名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

近田哲昌の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

近田哲昌のプロフィール

近田哲昌、ちかた・のりまさ。クチコミ関連事業・インターネット広告代理店の「サイバー・バズ」取締役。兵庫県出身。関西学院大学卒業後、大手都市銀行を経てサイバーエージェントに入社。営業マネジャー、営業局長を務め、実績を残す。その後、サイバー・バズに移り取締役を務めた。著書に『こうしてチームは熱狂し始めた。』ほか。

近田哲昌の名言 一覧

目先の数字を追うだけでは人は成長しません。やはり中長期的な視点が必要です。


信頼関係は一朝一夕にはつくれません。コミュニケーションを積み重ねていくしかない。


熱狂する原動力が何かと問われれば、私の答えは「ビジョン」です。


過度の競争は不要ですが、適度な競争は、いい緊張感を生み出します。仲間意識や連帯感のあるチームと単なる仲良しグループは別物です。


ときに、現在社内にはない仕事をやってみたいという人がいます。こういうチャレンジ精神旺盛な人こそ、応援しなければなりません。間違っても、「やめておけ」などと言ってはいけないのです。


3年後の自分の姿から逆算して、2年後、1年後の自分の姿を具体的にイメージできれば、プロセスも明らかになり、進捗状況も把握できるようになりますから、目標達成確率がグンと上がります。


チームといっても、結局は一人ひとりの人間です。その一人ひとりと真剣に向き合い、本音をぶつけ合わなければ信頼関係をつくることはできません。


直属の上司と部下の距離感が近いのは当然ですが、さらに上の上司(上級上司)とも気軽に話せる距離感であることも、熱狂するチームづくりのポイントではないかと思っています。


この世界は一年、いや数カ月でビジネス環境が一変します。今後新たにどんなすごいサービスが現れるかは、誰にも分かりません。成功パターンなどはなく、試行錯誤をくり返すなかで、その都度、現場が成功する方法を見つけるしかないのです。


サイバーエージェントには、「トピックスメール」という仕組みがあります。これは、「大きな受注を獲得した」「プロジェクトが成功した」といったトピックをマネジャーが社内にメール配信するというもので、メールを見た社員は、受注を獲得した社員やプロジェクトメンバーに「おめでとう」を伝えるお祝いメールを送ります。


一つの会社として、チームとして、仲間意識や連帯感を生み出すためには、直接会うのが一番です。しかしながら、時間と場所という制約があり、そう頻繁に会うことができないのが実状ならば、インターネットを使ってコミュニケーション量を増やすのが現実的で有効な方法だと実感しています。


ブログは社内向けではなく、社外一般にも公開されていますから、書いてもいい内容は何で、何を書いてはいけないか、どんな表現をすれば理解してもらえるか、など情報発信のポイントを考え実践する機会にもなります。


三年後の自分の姿がイメージできると、現在の自分とのギャップが明確になります。どんなスキルや知識、能力、経験が不足しているのかが分かったら、それを重点的に学んだり経験したりすることで、成長スピードを加速させられます。


私自身、無責任に安請け合いする上司が一番嫌いでしたから、自分の言動に責任を持つためにも、面談の内容をメモしているのです。面談の前に前回の面談内容のメモを読み返すことも欠かしません。内容に継続性があればこそ、コミュニケーションが積み上がっていくからです。


面談の内容は、メンバー別に必ずメモを残しています。メンバーが話したことはもちろん、自分の発言についても、です。「やると言ったのに、何もやってくれなかった」と部下に思われてしまえば、せっかく少しずつ築き上げた信頼関係がすべて崩れ去ります。熱狂は一瞬にして覚めてしまうものなのです。


部下の質問に対して必死に考えて答えます。いいかげんな答えは、その人をいいかげんに扱っているのと同じだからです。また、鋭い質問をしてくる部下は、それだけ会社や仕事のことを真剣に考えてくれているという証拠です。私には、それに真剣に答える義務があるのです。


部下との面談では.プライベートについては聞かないという人もいると思いますが、私は仕事とプライベートは切っても切れない関係だと思っているので、プライベートの話も聞くようにしています。なかなか本音を言ってくれない部下もいます。それは、こちらの本音がまだ伝わっていないからだと思います。そんなときは、私は自分が感じていることや考えていることを包み隠さず素直に相手にぶつけて、もう一歩踏み込んだ話ができないか、工夫するよう心がけています。


ビジョンについては、毎回の面談で必ず話します。なぜなら、何度もくり返し話していても、本当に腹に落ちるまで理解してもらえているかと言えば、まだまだだと思うからです。ただ、同じビジョンでも人によって心に刺さるポイントは違いますから、言い方や例として話す内容は変えています。そうして工夫をしながら毎回話し続けていると、やがてビジョンはチーム内に浸透し、チームは「指示」でつながる関係から、「目的意識」と「価値観」でつながる関係に発展します。


サイバーエージェント時代、私は名古屋を皮切りに、大阪、西日本を任されましたが、常に「東京に負けたくない」という対抗意識を持っていました。東京には大企業の本社がたくさんありますから、一件あたりの金額や総額では勝ち目がありません。それならば、数では負けない、やり方では負けない、新サービスでは負けないなど、いろいろと工夫することで「ひと泡吹かせてやろう」とチームで企んだものです。


ビジョンというのは、他人が実現してくれるものではありません。自分が、自分たちが、みずからの手で実現するものです。だから、ビジョンに共鳴し、本当にそれを実現したいと心の底から思うと当事者意識が芽生え、それまでの「他人事」が「自分事」になり、仮に厳しい状況に置かれても、前向きにがんばり切れるのではないでしょうか。


近田哲昌の経歴・略歴

近田哲昌、ちかた・のりまさ。クチコミ関連事業・インターネット広告代理店の「サイバー・バズ」取締役。兵庫県出身。関西学院大学卒業後、大手都市銀行を経てサイバーエージェントに入社。営業マネジャー、営業局長を務め、実績を残す。その後、サイバー・バズに移り取締役を務めた。著書に『こうしてチームは熱狂し始めた。』ほか。

他の記事も読んでみる

武田信繁

たいていの場合には、何か人から質問されても、知らないというほうが無難といえる。「余分の好き事は、持たぬにこしたことはない」という言葉もあって、知らなくてもいい事柄も世の中にはたくさんあるものである。


佐々木常夫

リーダーシップは志から生まれる。「チームのため、会社のため、社会のために働かなければ本物じゃない」と献身する姿が、周りの人の共感を呼び、力を貸したいと思う原動力になる。


田島弓子

私が手書きのアナログツールを意識的に活用しはじめたのは管理職になってからです。マネジメントをする立場になると、自分の仕事だけでなく、進行中のプロジェクトやチームの仕事の全体を俯瞰し、部下の業務も含めたマルチタスクを管理することが求められます。ですから、「全体像」と「現在地」の両方を常ににらみながら仕事をしなくてはいけない。そのためには、一覧性が高く、コンパクトなスペースに必要な情報を集約できる、紙のノートやスケジュール帳が使い勝手が良いのです。


佐々木かをり

実社会で、自分の失敗や甘さに気づいて体で覚える体験を繰り返さないと、力はつかない。


福嶋康博

他の経営者からは後継者が社内にいないため、社外から社長を起用するという話を聞きますが、多くは社外から起用した人の長所だけを見て決めており、逆に社員については欠点ばかりを見ているように思います。私が社内で選んだ3~4人の候補者には長所も欠点ありました。経営者も含め100点満点の人間などいないのです。


大塚寿

40代以降のビジネスマンに人生を振り返ってもらうと、多くの人が「マジメだけではうまくいかなかった」と答えています。マジメさだけでは人生は好転しない。必要なのは、人生を変えるための一歩を踏み出すことなんです。


中村隆介

当社は、スタッフも会社の成長の一翼を担っていることにやりがいを感じてくれています。だから、地方への出店時も喜んで行ってくれる。私もある程度ベースを作った後は口出しせず、店長に任せています。方向性さえブレなければ、各店舗に独自性があっていいという考えで、任せれば応えてくれる。人材教育に関しても同様で、教育というより、「仲間作り」が店長の大事な仕事だと考えています。


田中裕輔

「値段を下げてくれ」「これ以上は無理です」という堂々巡りのキャッチボールになっては意味がありません。そこで、支払時期の変更や商談の内容の変更など価格以外の項目で交渉の余地を探っていきます。その項目のことをコンサルティングの業界では「レバー」と呼んでいます。複数のレバーを動かしながらロボットを操縦するように、事前に交渉のためのレバーをいくつか用意して、話を進められるようにするわけです。


弘兼憲史

組織を成長させるためには、個々の力が大切です。メンバーが自主性を持って生き生きと働ける組織を作るためには、相手の目線に立つことは基本。そして一緒に喜び一緒に悲しみ、喜怒哀楽を分かち合うことが大切です。上司としての「大人」の振る舞いは、組織の推進力にかかわります。


和田一浩

同じ世代の人、上の世代の方たちが「1試合でも長く、1年でも長くプレーしてください」と声をかけてくださる。僕自身、以前に比べてファンの皆さんを身近に感じるようになりました。じつはこれ、僕にとっては大きな変化で、これまでは自分のプレーがチームの勝利に貢献して初めてファンの皆さんが喜んでくれると思っていたんです。ところが、自分がプレーし続けることそのものを喜んでくださる人たちがこんなにいるんだ、と。この歳でようやく気づくことができた。これはすごいやりがいです。


藤重貞慶

経営環境は昨年より厳しいでしょう。ただ、今回の不況は、単に景気循環のなかで起きているのではなく、大きな構造変化を迎えていると考えています。私は『幸せの方程式』が変わったと表現しています。20世紀までと違い、消費者は物よりも心や質を求めています。そのために新しい価値である健康、快適、環境がキーワードになり、これに答えるストーリー性のある商品の開発が不可欠になるでしょう。


西村克己

一番効果的なトレーニングは、常に「もしも」を自分に問いかけること。即断即決できないのは、何か問題が起きたときにその場で考えているから。あらかじめ準備しておくことが大切。日頃から「もし、こうなったらどうする?」を問い続けて、起こりうる問題にそなえる先読みを鍛えることが、ひいては即断即決力を養う良いトレーニングになるわけです。