名言DB

9412 人 / 110637 名言

近藤淳也の名言

twitter Facebook はてブ

近藤淳也のプロフィール

近藤淳也、こんどう・じゅんや。日本の経営者。「はてな」創業者。愛知県生まれ、三重県育ち。京都大学理学部卒業。ITベンチャーでプログラミングを学んだのち、はてなを創業。人力検索はてな、はてなブックマーク、はてなダイアリーなどのサービスを手掛けた。

近藤淳也の名言 一覧

批判精神がなくなると創造的な議論がなくなってしまう。


サービスを開発する過程で共通するテーマがあるとすれば「一般ユーザーの力を信じる」というものがあったかもしれません。


人ってそんなに悪い人、ヘンな人っていないじゃないですか? 会って、話して、それでもわかり合えない、ずっとヘンだ、っていう人はそうそういません。


ユーザーの困りごと、ニーズにはずっと応え続け、主体であり続けないといけない。


ユーザーが主役である、という点はずっと一貫してます。


「人力検索はてな」を始めたのが2001年7月でした。端的に言えば「アイデアを思いついたのでつくってみた」という感じですが。


自由な議論と、安心して発言できる場とのバランスを保つのが難しいし、コミュニティの維持・発展の肝だと僕は考えています。


僕の場合は能動的に、コミュニティに働きかけて変化を促す、ということはやってなくて、「今こういうモノを求めているユーザーがいるはず」と思って、場を作る。


集まってくれたユーザーが満足してくれるように場を運営していく。それを繰り返すことで、たまたまこれだけのユーザーが集まってくれた、ということじゃないかと。


特にコミュニティに関しては自分たちで内製しないとサービスは成功しない。それってユーザーとの対話みたいなものですから。外部で作ったものを提供しても、ユーザーに響かない。


便利で快適なほうを選択する、シンプルにそれだけのことだと思うんです。ネットは匿名であるべきだ、とか、実名じゃないと卑怯だ、という一種の思想よりも、個別の便利さのほうが上回るんです。


友だち同士で良いね、良いねって言い合っているのは心地良いかもしれませんが、少なくともパブリックな場所、色んな言論が行き交うという場所においては、異論が出てくる機会を確保しておかなければならないのでは。


相手が言うことを単に肯定するだけでなく、それに対して違う意見を表明することで、初めて議論の拡がりが出て、次の次元に議論が進めるということだと思う。


サービスひとつひとつには目的があります。日記を気軽に書けるようにする、ブックマークを共有できるようにする、というそれぞれの目的に特化して一所懸命開発してきました。


人力検索だけでは正直なところ人があまり集まらなかったんです。その後、はてなアンテナが生まれ、やっと数万単位のユーザーが使ってくれるようになって、はてなダイアリーでそれが数十万台に。その都度新しいユーザーが加わってくれて今のはてながあります。


近藤淳也の経歴・略歴

近藤淳也、こんどう・じゅんや。日本の経営者。「はてな」創業者。愛知県生まれ、三重県育ち。京都大学理学部卒業。ITベンチャーでプログラミングを学んだのち、はてなを創業。人力検索はてな、はてなブックマーク、はてなダイアリーなどのサービスを手掛けた。

他の記事も読んでみる

若松孝彦

顧客価値を充足させるのは「ソリューション」です。「自社の商品・サービスは、いかに社会課題や顧客価値を解決できるのか」を問い、すべての商品・サービスに「ソリューション価値」を付加する必要があります。


小宮一慶

企業では、若いうちは能力が最も重視されます。また最初は、誰がついていくべき優れた上司なのか、見分けるのが難しいと思います。自分のことを思って厳しいことを言ってくれているのか、無能な上司から嫌みを言われているのか、正しく判断できないケースも多いでしょう。ですので、若いうちは自分の能力を磨くことに集中して、同時に人を見る目を養うことです。


福森豊樹

事前にまとめた書類を提出させる方法もありますが、前日でも当日でも、考える内容はさほどかわりません。ならば、頭の中にあるものを、その場で書いてもらった方が早いのです。
【覚書き|同社の会議スペースに電子ホワイトボードが45機並んでおり、社員たちが自分の考えをまとめて書き込んでいる理由について語った言葉】


榊原定征

閉じこもった世界では価値観の多様化は進みません。海外からいろいろな人材を集め、切磋琢磨してこそ、国際的に先頭を走る発想が出てきます。


伊藤一郎(経営者)

高分子ろ過膜プラノバの認知度を高めるため、多くの学会やシンポジウムでウイルス除去の成果を発表。欧米の規制当局への説明にも駆け回りました。ウイルスはろ過できないという製薬業界の常識を覆してプラノバの認知度を高めるのに、5年の歳月が必要でした。


前澤友作

僕だって不安になるし、落ち込みもします。だけど多くの人が喜ぶ正しい商売をしているんだと思うことで、そうした不安を解消してきました。


佐藤勝人

「ブランド力のある売れる商品」にはいわば最大公約数的なところがあって、価値が同質化しているから、お客さんからすればどこで買っても同じ。だから結局「売れる」商品で儲かるのは大手だけということになる。我々がメーカーやブランドは関係なく、自分たちの基準で「売る」商品を決めてきた理由はそこにある。


柳弘之

物事には分かりやすいものと、分かりにくいものがあります。私は製造をずっとやってきましたが、経験から言いますと分かりやすい工場と分かりにくい工場があります。私は海外勤務も長かったのですが、それは現地に行ってどう説明すればいいのかなどと頭を悩ませながらの18年間でした。そしてここ3年は、分かりやすい経営とはどういうことかと考えているわけで、やはりシンプルが一番だと思っています。


小山昇

大事なのは、損得よりも好き嫌い。素直に好きな人とつき合い、嫌いな人とは我慢せずに距離を取ればいい。同じ部署だからとか、取引先だからだとかは関係ない。嫌いな人とムリしてつき合っていると、ストレスがたまる。ストレスがたまれば心がやられて、心がやられると体もやられる。それで仕事を休むはめになったら、そっちのほうがよほど損だ。多くの人は、このことがわかってない。好き嫌いで人を選べば、仕事がうまくいかず結果的に損をしても自分が好きで選んだ相手だから諦めがつく。得すると思ってつき合った相手に裏切られるより、ずっといい。


池谷裕二

「自分はモチベーションを高く保つことができない」と劣等感を感じている人もいるかもしれません。しかし、私が伝えたいのは、モチベーションだけがすべてではない、ということです。ルーチン化をうまく取り入れたり、身体がやる気におよぼす影響を活用するなどして、自分に合った方法で仕事に取り組んでほしいと思います。


鍵山秀三郎

人の成長とは、単に意義があるという以上に、美しいことではないでしょうか。厳しい実業の中でも人間としての豊かな心を育むことは可能です。ただそれを為していくには環境が大切です。人間はいい匂いをかいでも、美しい景色を見ても、気持ちがよくなるものです。乱れた環境より、美しく整った環境に身をおくほうが、心地よくなるはずです。ですから私は会社だけではなく、会社の周辺を含めて少しでも環境をよくしようと掃除に励んだのです。


鎌原正直

英ルーサイト社買収のとき、社内から「いまやらなくてもよいのではないか」という意見がありました。しかし、私は逆に「いまこそ世界一になれる機会」と考えました。ルーサイト社の買収については、90年代後半から検討していたことで、さまざまな理由で実現しなかった買収のチャンスが、やっと巡ってきたと考えたからです。
【覚書き|リーマンショック真っただ中の状況で買収に乗り出したことについて語った言葉】


渡文明

機会をとらえて積極的に勉強し、仕事を通じて得た知識・ノウハウを試したり改良したりしながら自分のものにしておけば、いつか役に立つ日が来ると思います。


藤井フミヤ

アートしかやってきていない人はアートのことしか考えていないし、小説の人は小説、空間プロデュースの人は空間プロデュース、ファッションの人はファッションに集中している。結果的に、そういうその道のプロフェッショナルには敵わない。「じゃあ、自分が勝てるのは何だ」というと、それはやっぱりステージ上で歌っている藤井フミヤという姿だったので、改めて音楽をぶっとい柱にしていかなきゃと。そんなことをここ数年考えるようになったんです。


中林一樹

高齢社会で地震が起き、わが家での生活ができなくなったとき、次に警戒すべきは震災関連死です。慣れない避難所での暮らしは大きなストレスとなります。地震から命を守った後は、生活を守る工夫が必要です。在宅避難が可能なくらい家をしっかりしたつくりにして、いつも食べ慣れたものや処方薬の備蓄を十分にしておくことなども効果的でしょう。地震そのものは防げなくとも、事前の備え次第で災害の拡大は防げるのです。