名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

辻井隆行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

辻井隆行のプロフィール

辻井隆行、つじい・たかゆき。日本の経営者。アウトドア用品のパタゴニア日本支社社長。東京出身。早稲田大学教育学部卒業後、日本電装(のちのデンソー)に入社。早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程(地球社会論)を修了。大学院修了後、シーカヤック専門店「エコマリン東京」に入社。アウトドアスポーツに魅了され、国内外を回る。パートスタッフとしてパタゴニア東京・渋谷店に勤務。その後正社員となり、パタゴニア鎌倉店勤務、マーケティング部勤務、ホールセール・ディレクター(卸売部門責任者)、副支社長などを経て日本支社社長に就任。

辻井隆行の名言 一覧

関係者が一堂に会する場で率直な意見を交わすことができれば、自分の意見に対する上司らの反応が自分の目で確かめられる。また、同じテーマに関する他人の意見を目の当たりにすることによって、自分の意見を客観視することも可能になる。


部下に対して「会社全体の利益を考えろ」と言いながら、経営に関する情報を十分に出していないのは矛盾している。


「相手の立場で考える」というのは、よく聞かれる言葉だが、実行は非常に難しい。慣れ親しんだ自分の思考方法を手放し、他の論理を受け入れるには、意図的にトレーニングを続けることが必要だ。


経営幹部の会合では、担当している部署以外の課題解決に自分の部署がどのように関わっていけるかを考えてもらうようにしました。


「1か月に1度進捗を伝える」というのは、問題を解決するうえでは小さな一歩に過ぎない。しかし、問題を他人のせいにせず、自らの問題として協力して解決していくという意識を共有できたことは大きかった。


膠着状態を脱するには、誰かが「自分の立場・意見」からいったん離れなくてはならない。私はそれを自分の役目だと感じた。


企業の経営では、複数の部署に関係する問題で「あちらを立てればこちらが立たず」というジレンマの状況に陥ることは珍しくない。たとえば、いくら全社で「顧客満足度を高めろ」といった共通の目標を掲げていても、各部署が日々の業務で達成すべき目標が異なれば、部署間の利害はどうしても対立してしまうものだ。


辻井隆行の経歴・略歴

辻井隆行、つじい・たかゆき。日本の経営者。アウトドア用品のパタゴニア日本支社社長。東京出身。早稲田大学教育学部卒業後、日本電装(のちのデンソー)に入社。早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程(地球社会論)を修了。大学院修了後、シーカヤック専門店「エコマリン東京」に入社。アウトドアスポーツに魅了され、国内外を回る。パートスタッフとしてパタゴニア東京・渋谷店に勤務。その後正社員となり、パタゴニア鎌倉店勤務、マーケティング部勤務、ホールセール・ディレクター(卸売部門責任者)、副支社長などを経て日本支社社長に就任。

他の記事も読んでみる

金子源

1人で入りやすい店を作りたかった、というのが一番の理由です。私は高校卒業後、自衛隊に入隊したのですが、訓練が終わると特にすることもないため、よく飲み歩いていました。しかし、当時は総合居酒屋全盛の時代で、一人で気軽に入れるお店を探すのにいつも苦労していました。地元の個人店にしても、常連客で賑わっていて入り込む余地はほとんどありませんでした。こうした当時の体験から、一見さんでも入りやすい業態を追求した結果、「立ち呑み」という業態に行きついたというわけです。


藤井孝一

最近「エア投資」や「エア副業」の人が多くて困ります。本を読んだりセミナーに参加するけれど、実際に行動に移すことができない人が意外にも多い。エア週末起業で終わってしまっているのです。もっと勉強しないと失敗するかもしれない、と思って二の足を踏んでしまうのでしょう。反対に、成功する人は頭をうまく使って壁を乗り越えています。行動し、どんどん失敗から学んでいくから結果的に早く金持ちになれるのです。


山本忠人

仕事が趣味という人を、私は否定しません。仕事にやりがいを感じて、楽しく過ごせるのは幸せなことです。ただ、できれば生涯続けられる趣味を持つことをお勧めします。それもできれば若いうちが望ましい。というのは、趣味が会社以外の人脈を広げ、結果的に仕事にも人生にもプラスをもたらすからです。


津田大介

自分は今もコミュニケーションが得意とは思わないし、人見知り。30代前半まで立食パーティーとか超苦手でしたから。何十人規模でも、とりあえずご飯をお皿に取ったら壁際の端っこで食べて、知り合いがいたらその人たちとだけ話すみたいなタイプ。誰も知り合いがいなかったら、すぐに帰っていました。でも、それじゃ仕事の質も変わらないし、人とのつながりも広がらない。誰の力も借りられない、と。仕事を通して、そう気づく機会があって、そこから10年。実感として、30代からでも自分を変えていくことはできるんだなと感じています。


御立尚資

アメリカのビジネススクールに行ったとき、生まれて初めて勉強が楽しいと思った。本当に面白いときが来るから、そのとき、必死で勉強すればいい。


小山薫堂

僕の場合、不特定多数が対象の企画であっても、「不特定多数の人を喜ばせよう」とは考えません。はじめから多数の人をターゲットにすると、あちこちに気を遣わなければならなくなり、結局、平均的に丸く収まった凡庸なものになる恐れがあります。


内藤誼人

「相手の話をよく聞き、相手に語らせましょう」。巷のコミュニケーション本にはよくそう書かれていますが、それはある程度、親しくなってからの話。社内でちょっと顔を合わせるぐらいの相手に「週末は何してたんですか?」などとあれこれ聞かれたらどうですか? ちょっと気持ち悪いですよね。社内間の挨拶では積極的に自分の話をする。そう心得てください。


岡ノ谷一夫

私は、さえずりから心を伝える言葉ができてきたのではないかと考えています。動物が持っている能力で言葉とかかわりがあるのが歌。歌うのは小鳥ばかりではありません。鯨やテナガザルなど多くの動物が歌います。昆虫にもいます。歌う機能から言葉に至る進化の道筋も実に好奇心を刺激します。


午堂登紀雄

成果があがる働き方をするには、他人に振り回されず、自分のペースで働く仕組みを作るしかない。


宮内義彦

芸術とは違って、ビジネスでの価値創造は仲間と意見をぶつけ、一緒に考えることで生み出されるものです。


加藤夏希

実は、公開前は、あまり見ないようにしているんです。公開後にお客さんと一緒に映画館で楽しみたくて。初見は、どうしても「ひとり反省会」になっちゃいますね。「あそこはもっとできた」とか。でも、そうやって悔しがれるのは、お芝居への情熱が続いている証拠。


白洲次郎

(規制緩和によって)外資がはいってきたら、こうなる、ああなるとビクビクせずにもっと自信をもったらどうか。自分の技術に、自分の経営にそんなに自信がないのなら、そんな連中は交代したらいい。