名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

近藤乾三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

近藤乾三のプロフィール

近藤乾三、こんどう・けんぞう。日本の能楽家。東京出身。6歳から父に謡曲を習う。9歳で初舞台を踏む。その後多くの舞台を踏み、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。文部省芸術祭賞、日本芸術院賞を受賞。

近藤乾三の名言 一覧

死ぬまで勉強。世間ではじきに名人なんて言うがとんでもないことです。若い頃、先生に「せめて下手になれ、下手以下は何万人といるが下手にならなければ決して上手にはなれない」と言われたものです。


近藤乾三の経歴・略歴

近藤乾三、こんどう・けんぞう。日本の能楽家。東京出身。6歳から父に謡曲を習う。9歳で初舞台を踏む。その後多くの舞台を踏み、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。文部省芸術祭賞、日本芸術院賞を受賞。

他の記事も読んでみる

小渕宏二

自分たちのやりたいことで変わっていければ幸せですが、それでまず儲かるのかということをすごく考えました。だからお金にこだわり、生き残るためにありとあらゆる知恵を使うことに集中しました。


磯部成文

私どもの経営の目的の一つは「お客様の喜びを創造する」。人に喜んでもらえれば、それが自分の喜びになり、生きている証しになる。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

大学生のころ、自分の将来のことを考えました。「自分の能力を最大限に引き出して、人の役に立つ」、そんな生き方をしたいと思いました。それを実現する手段として行き着いたのが、「経営者」です。国家公務員になるという選択もあったのですが、当時、官僚が日本を引っ張る時代は終わりつつある、これからは経営者の時代が来ると感じていました。自分の性格を考えると、組織を引っ張るのは向いているようにも思えました。


渡辺謙

超一流の仕事といえるのは、つまるところ、自分の仕事や人生にどこまできちんと向き合えたかじゃないでしょうか。


古賀良太

餅は餅屋で、うちは売ることのプロに徹しよう。そのほうがエネルギーも集中するし、それでうちが大きくなれば、一緒にやっている農家や問屋、メーカーも大きくなるでしょう。


市村清

私は店員をどんなに若くても××君と呼び、妻には××さんと呼ばせた。使用人ではない、仕事の協力者という扱いである。食事も三食とも皆で一緒にする。私は少年のころ、叔母の家で食べ物の差別に苦しんだことも決して忘れていなかった。食事の点だけは、妻は猛反対して、たまにはあなただけに鯛の刺身でもつけたいなどと言ったが、私は承知しなかった。彼らへの愛情は、子供に対する愛情をもってしなければ不徹底だと思ったからである。


萩本欽一

たいていの人は、子供時代は父親より母親と言葉を交わすことが多いから、母親の言葉ってすごく重要ですよね。母親がいい言葉をつむいでいくと、子供たちにもいい影響が出て運もついてくる。家族って運のリレーなの。


永守重信

組織というものは同じ目標で動いている以上、思考も同じ傾向になりやすい。


藤本秀朗

かつて渋沢栄一、五島慶太、松下幸之助らが築いた日本の名経営者の伝統は、戦後になってソニーの井深大・盛田昭夫の両創業者をはじめとする世代に受け継がれてきた。彼らに共通するのは、「人をみる目」に優れていたということである。


三ツ井創太郎

よくある間違いは、業績悪化の要因分析をせずに行動するパターン。指標とすべき数字を把握せず、見当違いをしているケースが多い。


ナディーン・ヴェヒタ・モレノ

アジアの料理は、私のルーツではないからこそ、学ぶことがたくさんあり、それが面白い。


清田瞭

自らに厳しい会社は業績が上がっている。