近田哲昌の名言

近田哲昌のプロフィール

近田哲昌、ちかた・のりまさ。クチコミ関連事業・インターネット広告代理店の「サイバー・バズ」取締役。兵庫県出身。関西学院大学卒業後、大手都市銀行を経てサイバーエージェントに入社。営業マネジャー、営業局長を務め、実績を残す。その後、サイバー・バズに移り取締役を務めた。著書に『こうしてチームは熱狂し始めた。』ほか。

近田哲昌の名言 一覧

目先の数字を追うだけでは人は成長しません。やはり中長期的な視点が必要です。


信頼関係は一朝一夕にはつくれません。コミュニケーションを積み重ねていくしかない。


熱狂する原動力が何かと問われれば、私の答えは「ビジョン」です。


過度の競争は不要ですが、適度な競争は、いい緊張感を生み出します。仲間意識や連帯感のあるチームと単なる仲良しグループは別物です。


ときに、現在社内にはない仕事をやってみたいという人がいます。こういうチャレンジ精神旺盛な人こそ、応援しなければなりません。間違っても、「やめておけ」などと言ってはいけないのです。


3年後の自分の姿から逆算して、2年後、1年後の自分の姿を具体的にイメージできれば、プロセスも明らかになり、進捗状況も把握できるようになりますから、目標達成確率がグンと上がります。


チームといっても、結局は一人ひとりの人間です。その一人ひとりと真剣に向き合い、本音をぶつけ合わなければ信頼関係をつくることはできません。


直属の上司と部下の距離感が近いのは当然ですが、さらに上の上司(上級上司)とも気軽に話せる距離感であることも、熱狂するチームづくりのポイントではないかと思っています。


この世界は一年、いや数カ月でビジネス環境が一変します。今後新たにどんなすごいサービスが現れるかは、誰にも分かりません。成功パターンなどはなく、試行錯誤をくり返すなかで、その都度、現場が成功する方法を見つけるしかないのです。


サイバーエージェントには、「トピックスメール」という仕組みがあります。これは、「大きな受注を獲得した」「プロジェクトが成功した」といったトピックをマネジャーが社内にメール配信するというもので、メールを見た社員は、受注を獲得した社員やプロジェクトメンバーに「おめでとう」を伝えるお祝いメールを送ります。


一つの会社として、チームとして、仲間意識や連帯感を生み出すためには、直接会うのが一番です。しかしながら、時間と場所という制約があり、そう頻繁に会うことができないのが実状ならば、インターネットを使ってコミュニケーション量を増やすのが現実的で有効な方法だと実感しています。


ブログは社内向けではなく、社外一般にも公開されていますから、書いてもいい内容は何で、何を書いてはいけないか、どんな表現をすれば理解してもらえるか、など情報発信のポイントを考え実践する機会にもなります。


三年後の自分の姿がイメージできると、現在の自分とのギャップが明確になります。どんなスキルや知識、能力、経験が不足しているのかが分かったら、それを重点的に学んだり経験したりすることで、成長スピードを加速させられます。


部下との面談では.プライベートについては聞かないという人もいると思いますが、私は仕事とプライベートは切っても切れない関係だと思っているので、プライベートの話も聞くようにしています。なかなか本音を言ってくれない部下もいます。それは、こちらの本音がまだ伝わっていないからだと思います。そんなときは、私は自分が感じていることや考えていることを包み隠さず素直に相手にぶつけて、もう一歩踏み込んだ話ができないか、工夫するよう心がけています。


私自身、無責任に安請け合いする上司が一番嫌いでしたから、自分の言動に責任を持つためにも、面談の内容をメモしているのです。面談の前に前回の面談内容のメモを読み返すことも欠かしません。内容に継続性があればこそ、コミュニケーションが積み上がっていくからです。


面談の内容は、メンバー別に必ずメモを残しています。メンバーが話したことはもちろん、自分の発言についても、です。「やると言ったのに、何もやってくれなかった」と部下に思われてしまえば、せっかく少しずつ築き上げた信頼関係がすべて崩れ去ります。熱狂は一瞬にして覚めてしまうものなのです。


部下の質問に対して必死に考えて答えます。いいかげんな答えは、その人をいいかげんに扱っているのと同じだからです。また、鋭い質問をしてくる部下は、それだけ会社や仕事のことを真剣に考えてくれているという証拠です。私には、それに真剣に答える義務があるのです。


ビジョンについては、毎回の面談で必ず話します。なぜなら、何度もくり返し話していても、本当に腹に落ちるまで理解してもらえているかと言えば、まだまだだと思うからです。ただ、同じビジョンでも人によって心に刺さるポイントは違いますから、言い方や例として話す内容は変えています。そうして工夫をしながら毎回話し続けていると、やがてビジョンはチーム内に浸透し、チームは「指示」でつながる関係から、「目的意識」と「価値観」でつながる関係に発展します。


サイバーエージェント時代、私は名古屋を皮切りに、大阪、西日本を任されましたが、常に「東京に負けたくない」という対抗意識を持っていました。東京には大企業の本社がたくさんありますから、一件あたりの金額や総額では勝ち目がありません。それならば、数では負けない、やり方では負けない、新サービスでは負けないなど、いろいろと工夫することで「ひと泡吹かせてやろう」とチームで企んだものです。


ビジョンというのは、他人が実現してくれるものではありません。自分が、自分たちが、みずからの手で実現するものです。だから、ビジョンに共鳴し、本当にそれを実現したいと心の底から思うと当事者意識が芽生え、それまでの「他人事」が「自分事」になり、仮に厳しい状況に置かれても、前向きにがんばり切れるのではないでしょうか。


近田哲昌の経歴・略歴

近田哲昌、ちかた・のりまさ。クチコミ関連事業・インターネット広告代理店の「サイバー・バズ」取締役。兵庫県出身。関西学院大学卒業後、大手都市銀行を経てサイバーエージェントに入社。営業マネジャー、営業局長を務め、実績を残す。その後、サイバー・バズに移り取締役を務めた。著書に『こうしてチームは熱狂し始めた。』ほか。

他の記事も読んでみる

酒井将

当事務所の交通事故チームのメンバーは、常に100件ほどの案件を抱えています。私が弁護士事務所に勤めていた時代、交通事故案件を取り扱ったのは4年間で2回だけでした。私以外の弁護士もそれほど変わりありません。ということは、ベリーベストの専門家は、普通の弁護士が一生かけて担当する分を1年で経験する。この経験が質の高いサービスを可能にします。


加藤秀一(不動産コンサルタント)

ハガキや手紙に書くためには、人の話もしっかり聴かなくてはなりません。メモを取ることも増えました。


設楽洋

「ワーク」だけじゃなく、「プレイ(遊び)」も仕事。そして、そうすることが、ビームスがライフスタイルを提案する上で、直接的、間接的にものすごいパワーを生むかもしれない。


森田勉(経営者)

せっかく社長や偉い人と会えたっていうのに、「見積もりはあとからお持ちします」なんて言う人がいるけど、それじゃ仕事にならんでしょ。合いみつ(合い見積もり)かけられちゃうじゃない。社長と会ったら、その場で即決してプレゼンですよ。そこで決めなきゃダメなんです。女性を口説く時と同じですよ。ホテルの前まで行って、「あ、ごめん、今日はちょっとダメなんだ」と言われて翌日電話して「昨日はダメって言ったけど今日はいい?」なんて言ったら「ふざけないで!」って怒鳴られるでしょ?それと同じです。


助野健児

「相手の目線に合わせて考える」という英国で学んだことが役立った。相手が理解してくれないとコミュニケーションは成立しない。


山崎元

「銀行や証券会社が勧める商品を買うのが確実」と思われた方もいるかもしれませんが、じつはこれも最悪のコース。私自身、いくつもの金融機関で働いてきたから良くわかりますが、銀行マンや証券マンはいかに多く手数料を得るかが1番の関心事。とくに銀行は、あなたの貯蓄額も生活費も把握した手強い存在です。「お客様ならこれがオススメですよ」といかにも親身な顔をして、最も手数料が効率的にとれる商品を売ろうとしているのです。いかに手数料とリスクが低い金融商品に投資するかを考えることが大切。


江崎利一

私はアタマとマナコ(眼)の働かせ方次第で、商売というものの妙味がいかに無尽であるかをつくづくと感じさせられた。それからというものは、目、耳、頭、手足を油断なく働かせるようになり、周囲のものごとに対して一層注意力、観察力を傾けた。


フレデリック・アミエル

生活とは、習慣の織物である。


川村隆

読書し、それをベースに自分で考えないと仕事に幅が出ません。我々は専門分野という縦穴を掘り下げているわけですが、それに横棒を足してT字になるようにする必要があると思います。


松重豊

役者の仕事はいつもそうですが、良い意味の緊張感を持続していないといけないと思っています。本作(孤独のグルメ)に関しても、食べるだけのドラマですが、事前に綿密に打ち合わせをしますし、本番ではチーム全員が「失敗しないぞ」という気概を持って真剣に臨んでいる。だから自分も絶対、NGなんて出せません。


ヘンリー・フォード

成功の秘訣というものがあるとすれば、それは、常に他人の立場を理解し、自分の立場と同時に、他人の立ち場からものごとを見ることのできる能力である。


岩城宏之

僕も、自分のいままでのことは全部否定しています。同じベートーベンの曲でも、何カ月も前に演奏したもは否定しているのです。自分で自分のことにものすごく不満なのです。駄目だからまたやるのです。指揮者は通常、演奏する前にスコア(総譜)に書き込みをします。僕は一回演奏すると、そこでスコアを捨ててしまいます。毎回新しく買ってまっさらから勉強します。前のものを頼りにしたくないからです。


豊田圭一

私は25歳で会社を辞め、独立して以降、才能とセンスで生きていけるという自信は見事に覆されました。そして、幾度も壁にぶち当たり、もがくことになりました。しかし、乗り越えた壁が増えるにつれ、経験は深まり、広がっていきました。


安田正

なんとなく理解できているレベルでしゃべっても、他人には伝わらない。頭の中で反芻するだけでなく、実際に口に出してみましょう。


古川裕倫

三井物産からホリプロに転職する際に、考えたのは「10年後に後悔しないように」ということでした。


ページの先頭へ