名言DB

9425 人 / 110833 名言

近田哲昌の名言

twitter Facebook はてブ

近田哲昌のプロフィール

近田哲昌、ちかた・のりまさ。クチコミ関連事業・インターネット広告代理店の「サイバー・バズ」取締役。兵庫県出身。関西学院大学卒業後、大手都市銀行を経てサイバーエージェントに入社。営業マネジャー、営業局長を務め、実績を残す。その後、サイバー・バズに移り取締役を務めた。著書に『こうしてチームは熱狂し始めた。』ほか。

近田哲昌の名言 一覧

目先の数字を追うだけでは人は成長しません。やはり中長期的な視点が必要です。


信頼関係は一朝一夕にはつくれません。コミュニケーションを積み重ねていくしかない。


熱狂する原動力が何かと問われれば、私の答えは「ビジョン」です。


過度の競争は不要ですが、適度な競争は、いい緊張感を生み出します。仲間意識や連帯感のあるチームと単なる仲良しグループは別物です。


ときに、現在社内にはない仕事をやってみたいという人がいます。こういうチャレンジ精神旺盛な人こそ、応援しなければなりません。間違っても、「やめておけ」などと言ってはいけないのです。


3年後の自分の姿から逆算して、2年後、1年後の自分の姿を具体的にイメージできれば、プロセスも明らかになり、進捗状況も把握できるようになりますから、目標達成確率がグンと上がります。


チームといっても、結局は一人ひとりの人間です。その一人ひとりと真剣に向き合い、本音をぶつけ合わなければ信頼関係をつくることはできません。


直属の上司と部下の距離感が近いのは当然ですが、さらに上の上司(上級上司)とも気軽に話せる距離感であることも、熱狂するチームづくりのポイントではないかと思っています。


この世界は一年、いや数カ月でビジネス環境が一変します。今後新たにどんなすごいサービスが現れるかは、誰にも分かりません。成功パターンなどはなく、試行錯誤をくり返すなかで、その都度、現場が成功する方法を見つけるしかないのです。


サイバーエージェントには、「トピックスメール」という仕組みがあります。これは、「大きな受注を獲得した」「プロジェクトが成功した」といったトピックをマネジャーが社内にメール配信するというもので、メールを見た社員は、受注を獲得した社員やプロジェクトメンバーに「おめでとう」を伝えるお祝いメールを送ります。


一つの会社として、チームとして、仲間意識や連帯感を生み出すためには、直接会うのが一番です。しかしながら、時間と場所という制約があり、そう頻繁に会うことができないのが実状ならば、インターネットを使ってコミュニケーション量を増やすのが現実的で有効な方法だと実感しています。


ブログは社内向けではなく、社外一般にも公開されていますから、書いてもいい内容は何で、何を書いてはいけないか、どんな表現をすれば理解してもらえるか、など情報発信のポイントを考え実践する機会にもなります。


三年後の自分の姿がイメージできると、現在の自分とのギャップが明確になります。どんなスキルや知識、能力、経験が不足しているのかが分かったら、それを重点的に学んだり経験したりすることで、成長スピードを加速させられます。


私自身、無責任に安請け合いする上司が一番嫌いでしたから、自分の言動に責任を持つためにも、面談の内容をメモしているのです。面談の前に前回の面談内容のメモを読み返すことも欠かしません。内容に継続性があればこそ、コミュニケーションが積み上がっていくからです。


面談の内容は、メンバー別に必ずメモを残しています。メンバーが話したことはもちろん、自分の発言についても、です。「やると言ったのに、何もやってくれなかった」と部下に思われてしまえば、せっかく少しずつ築き上げた信頼関係がすべて崩れ去ります。熱狂は一瞬にして覚めてしまうものなのです。


部下の質問に対して必死に考えて答えます。いいかげんな答えは、その人をいいかげんに扱っているのと同じだからです。また、鋭い質問をしてくる部下は、それだけ会社や仕事のことを真剣に考えてくれているという証拠です。私には、それに真剣に答える義務があるのです。


部下との面談では.プライベートについては聞かないという人もいると思いますが、私は仕事とプライベートは切っても切れない関係だと思っているので、プライベートの話も聞くようにしています。なかなか本音を言ってくれない部下もいます。それは、こちらの本音がまだ伝わっていないからだと思います。そんなときは、私は自分が感じていることや考えていることを包み隠さず素直に相手にぶつけて、もう一歩踏み込んだ話ができないか、工夫するよう心がけています。


ビジョンについては、毎回の面談で必ず話します。なぜなら、何度もくり返し話していても、本当に腹に落ちるまで理解してもらえているかと言えば、まだまだだと思うからです。ただ、同じビジョンでも人によって心に刺さるポイントは違いますから、言い方や例として話す内容は変えています。そうして工夫をしながら毎回話し続けていると、やがてビジョンはチーム内に浸透し、チームは「指示」でつながる関係から、「目的意識」と「価値観」でつながる関係に発展します。


サイバーエージェント時代、私は名古屋を皮切りに、大阪、西日本を任されましたが、常に「東京に負けたくない」という対抗意識を持っていました。東京には大企業の本社がたくさんありますから、一件あたりの金額や総額では勝ち目がありません。それならば、数では負けない、やり方では負けない、新サービスでは負けないなど、いろいろと工夫することで「ひと泡吹かせてやろう」とチームで企んだものです。


ビジョンというのは、他人が実現してくれるものではありません。自分が、自分たちが、みずからの手で実現するものです。だから、ビジョンに共鳴し、本当にそれを実現したいと心の底から思うと当事者意識が芽生え、それまでの「他人事」が「自分事」になり、仮に厳しい状況に置かれても、前向きにがんばり切れるのではないでしょうか。


近田哲昌の経歴・略歴

近田哲昌、ちかた・のりまさ。クチコミ関連事業・インターネット広告代理店の「サイバー・バズ」取締役。兵庫県出身。関西学院大学卒業後、大手都市銀行を経てサイバーエージェントに入社。営業マネジャー、営業局長を務め、実績を残す。その後、サイバー・バズに移り取締役を務めた。著書に『こうしてチームは熱狂し始めた。』ほか。

他の記事も読んでみる

山名昌衛

これから重要なのは顧客との接点力だ。大手や中小の会社のオフィスに入り込み、事務機回りのサポートやコンサルティングサービスまで手掛ける。ここまで顧客と強い接点力を持つ業界は、家電メーカーやIT企業にもない。


齋藤孝(教育学者)

新書を買ったら、すぐに近くのカフェに入り、1冊20~30分程度で、大まかな内容を把握しましょう。知識欲が熱いうちに読むことで、頭に入りやすくなるのです。短時間で内容をつかむコツは、本の中から重要そうな部分を見つけ出し、2割だけ抜き出して読むこと。案外、それだけでも必要な情報は得られるものです。その上で、本の内容を要約しましょう。すると「どんな本?」と聞かれても概要を説明できるようになります。さらにその内容に関するアンテナが立つので、新聞などを読んだときに、関連情報が目に飛び込んでくるようになります。すると、どんどん知識が増えていき、知識が深まっていくのです。


勝間和代

人間心理として面白いのが、一度ロイヤル顧客になってしまうと、多少不都合な材料が出てみても、逆にこれまでその定番やシリーズに投資をしてしまったことを正当化するため、なるべくその商品サービスの良いところを積極的に見つけようとして、その商品を買う理由を顧客のほうが見つけてくれるのです。


村井史郎

製造部門を持つようになったのは、今のローランドにつながる楽器メーカーに資本参加し、電子オルガンの生産を始めたのがきっかけです。電子楽器は全く新しいジャンルでしたから競争が一から始まる。新規参入でも勝負ができると考えたのです。


亀田隆明

病院という場所は、「あれもダメ、これもダメ」と、とかく規制が多いイメージがあります。しかし、何か相談されたときに、「規則だからできません」と答えてしまえば、そこで思考は停止します。そこから何かが生まれる可能性はありません。そうではなく、本当にできないのかどうか、まずは考えてみようということが、このキャッチフレーズ「Always Say YES!」の意味です。「すぐに”NO”とは言わない」という意識があるからこそ、「どうすればできるだろうか」「どこまでならやれるだろうか」という発想が生まれます。


村上龍

知らないことは恥でも何でもありません。それに、自分がそのことについて「どれだけ知らないかを知っている」ことは非常に重要です。無知というのは、「知らないということを知らない」「知らないということに気づかない、認めない」人です。


小早川智明

我々は電気だけで勝負していこうとは思っていない。ここだけで勝負していたら、価格競争に巻き込まれるだろう。社内でも「単に安売りするだけなら営業は要らない」と厳しく言ってきた。重要なのは顧客のニーズを的確に把握する関係を構築できるかどうか。電気だけで勝負するのではなく、エネルギー・マネジメントや省エネ機器など、お客さんがエネルギーに求める全てを組み合わせて、付加価値を高めていきたい。


ハンニバル

そんな事はスキピオに任せておけ。
【覚書き|アルプスを越えてローマに攻め込んだカンナエの戦いの直前、カルタゴ本国からハンニバルもとに「ローマの将軍スキピオがスペインのカルタゴ領を攻略し、本国へ進軍している」という報告が来た。ハンニバルは報告を無視し、ローマ進軍を進めた。最も重要な目標に焦点を合わせることが重要ということを表した歴史的エピソード】


佐々木常夫

人生には仕事以外にも大事なことがたくさんある。ただ、それが何かをきちんと理解するのは容易ではない。だから棚卸しが必要なのだ。これまで歩んできた道を振り返り、自分は何を成し遂げてきたのか、どんな人たちと出会ってきたのかなどを整理してみる。あるいは身近な人に、自分はどう映っているかを尋ねてみるのもいいだろう。これをやることで、自分にとって大切なものは何かが見えてくる。


石川康晴

確かに既婚女性スタッフが退職していくことがあります。でも、せっかく投資した社員に辞められるのは痛い。それに結婚・出産などで経験値と人格を高めた人材は、より大人向けの店舗で力を発揮してくれるはずです。そこで、どうすれば好きな会社を辞めずにすむかを考えます。小売業が最も忙しいのが週末なのは事実ですが、既婚者は週末や祝日、大型連休に休みを取れるようにすればいい。これなら働き続けられるでしょう。