名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

近藤大輔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

近藤大輔のプロフィール

近藤大輔、こんどう・だいすけ。日本の経営者。入手困難の幻のフリーマガジンと呼ばれているヘアサロン作品集『美少女図鑑』を展開するテクスファームの社長。新潟県出身。「クール・ローカル」をテーマに広報コンテンツの企画制作などを行い、地域活性化に尽力している。主な著書に『なぜ「美少女図鑑」は7日で街から消えるのか?』など。

近藤大輔の名言 一覧

たしかに、東京のトップレベルに比べたら、地方のセンスや作品のレベルは劣るかもしれません。でも、本気で取り組めば、東京でルーティンにやっているような作品は確実に越えられます。技術やセンスの差は、熱意で十分埋められるものだと思います。


実際、広告収入から製作費を差し引いたら、利益なんてほとんど残らないんですよ。でもなかには、「それでもやりたい」と言ってくださる企業もあります。僕はそういう人たちと一緒に仕事がしたいんです。


美少女図鑑が成功した大きな理由のひとつは、単純ですが「タイトル」だと思っています。「新潟美少女図鑑」「沖縄美少女図鑑」といったように、地域名を冠することで、読者に「これは私たちのもの」と思ってもらえるのです。


僕自身、会社を興した当初、若くて未経験という理由で、仕事をもらえませんでしたから。
【覚書き|あえて若い人材を起用する理由について語った言葉】


カメラマン、ヘアメイク、スポンサーなど、関係者すべてを地元の方にお願いすることで、「この雑誌は自分たちのもの」と思ってもらうことができます。それがひいては、「この仕事は、どうしても他人にはやらせたくない」という強い思いにつながっていくのだと思います。


もちろん、都会に比べたら交通の不便さは感じますよ。新幹線や飛行機を乗り継いで出張しなくちゃいけませんし、「オフィスは新潟です」と言うと取材も来ませんから(笑)。でも僕を含めて、地元を愛するスタッフが「美少女図鑑」をつくり、それを読んだ人たちが、地元の良さに改めて気づいてくれる。それこそが、僕の使命だと感じているのです。
【覚書き|本拠地を新潟から移さない理由を尋ねられ語った言葉】


近藤大輔の経歴・略歴

近藤大輔、こんどう・だいすけ。日本の経営者。入手困難の幻のフリーマガジンと呼ばれているヘアサロン作品集『美少女図鑑』を展開するテクスファームの社長。新潟県出身。「クール・ローカル」をテーマに広報コンテンツの企画制作などを行い、地域活性化に尽力している。主な著書に『なぜ「美少女図鑑」は7日で街から消えるのか?』など。

他の記事も読んでみる

大宮英明

繊維や造船が厳しくなっていく状況の中で、これからの日本は技術立国しかないだろうと。そうしないと日本という国は沈んでしまうんだと。そういうバックボーンというか、自分の仕事に対する高いところからの視点。それを常に持っていました。


山久瀬洋二

コミュニケーション力に、もっと目を向けてほしいんですよ。私は欧米、中東、アジアなど、海外で様々な国籍のビジネスパーソンと一緒に仕事をしていますが、彼らが我々日本人のことをどう思っているかを知っていますか。残念ながら、「アジアを含めた世界の国々の中で、日本が最もコミュニケーションを取りにくい」と言われている。これを聞いて、「どうせ、俺たちは……」と卑屈になっている場合ではありません。仕事がスムーズに進まず、ロスを生むのですから、もっと真剣に考えないといけない。それは日本の多くのビジネスパーソンが異常に気にしている語学力の問題ではなく、コミュニケーション力の問題なのです。


築山節

整理しきれない情報に対して、脳は不安を感じる。書き出すという行為は、心が乱れる原因を見える化すること。不安というマイナス要素も、書くことで課題や目標といったヤル気に変わる。


齋藤孝(教育学者)

ふりかかってくる困難を乗り越えることにこそ自分の存在意義があり、これがリーダーとしての必然なのだと考えられると、そこに苦痛はなくなる。難題をクリアしていくことは、むしろ自分の使命となり、モチベーションとなる。


森田直行(経営者)

企業が競争優位を確保するためには、現場力が不可欠だ。現場が経営の実態をつかみ、自らの創意工夫で商品力を高め、コストダウンを図ることができれば、必然的に企業の競争力は向上する。


小池龍之介(小池龍照)

年老いてみじめになりたくないと、老後のことを不安に思う方も増えているようですが、まだ若いうちから「老後の資金はどれだけ貯めれば」などと心配するのも考えものです。少なくとも守りの態勢に入ってしまうことで、やはり創造性が奪われます。ちなみにいまの世の中には、成功者の情報がばらまかれ、それに引っ張られるようにして「みじめになりたくない水準」が高すぎる人が少なくないかもしれません。小池龍之介の名言|情報に振り回されていないか注意することの大切さ 年老いてみじめになりたくないと、老後のことを不安に思う方も増えているようですが、まだ若いうちから「老後の資金はどれだけ貯めれば」などと心配するのも考えものです。少なくとも守りの態勢に入ってしまうことで、やはり創造性が奪われます。ちなみにいまの世の中には、成功者の情報がばらまかれ、それに引っ張られるようにして「みじめになりたくない水準」が高すぎる人が少なくないかもしれません。


渡辺訓章(経営者)

お客様との接する時間を倍に、できれば3倍にしよう、そう周囲に伝えています。結婚式は半年間かけてお客様とお付き合いしますから、打ち合わせの回数なども決めずに、できるだけお会いするようにします。そうしますと信頼度も変わりますし、人間関係ができますから、後から、ご友人などを紹介してくださるんですね。


最首英裕

福岡と東京、2つの拠点を頻繁に行き来して感じるのは、地方で頑張ろうとしている企業が成功することで、社会にインパクトを与えるのではないかということです。今後の日本の経済状況を考えると、東京以外の都市でビジネスを立ち上げるという選択肢を増やしていくことも大切なのではないかと思います。当社はその先駆けとなるべく、2つの拠点を有意義に活用したい。


花村仁八郎

決してでしゃばらないことも大切。私は経団連副会長になってもいつも末席に座っています。経団連のスタッフ諸君には「民僚」だという意識で、いつも謙虚に接しろ、と言っています。


鈴木喬(経営者)

相手のうまくいった仕事、自慢の娘、趣味……。誰でも自分が話したい話題があるものです。それを調べておくこと。話したいことを聞いてくれる人に対して、人は好印象を持つのです。


宮内義彦

ビジネスはタイムイズマネーです。やっている方向性はよくても、時を逸したら利益が出るどころか失敗することもある。今決めなきゃいけないときにクズグズと決められない人は、リーダー失格です。


張忠謀(モリス・チャン)

もしある社員が午前8時から午後6時半まで仕事をしたとすれば、6時半以降のその社員の判断力はあまり信用したくない。