは、ほんの一瞬だけです。でも、その一瞬で、すべてが報われる。目標を達成したときの喜びは、最大級のものです。だからこそ、また目標に立ち向かっていくことができる。


遠藤良治

仕事や人との巡り合わせを大事にすることで、多くのことが学べる。今振り返ると、その一つひとつの積み重ねが己の道になっている。


神野元基

(人口知能型学習教材キュビナを)使えば32時間で1学年が終わります。普通はだいたい210~300時間かかりますから、7~10倍のスピードで学習できます。いまの悩みは、早くマスターした生徒が卒業してしまうことですね。


神田昌典

半年後のあなたは、いまこの瞬間に決まっている。半年後の計画がどれだけ具体的に決まっているかで、その人物の成長度がかわる。具体的な目標を掲げることができれば、半年前とは見違えるほど成長している。石の上にも三年。これは石器時代の話である。3ヶ月間、懸命にやってダメな場合は、3年ダラダラやっても同じことだ。


板倉雄一郎

よく、「若いうちはいくらでも失敗しなさい」なんてセリフを聞きますが、簡単にいうなよ、と思いますね(笑)。本物の失敗は本当に苦しい。できれば避けたいものです。しかし、「苦しいときほど自分が成長できる」という言葉がやはり真実であることも、僕は30代に学びました。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

チームを任せた相手を信じ、一切、横から口出しをしないというのは、簡単なようで難しいことです。ですが、経営においても、子育てにおいても、チームリーダーを信頼し、リーダーの頭越しに指示を出さないようにするのが良策です。


池田弘(経営者)

本来、日本人というのはチャレンジ精神が旺盛なんです。明治維新も戦後の復興も地方から若者が出てきて、新しい政治や経済をつくっていった。それがいつの間にか社会全体が保守的になって、危険なことはするなと。要するに、保守的にしていることで目の前の不安が一瞬消えてしまうんです。私から言わせてもらえば、保守的になろうとすること自体が危険なことであり、保守的になって、本来見るべきものを見ようとしなくなったことが、精神的に不安定な状態を招いているような気がします。


ページの先頭へ