辻野福三郎・4代目(辻野佳秀)の名言

辻野福三郎・4代目(辻野佳秀)のプロフィール

辻野福三郎、つじの・ふくざぶろう。辻野佳秀、つじの・よしひで。日本の経営者。「TTNコーポレーション」社長。兵庫県出身。カナダ留学を経て家業のTTNコーポレーションに入社。業界初の24時間営業畳張り替えサービスを開始。同社社長を務めた。

辻野福三郎・4代目(辻野佳秀)の名言 一覧

畳張りの仕事があまりにも面白く、畳屋を継ごうと心に決めました。それに根拠はないけどなぜかこのとき僕は、日本一の畳屋になれると思ったんです。


小学6年生の夏祭りの日、父親が僕に商売の楽しさを教えようとしたのか、「おまえのカブトムシ、売ったらええ」って言うので、軒先で売ったんです。少しだけど買ってくれる人がいて、鮮明に記憶に残っています。


カナダに留学するまではちょっと嫌なことがあったら逃げる性格だったんです。でもカナダでは、そのままでは何もできなかった。言葉が全く通じない環境で、日常生活を送るのにも挫折の連続でした。カナダでの3年間の経験が、「何でも乗り越えられる。何とかなる」という強い心をつくってくれたんです。


BtoCを始めて、お客様と直接会話ができるようになった。ハウスメーカーや工務店や不動産会社の下請けの場合は、とにかく安い畳を入れてくれればいいというのが基本でした。直接販売できめ細かくて美しく、強く、色艶がいい高級畳を販売できるようになった。畳のある暮らしのよさを提案できるようになってきたんです。


畳屋は昔からの職人さんたちの仕事です。そこにカナダ帰りの20歳の息子が入ってくるわけでしょう? 入社の挨拶で僕、「この会社を日本一の畳屋にしたいです」と言ったんです。当然、「なんだあいつ」って感じですよ(笑)。ほとんど無視されて。でも、英語も喋れず、現地の文化もわからず、何の力もないのにカナダに行ったときに比べれば、楽だと感じたんですよね。


辻野福三郎・4代目(辻野佳秀)の経歴・略歴

辻野福三郎、つじの・ふくざぶろう。辻野佳秀、つじの・よしひで。日本の経営者。「TTNコーポレーション」社長。兵庫県出身。カナダ留学を経て家業のTTNコーポレーションに入社。業界初の24時間営業畳張り替えサービスを開始。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

高橋大輔(フィギュアスケート)

僕は、最後は希望や奇跡を信じながら臨むしかないと思っています。つまり今の自分にすべてを賭ける。


久保華図八

経営を考えるとき、もちろん顧客満足度を高めることは重要です。しかし、そのまえに大切なのが、従業員満足度をいかに高めるかです。顧客満足度ばかりを優先していると、どうしても長時間労働などのかたちで、社員にしわ寄せがいってしまいます。


ロバート・キャプラン

ビジネス戦略を遂行する際の鍵は2つあります。ひとつは「リーダーシップ」です。明確なビジョンをともなった強力なリーダーシップなしには、戦略を効果的に遂行できません。もうひとつは、「戦略と業務(または戦術)はどちらも重要だが、違うものだと認識すること」です。


出雲充

燃料はコモディティーのビジネスですから、高い利益率の実現は難しい。いち早く規模を拡大し、既存の商品と比較される対象となり、赤字にならないようにコストを下げなければなりません。ベンチャー1社では迅速に規模を拡大できないため、大企業のパートナーと一緒に取り組みます。ユーグレナが技術開発や全体の取りまとめを担い、伊藤忠エネクスに原料の調達、千代田化工建設に実証プラントの建設、全日本空輸に航空燃料の運用を担当してもらいます。


谷脇宗

私自身は、今の店舗に100%満足していません。まだまだ、お客様の満足を追求していかないといけない。そのためにも、スタッフの育成に力を注いでいます。


山下勝(経営学者)

やりたい仕事をするためには、やりたくない仕事を嫌がらないことが、実は近道です。


古森重隆

自分たちに向けられた期待に応えたいという思いは仕事を行う上で重要な原動力になる。


為末大

テーマのひとつは、スポーツ選手が引退後に進むセカンドキャリアの後方支援だ。たとえば指導者になるためには、人や場所をどうするかなどの問題が出る。それを後ろ側で支える教育系のプラットフォームになれば、選手も起業しやすくなる。


島純

微生物には食生活に関わる酵母のほか、病原菌もいるし、創薬に役立つのもいる。私たちの社会と多様で密接な関係があるからこそ興味を引かれることも多い。それに微生物学は基礎研究と応用研究が近くにあるのも面白い。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

まだ金持ちにはなれていないけれど、お金を追いかけるような生き方はしたくないと思っている。それは、古典や先人たちの生き方が教えてくれているんだ。「お金が欲しい」という夢を追いかけて世の中で成功した人間なんか、ひとりもいないんだから。


藤原洋

相手の立場に立ってみたら、怒られるのが好きですか? 甘やかして褒めてばかりではちゃんと育たないと言いますが、それは子供の話。皆さん大人だから大丈夫です。


前田安正

自分が分かっていることは、読み手も分かっていると思いがち。読み手が疑問に思わないように先回りし、丁寧に説明する「思いやり」こそが、伝わる文章を作る。


村田昭治

リーダーを目指す人は、日々を大切に生きる気迫がなければならない。夢をつねにもち、ロマンのある人物になりたいと思うこと。


鈴木喬(経営者)

世の中の購買者のうち、好奇心で買う人は5%はいるそうです。消費者の5%が買ってくれたら、その商品は大成功です。まず買ってもらって、使っていいとなれば、それがクチコミで広がります。


伊藤雅俊(味の素)

どの産業分野でも世界で勝負するには、海外の競合にはない日本独自の普遍性で勝負していくしかない。


ページの先頭へ