名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

辻井隆行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

辻井隆行のプロフィール

辻井隆行、つじい・たかゆき。日本の経営者。アウトドア用品のパタゴニア日本支社社長。東京出身。早稲田大学教育学部卒業後、日本電装(のちのデンソー)に入社。早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程(地球社会論)を修了。大学院修了後、シーカヤック専門店「エコマリン東京」に入社。アウトドアスポーツに魅了され、国内外を回る。パートスタッフとしてパタゴニア東京・渋谷店に勤務。その後正社員となり、パタゴニア鎌倉店勤務、マーケティング部勤務、ホールセール・ディレクター(卸売部門責任者)、副支社長などを経て日本支社社長に就任。

辻井隆行の名言 一覧

関係者が一堂に会する場で率直な意見を交わすことができれば、自分の意見に対する上司らの反応が自分の目で確かめられる。また、同じテーマに関する他人の意見を目の当たりにすることによって、自分の意見を客観視することも可能になる。


部下に対して「会社全体の利益を考えろ」と言いながら、経営に関する情報を十分に出していないのは矛盾している。


「相手の立場で考える」というのは、よく聞かれる言葉だが、実行は非常に難しい。慣れ親しんだ自分の思考方法を手放し、他の論理を受け入れるには、意図的にトレーニングを続けることが必要だ。


経営幹部の会合では、担当している部署以外の課題解決に自分の部署がどのように関わっていけるかを考えてもらうようにしました。


「1か月に1度進捗を伝える」というのは、問題を解決するうえでは小さな一歩に過ぎない。しかし、問題を他人のせいにせず、自らの問題として協力して解決していくという意識を共有できたことは大きかった。


膠着状態を脱するには、誰かが「自分の立場・意見」からいったん離れなくてはならない。私はそれを自分の役目だと感じた。


企業の経営では、複数の部署に関係する問題で「あちらを立てればこちらが立たず」というジレンマの状況に陥ることは珍しくない。たとえば、いくら全社で「顧客満足度を高めろ」といった共通の目標を掲げていても、各部署が日々の業務で達成すべき目標が異なれば、部署間の利害はどうしても対立してしまうものだ。


辻井隆行の経歴・略歴

辻井隆行、つじい・たかゆき。日本の経営者。アウトドア用品のパタゴニア日本支社社長。東京出身。早稲田大学教育学部卒業後、日本電装(のちのデンソー)に入社。早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程(地球社会論)を修了。大学院修了後、シーカヤック専門店「エコマリン東京」に入社。アウトドアスポーツに魅了され、国内外を回る。パートスタッフとしてパタゴニア東京・渋谷店に勤務。その後正社員となり、パタゴニア鎌倉店勤務、マーケティング部勤務、ホールセール・ディレクター(卸売部門責任者)、副支社長などを経て日本支社社長に就任。

他の記事も読んでみる

松村真宏

仕掛けはマーケティングにも使える。私の研究室がパン屋と共同で実証実験を行った。常連客が大半を占めるこのパン屋では、試食を用意しても客がなかなか手を伸ばさず、売り上げ増につながっていなかった。試食をためらう一因は、「試食したら買わなければならないのでは」とプレッシャーを感じることにある。これは、他人から何らかの施しを受けた場合にお返しをしなければならないと感じる「返報性」によるものと考えられる。通常、試食のお返しとなる行動は商品を買うことしかない。そこで魅力的なお返し行動の選択肢を増やす仕掛けとして考えたのが「投票」だ。2種類の味を提供し、試食に使ったつまようじを気に入った方に投票してもらう。客は投票に参加した満足感が得られるわけだ。この仕掛けを1か所設けただけで、試食をする人は1割増えた。


永守重信

何十、何百回と「できる」「できる」と言わせていると、そのうちに本当にできるような気になってくる。比叡山のお坊さんは「千日回峰行」という荒行をされますが、わが社は「千回言行」を実践しています。どんなことも千回言えばその気になって、次第にできるようになってくる。


小倉昌男

デメリットのあるところに、ビジネスのチャンスがある。


石田淳(コンサルタント)

新人を叱るときは、求める結果と必要な行動を明示することが必要です。さらに、短期的に達成感を得られるタスクを与えることです。チェックリストやマニュアルを使い、自分がどれだけ成長できたかマイルストーンを置くことで、ビジネスマンとしての素地を早く整えることができるのではないでしょうか。


藤沢武夫

苦労しても、流通のパイプは自分でつくらなければいけません。一度つくってしまえば、それは自分のものですが、他人のパイプに便乗すれば、それがいっぱいになったときには、たちまち弾き出されてしまう。


井上礼之

2000年代前半、ヨーロッパが記録的な猛暑に襲われ、暖房中心の市場で一気に冷房が普及する可能性がありました。私は現地に入り込んで販売計画の練り直しを指示し、業務用ではなく、家庭用のルームエアコンの生産を他社に先んじて一気に拡大しました。もちろん情報収集や分析はそれなりにしていましたが、戦略の方向性がおおよそ定まったところで一気に決断を下しました。現地に飛び、現場を見たとき、私の目にはそのときこそが「欧州エアコン市場の夜明け」とうつったのです。この動物的な勘によるタイムリーな決断が、その後に当社の欧州事業が急成長する基盤となりました。


小室淑恵

作業に優先順位を付けるのも重要です。上司が「この仕事を真っ先に仕上げて欲しい」と思っていたのが部下に伝わっていなくて、夕方になってから「なぜこの仕事を今日中にあげなかったの?」となることは往々にしてあると思いますが、それは上司の考える優先順位と部下の考える優先順位がズレているために起こることです。


三谷宏治

国の調査によれば、お手伝いを良くする子供は非常に正義感・道徳観が強く、お手伝いをしない子はその逆でした。また、東京都の調査では、お手伝いをしている子は、していない子より問題解決能力が高いという結果が出ました。


白洲次郎

弱い奴が強い奴に抑え付けられるのは世の常で致し方なしと諦めもするが、言うことだけは正しいことを堂々と言って欲しい。


倉重英樹

なんでもいいから感じたことを絵にしてもらい、それに対してみんなで感想を言い合う。これがチームワークを育みます。


岩澤巌

法律の規定でパワーの強いエアガンは日本では売れません。海外ではパワー不足とされてしまいますが、いつかは米国で勝負してみたいですね。当社の技術と感性が、銃の本場の米国でどこまで通用するのかを試してみたい。必ず大暴れしてやりますよ。


久水宏之

私たちがそのるつぼの中にありながら、まだよく認識できていない「国難」を、もっと等身大に見る必要があろう。報道も奥の深いものになることが望まれる。国難を直視することから生まれる一人ひとりの発意にこそ、未来を切り開く原動力はある、と思うからである。