名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

辻野福三郎・4代目(辻野佳秀)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

辻野福三郎・4代目(辻野佳秀)のプロフィール

辻野福三郎、つじの・ふくざぶろう。辻野佳秀、つじの・よしひで。日本の経営者。「TTNコーポレーション」社長。兵庫県出身。カナダ留学を経て家業のTTNコーポレーションに入社。業界初の24時間営業畳張り替えサービスを開始。同社社長を務めた。

辻野福三郎・4代目(辻野佳秀)の名言 一覧

畳張りの仕事があまりにも面白く、畳屋を継ごうと心に決めました。それに根拠はないけどなぜかこのとき僕は、日本一の畳屋になれると思ったんです。


小学6年生の夏祭りの日、父親が僕に商売の楽しさを教えようとしたのか、「おまえのカブトムシ、売ったらええ」って言うので、軒先で売ったんです。少しだけど買ってくれる人がいて、鮮明に記憶に残っています。


カナダに留学するまではちょっと嫌なことがあったら逃げる性格だったんです。でもカナダでは、そのままでは何もできなかった。言葉が全く通じない環境で、日常生活を送るのにも挫折の連続でした。カナダでの3年間の経験が、「何でも乗り越えられる。何とかなる」という強い心をつくってくれたんです。


BtoCを始めて、お客様と直接会話ができるようになった。ハウスメーカーや工務店や不動産会社の下請けの場合は、とにかく安い畳を入れてくれればいいというのが基本でした。直接販売できめ細かくて美しく、強く、色艶がいい高級畳を販売できるようになった。畳のある暮らしのよさを提案できるようになってきたんです。


畳屋は昔からの職人さんたちの仕事です。そこにカナダ帰りの20歳の息子が入ってくるわけでしょう? 入社の挨拶で僕、「この会社を日本一の畳屋にしたいです」と言ったんです。当然、「なんだあいつ」って感じですよ(笑)。ほとんど無視されて。でも、英語も喋れず、現地の文化もわからず、何の力もないのにカナダに行ったときに比べれば、楽だと感じたんですよね。


辻野福三郎・4代目(辻野佳秀)の経歴・略歴

辻野福三郎、つじの・ふくざぶろう。辻野佳秀、つじの・よしひで。日本の経営者。「TTNコーポレーション」社長。兵庫県出身。カナダ留学を経て家業のTTNコーポレーションに入社。業界初の24時間営業畳張り替えサービスを開始。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

松井道夫

顧客の求めて「いない」コストは、商売をするにあたって大変な足かせになる。囲い込まれたい顧客などいない。商人のできることは、自ら指をたてて「この指とまれ。」と呼びかけることであり、その指に止まるかどうかは顧客が決めることだ。


ダンカン(お笑い芸人)

たけし(北野武)さんも、70歳ですけど、あのパワーと、あくなき好奇心と接してると、「40代がどうの」なんて言っていられないですよ(笑)。まだ折り返し地点にもたどり着いてないんじゃないかって。


古河建規

IT化によって一時的に効率が上がっても、製品の進化や新たな機構の追加などにより構築した仕組みがうまく稼働しなくなることもあります。それを避けるにはやはり「人」を中心に置き、「人が価値をつくり出す」のをITで支援するというように考え方を変えなくてはならないと思い至りました。その考えに基づきビジネスモデルを全て組み直したことが、再生スピードの向上に寄与したと考えています。


塚越寛

価格競争に勝って得た成長はいずれ自分の首を絞めることになる。


小野譲司

小売業の中で顧客満足度が高い業態が「通信販売」です。なぜなら、通販は、基本的に「その通販業者から買いたい」と思う顧客しか利用しないからです。それに対してリアルな店は、「その店だから利用する」という顧客のほかに、「たまたま近くにあるから利用する」という顧客もいます。そうすると、顧客のニーズの裾野が広がり、満足度にもバラツキが生じます。結果として、全体的な満足度は低下します。


渡辺広明

本当に残る商品は既存ブランドの派生形だとしても、後々まで残る工夫がされているもの。


三喜俊典

会社でも個人でも、自分の身の丈を理解して初めて、どうやったらさらに成長できるかと考えることができます。


家本賢太郎

会社が何をビジョンとして掲げているのか、何を理念としているのか、思いを一緒にしてもらえるかが重要です。弊社の場合だと、「アジアでナンバーワンのインターネットプラットフォームカンパニーを目指す」というビジョンを繰り返し話し、共有してもらっています。


赤坂祐二

航空運送事業と並行して新規事業にも取り組んでいく。超音速旅客機や宇宙開発などの新分野も研究しているが、我々の強みが活きる周辺事業から開拓する。20年の首都圏空港機能の拡大で、海外キャリアの乗り入れも増えるが、海外キャリアは日本でのグランドハンドリング(空港地上支援業務)や整備に割くリソースには限界がある。そこに我々が果たせる役割かあるはずだ。


澤穂希

子育てで思うように行かず、イライラすることはありません。むしろ私が教えてもらうことが多いですね。子供がいることで学べることって、たくさんあるんだと気づかされます。


亀田隆明

世界に先駆けて電子カルテを導入したのは、1995年のことでした。当時、電子カルテというものは世界中のどこにも存在しませんでした。しかし、私たちは患者さまのためには早晩カルテの電子化は必要になるという確信のもと、多額の費用と膨大なエネルギーを費やして実現しました。結果、患者さまの診察および会計の待ち時間は大幅に短縮されました。現在ではさらに情報化が進み、最適な医療のためにデータが統合的に生かされるとともに、患者さまが自分のカルテを自由に閲覧できるシステムにも活用されています。


河村恭輔(経営者)

当初は失敗の連続でした。お客さまもいない、お金もない、仕事もない、人材もない、ないないづくしのなかを、皆さんに助けていただき、社員も一生懸命働いてくれました。