名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

近藤由美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

近藤由美のプロフィール

近藤由美、こんどう・ゆみ。日本の投資戦略アナリスト、ノンフィクションライター。宮城県出身。明治大学文学部史学地理学科卒業後、複数の出版社で編集者として勤務。マネー雑誌『ダイヤモンドZAi』創刊メンバーとして参画などを経て独立。

近藤由美の名言 一覧

市場は往々にして国策の意図を察知して、それとは逆の動きをする傾向がある。


名投資家に共通するのが「不況こそがチャンス」「周りが悲観的になっているときが買い時」という発想。


近藤由美の経歴・略歴

近藤由美、こんどう・ゆみ。日本の投資戦略アナリスト、ノンフィクションライター。宮城県出身。明治大学文学部史学地理学科卒業後、複数の出版社で編集者として勤務。マネー雑誌『ダイヤモンドZAi』創刊メンバーとして参画などを経て独立。

他の記事も読んでみる

イーロン・マスク

まずは、起業すること。公算はその後からついてくるもの。


芦田昭充

情熱の源は業界ナンバーワン、いや、業界ダントツナンバーワンになってやろうという気持ちです。私、こう見えても負けん気が強いんですよ。


はあちゅう(伊藤春香)

これからはいろんなかたちで個人の価値を換金するサービスが登場して、好きなことを表現する活動を中心に生きやすくなるはずです。動画ECは、そうやって自由に生きるために便利。この前、『通りすがりのあなた』という著書のサイン本を動画ECで売ったら、すぐに完売しました。握手会を2回しないと売れないような冊数が、30分で売れたんです。それだけ距離を超えて感情に訴えられるツールなんです。


新海誠

『君の名は。』は、少し見方を変えれば「夢のお告げによって少女が救われる物語」と言うこともできると思うんです。隠された真実を夢が教えてくれる、夢の世界と現実の世界を行き来する。それって『古事記』や『源氏物語』といった日本の古典文学にも繰り返し描かれている、昔話の定番ですよね。日本人のコスモロジー(宇宙観)にも通ずる物語作りをしたからこそ、親しみやすい作品になったのかもしれません。


大山健太郎

360度評価は、社長の僕も受けています。評価は平等に行なわれなければ、公正さを維持することはできないからです。


ウォーレン・バフェット

初めから売りを考えて買うような株は、10分たりとも持ってはいけない。


重松清

物語を書くことは、星空の星を結んでいくようなものだと思うんです。昔の人は空を見上げて、ああも結べる、こうも結べるという中で星座をつくってきたわけです。当然、結ばなかった星も無数にある。ひとつの物語を書くというのもそれと同じように、いつも無数の結び方の可能性の中から選んで星座をつくっているわけです。そこには「語られなかった物語」が必ず残ってしまう。ときどき、過去に書いた自分の小説に対して、ああではない書き方をしたらどうなっていただろうと思うこともあります。反省とか後悔とかではなくて、結ばなかった星のことを想像することで、作者としての傲慢さが減るんじゃないか、と。


北川登士彦

社員はすぐに結果に結びつかない仕事だとその価値がわからず、つい自分のことを過小評価してしまいがちです。そのときは、「君がやった仕事は、たとえフィーが小さくても、必ず将来会社に大きな利益をもたらすきっかけになる」などと、真の価値を伝える。リーダーの最も大切な役割はそこにある。


水野敬也

僕はアシスタントたちとのブレストでも書記は自分でやっています。弁当や菓子を買ってきて配ることもあります。先輩後輩の関係にありがちな「いじり」は一切やりません。むしろ僕が、アシスタントたちからなめられるぐらいがいい。萎縮させずに自由に楽しくアイデアを出してもらうことが大事だと思っています。「最近の若者は打たれ弱い。もっと鍛えるべきだ」なんていう言説は、アイデア出しのためにはマイナスでしかありませんよ。


西村貴好

周りの人を褒め続けると、自分の周りでいいことがいっぱい起きるようになります。それは、褒めることによって最高の返事、すなわち行動を相手から引き出していることに他なりません。反対にダメな所ばかりを指摘しても、相手はなかなか行動を変えようとはしません。


枡野俊明

目標と上手に折り合いをつけて心穏やかに過ごすことは、不可能ではありません。禅の世界では、目標を先に設定してそれを達成すべく努力するという、一般社会とは反対の考え方をします。「今、できること」をそのつど一心に行なっていけば、結果は自ずとついてくる、という考え方をするのです。


船間隆行

創業時からの目標は、経営を安定させて、社員にいい待遇を提供できる会社にすることです。40年が経過し、給与体系も福利厚生も上場企業に負けない水準になりました。その意味では、目標を達成しつつあると言っていいでしょう。それを実現できたのは、売上を増やすことよりも、商品やサービスの質の向上に力を注いできたからだと思います。