名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

近藤秋男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

近藤秋男のプロフィール

近藤秋男、こんどう・あきお。日本の経営者。全日本空輸社長。大分県出身。九州大学法学部政治学科卒業後、日本ヘリコプター輸送(のちに全日空)に入社。人事課長、航務本部管理室長、営業本部営業部長、人事部長、取締役営業副本部長、常務取締役、沖縄全日空リゾート社長、全日空副社長などを経て社長に就任。

近藤秋男の名言 一覧

私は個々人のいいところを引き出すことは無論大切だが、一人の人間のいいところだけを引っぱり出しても大きな力は生まれないと考えているんです。それより、もっと大きな力を発揮させるために部なりチームなり全体のパワーアップを図った方がいい。


近藤秋男の経歴・略歴

近藤秋男、こんどう・あきお。日本の経営者。全日本空輸社長。大分県出身。九州大学法学部政治学科卒業後、日本ヘリコプター輸送(のちに全日空)に入社。人事課長、航務本部管理室長、営業本部営業部長、人事部長、取締役営業副本部長、常務取締役、沖縄全日空リゾート社長、全日空副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

大東隆行

「どれだけ自分を捨てられるか」が大事です。業績が伸び悩んでいる店舗の店長は、「自分が、自分が」となっていることが多い。そんなときこそ、お客様の視点、従業員の視点でものを考えられるかが勝負です。自分を殺して相手の視点で考えられるようになると、言葉ひとつひとつも変わってきます。ちょっとした姿勢、態度、言葉づかいの違いが本当に大きいんです。


柳澤大輔

ネットを活用して売上を伸ばすにも、いくつか方法があります。ECサイトで収益を高める方法もあれば、会社の知名度を上げて将来的な実を取るといった手法も考えられます。まずは自社のウェブサイトをどう活用して売上につなげるのか、数値的なシミュレーションを立てる必要があるでしょう。


森泉知行

本格的にダメになってから行動するのではもう遅い。私は、たとえ調子がよくても、危機の兆しが少しでも見えたら、変えなければいけないと考えています。


川西勝三

目標が達成されるときは、どのような条件が整ったときなのか、ということを設定する必要があります。目標達成への絶対的条件は何かと考えるのです。それは、日本一という目標をブレークダウンして条件に分けてみるという作業です。


八巻大介

創業経営者なら、自分の思いを発信することを中心にしてよいのかもしれません。でも、私は後継者。モットーにしているのは「共感と合意」です。社員が私の思いに「共感」してくれるところまで行けばベストですが、そこまで行かなくても、せめて「合意」だけはしてものごとを進めたい。それが社員のモチベーションを高め、彼らの能力を最大限に発揮することにつながり、結果的につくば食品が社会に貢献できる企業になる――そう信じています。


太田肇

職場で犠牲バントをしようと思ったら、職場の得点になる仕方をしなくては意味がない。職場のメンバーの利害を見抜き、その利害に上手くフックするポイントを見通して、単に、誰もがやりたくないことを買って出るのではなく、誰もがやりたくないけれど、それをやれば確実に職場にメリットがあるポイントだけを狙って自己犠牲を果たすことだ。


石橋正好

経営では当たり前の考え方である「自己資本を増やす」こと。これこそが安定した収入を得て、将来の安心を得る近道です。


金子源

最初は直営店のみでの展開を考えていたのですが、順調に行き過ぎたことでかえって危機感を抱くようになりました。店舗が増えたとはいえ資金が潤沢にあるわけではありませんし、銀行融資を受けるにしても限界があります。我々の成功を見て、資本力のある会社がこの業態に乗り出してくれば、すぐに店舗を増やし、市場を押さえられてしまいます。そうならないためには店舗出店のスピードを速め、市場を先に押さえる必要があると考え、フランチャイズ化に踏み切りました。


林田英治

私たちが見極めなくてはいけないのは、求心力と遠心力。財務的に難しい局面なら求心力を働かせてグリップを締めなくてはいけないし、逆に成長が見込める局面では遠心力を働かせてサポートしていく。


和田秀樹

頭のいい人というのは、物事を予想できる人のこと。そうなるにはたくさん失敗しなければならない。


是川銀蔵

私は1日1日、それこそ真剣勝負をやっておるんです。失敗しても誰も助けてはくれんし、自分の努力で運命を開拓していく以外、生き残る道はない。だから私は1秒、1分間に全力を傾けて真剣勝負を続けました。だからどんな状況の時でも正確な判断が要求され、それを下してきた。


大西賢

リーダーにとって一番難しいことは決断することでしょう。リーダーの仕事は、決断することだといっても過言ではありません。データがすべて揃った状態なら、誰だって正しい判断を下せると思います。しかし、様々なものがベールに包まれた状況の下で決断を下すのは、容易なことではありません。それが一番難しいことではないでしょうか。