名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

近藤淳也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

近藤淳也のプロフィール

近藤淳也、こんどう・じゅんや。日本の経営者。「はてな」創業者。愛知県生まれ、三重県育ち。京都大学理学部卒業。ITベンチャーでプログラミングを学んだのち、はてなを創業。人力検索はてな、はてなブックマーク、はてなダイアリーなどのサービスを手掛けた。

近藤淳也の名言 一覧

批判精神がなくなると創造的な議論がなくなってしまう。


サービスを開発する過程で共通するテーマがあるとすれば「一般ユーザーの力を信じる」というものがあったかもしれません。


人ってそんなに悪い人、ヘンな人っていないじゃないですか? 会って、話して、それでもわかり合えない、ずっとヘンだ、っていう人はそうそういません。


ユーザーの困りごと、ニーズにはずっと応え続け、主体であり続けないといけない。


ユーザーが主役である、という点はずっと一貫してます。


「人力検索はてな」を始めたのが2001年7月でした。端的に言えば「アイデアを思いついたのでつくってみた」という感じですが。


自由な議論と、安心して発言できる場とのバランスを保つのが難しいし、コミュニティの維持・発展の肝だと僕は考えています。


僕の場合は能動的に、コミュニティに働きかけて変化を促す、ということはやってなくて、「今こういうモノを求めているユーザーがいるはず」と思って、場を作る。


集まってくれたユーザーが満足してくれるように場を運営していく。それを繰り返すことで、たまたまこれだけのユーザーが集まってくれた、ということじゃないかと。


特にコミュニティに関しては自分たちで内製しないとサービスは成功しない。それってユーザーとの対話みたいなものですから。外部で作ったものを提供しても、ユーザーに響かない。


便利で快適なほうを選択する、シンプルにそれだけのことだと思うんです。ネットは匿名であるべきだ、とか、実名じゃないと卑怯だ、という一種の思想よりも、個別の便利さのほうが上回るんです。


友だち同士で良いね、良いねって言い合っているのは心地良いかもしれませんが、少なくともパブリックな場所、色んな言論が行き交うという場所においては、異論が出てくる機会を確保しておかなければならないのでは。


相手が言うことを単に肯定するだけでなく、それに対して違う意見を表明することで、初めて議論の拡がりが出て、次の次元に議論が進めるということだと思う。


サービスひとつひとつには目的があります。日記を気軽に書けるようにする、ブックマークを共有できるようにする、というそれぞれの目的に特化して一所懸命開発してきました。


人力検索だけでは正直なところ人があまり集まらなかったんです。その後、はてなアンテナが生まれ、やっと数万単位のユーザーが使ってくれるようになって、はてなダイアリーでそれが数十万台に。その都度新しいユーザーが加わってくれて今のはてながあります。


近藤淳也の経歴・略歴

近藤淳也、こんどう・じゅんや。日本の経営者。「はてな」創業者。愛知県生まれ、三重県育ち。京都大学理学部卒業。ITベンチャーでプログラミングを学んだのち、はてなを創業。人力検索はてな、はてなブックマーク、はてなダイアリーなどのサービスを手掛けた。

他の記事も読んでみる

田原総一朗

元気の秘訣は好奇心。知識の欲があると、人は歳をとらないのかもしれない。


高岡浩三

食品だけでは競合他社に必ず真似されますが、絶対に真似されないような仕組みを作ります。


イゲット千恵子

型にとらわれることなく、自分のやり方で仕事ができる。これがアメリカのビジネスの魅力。


宇都出雅巳

普段と違う環境に身を置くと、たくさんの刺激を受け、これまでになかったようなひらめきが生まれる可能性が高まる。会社に閉じこもって、頭を抱えていても仕方がない。もし行き詰っていたら、普段と違う場所、できればテーマと関連のあるような場所に行ってみるとよい。


遊川和彦

元気の秘訣はルーティンワークです。自分が一番健康でいられるルーティンワークというのを自分の中で作る。何時に起きて何時に食事をして、あと何時から何時まではちょっと運動というような。必ず運動は入れなきゃいけない。


岩下秀麿

「人の心」を大事にした経営をすれば、その会社の全従業員が充実した職業人生を送れるだけでなく、業績も格段に上がる。


束田光陽

何事もトレードオフ。理由のない安心はあり得ない。


奥田務

私は日本の百貨店を外から観察して問題の本質を見抜きました。そしてこれを基に経営改革を進めました。変化を先読みできたから、松坂屋と統合してマルチリテーラーに変わることができた。つまり、「烏の目」こそ経営者に欠かせない大切な資質なのです。


カルロス・ゴーン

どういう形態をとろうとも、他社との提携には大変な労力がかかる。相手の規模が小さかろうが大きかろうが、苦労は同じだ。だからどうせ提携するなら望みを高くし、大きな企業を狙った方がいい。


北条重時

同じ夜でも、闇の夜を喜ぶ人はなく、月の光の美しく照らす夜を誰しも喜ぶものだ。また、天候も、曇った空が見たいという人はなく、晴れわたった空を見たがるのが人情だ。身分の低い女でも、明らかな日の光を尊び、曇らぬ鏡を望まない者はいない。だから、同じく人間でも、心の正しい人を尊ぶのがよろしく、心の曲がった人に親しみを感ずる人はないのだ。神仏の御恵みも正しい人にのみあるもので、実に人の心は誠であってほしいものだ。これは、よくよく考えていただきたい。


亀井勝一郎

徒党というものは一面からいえば孤独に耐え得ざる精神の休憩所だ。


坂本孝

既存概念を破り、前例のないことに挑戦するのは、失敗の連続です。しかし、誰かの二番煎じをやるよりも、前例のないことに挑戦するほうが、宝が多いのも事実です。リスクがあるぶんリターンも大きい。ですから、51%の勝算があったら、やってみたらいいのです。