名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

足立正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

足立正のプロフィール

足立正、あだち・ただし。日本の経営者。王子製紙社長、日本商工会議所会頭。鳥取県出身。東京高等商業学校(のちの一橋大学)を卒業後、三井物産へ入社。その後、三井物産台北支店勤務を経て、王子製紙に移り、庶務課長兼王子工場長代理、苫小牧工場長、取締役、常務、北海道鉄道社長、王子製紙専務、北鮮製紙化学工業副社長、王子製紙副社長などを経て同社社長に就任。そのほか、日本パルプ工業社長、岩崎通信機社長、ラジオ東京(のちの東京放送)社長、東京都統計協会会長、日本生産性本部会長、東京広告協会会長、日本銀行参与、ホテルニュージャパン会長などを務めた経営者。

足立正の名言 一覧

私の処世訓をしいてひとつの言葉に求めるならば「謙虚に」ということになるだろうか。つまり、思い上がったり、出しゃばったりしないこと、そして人の立場を尊重することだ。お互いに他人の立場を認め合ってものごとに処したなら、たいがい事は上手く運ぶ。いろんな美徳が頭に浮かぶけれど、結局、謙虚の二字に尽きるように私は思えるのである。


私の性分には、自分でこうと思ったらとことんまで押し通そうという徹底したところがあるようだ。


中小企業は企業数からいっても全体の8割5分以上を占めている。そのなかには企業として非常に優れたものがあるが、だいたい古い経営組織でやっていて、仕事の内容にも強い特色を持たせるようにすべきなのに、その割に目立たない。結局、このへんに中小企業の問題の鍵が潜んでいるのだろうと考えている。


「謙虚に」。思い上がったり、でしゃばったりしないこと、そして人の立場を尊重すること。お互いに他人の立場を認め合って物事に処したなら、たいがい事はうまく運ぶ。
【覚書き:日本商工会議所会頭時代に処世訓を尋ねられた時の答え】


謙虚に。思い上がったり、出しゃばったりしないこと。そして人の立場を理解しること。お互いに他人を認め合って物事に処したなら、たいがいのことはうまく運ぶ。【覚書き:処世訓を聞かれた時の返答】


私の人生を顧みると、どんな生まれ方をし、どんな運に恵まれ、どういう人脈のなかに自分がいるかによって、仕事のあんばいがずいぶん変わってきたように思う。だから人間は、人間関係そして生まれたこと、生まれたゆえんに感謝し、それを活かしていくことが必要なのだ。


足立正の経歴・略歴

足立正、あだち・ただし。日本の経営者。王子製紙社長、日本商工会議所会頭。鳥取県出身。東京高等商業学校(のちの一橋大学)を卒業後、三井物産へ入社。その後、三井物産台北支店勤務を経て、王子製紙に移り、庶務課長兼王子工場長代理、苫小牧工場長、取締役、常務、北海道鉄道社長、王子製紙専務、北鮮製紙化学工業副社長、王子製紙副社長などを経て同社社長に就任。そのほか、日本パルプ工業社長、岩崎通信機社長、ラジオ東京(のちの東京放送)社長、東京都統計協会会長、日本生産性本部会長、東京広告協会会長、日本銀行参与、ホテルニュージャパン会長などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

小堀秀毅

不確実性の高い経済環境は、当面続くと見ています。その中で、事業の方向性の軸足をしっかり定めることが大事なことだと思っています。


樋口武男

全員が社長を目指す必要はないでしょう。ただし、自分はサラリーマンでいいからとのんびり仕事をやっていたら、会社にぶら下がっているだけの「人在」や、いるだけで会社に害を与える「人罪」になってしまいます。そうならないためには、「電話が鳴ったら一回でとる」といった当たり前のことをきちんとやること。これを凡事徹底といいます。このことを心がけるだけでも、仕事はかなり速くなるはずです。


高橋高見

ビジネスはバーゲニング(駆け引き)でもある。単なる対話でうまくいくと思えば大間違いで、これには限界があるのだ。【覚書き|上記は日経産業新聞で読者のベンチャー企業経営者から受けた質問に対しての答えの一節。質問者が提携交渉の進め方で悩んでいることに対してのアドバイス。】


加賀見俊夫

若いときの失敗の経験は、心の糧になる。失敗を恐れないで火中の栗を拾い、率先して解決することにチャレンジして欲しい。


笹氣健治

自分の我を出しすぎると、嫉妬や焦りといった感情に陥りがちです。期待に執着するあまり、相手を操作して希望を叶えようとすることもあります。これを「支配モード」と呼んでいます。こうなると、自分のことにしか考えが及ばなくなってしまいます。このような状態の人は、自分では「ウィン‐ウィンの提案をしている」と思っていても、相手からみれば不本意な条件の提案をしてしまう、などという失態を犯しかねません。自分にとって有利な提案ばかりしていると、相手の理解を得られないばかりか、本当の意味での自己成長にもつながらず、ビジネス運をつかむことは難しくなるでしょう。


立石豊

「ドリームセブン」は年に一度は必ず、7日間連続の休暇を取るという制度です。分割して取ることは認められず、必ず7日間連続です。正直、導入時にはかなり反対がありました。とくに部課長クラスが「休めるわけがない」というのです。では、なぜ休めないかと聞くと、「この仕事は自分にしかできない」と言う。そこで私は「なら、誰かに引き継げばいい」と答えました。そして実際にやらせてみると、時期尚早だと思われていた仕事でも、問題なく引き継ぐことができた。「休まねばならない」と、人は仕事を誰かに引き継がざるを得なくなる。こうした「仕事下ろし」があってこそ、真の時短や効率化が実現すると思います。


川田修(ライフプランナー)

自分の軸は、環境の変化や自分の成長とともに変わってもいいと思います。私の場合はセミナーがきっかけでしたが、普段の仕事を離れて自分と向き合う機会を持てると、心が求めているものが変わっていることに気づきやすいかもしれませんね。


ジャン=パスカル・トリコワ

人材が世界のどこにいるかは大きな問題ではありません。必要な時に必要な場所にいればいい。ですから当社のリーダーは北米、中東、アジアと各地に散らばっています。重要なのは多様化していることでしょう。ですから日本の方々だって、国を出なくてもグローバルな人材になることは十分に可能だと思います。


坂東眞理子

実は34年間の公務員生活で女性問題の担当部署にいたのは通算6年余り。ポストを離れてからも情報を集め、論文を書き続けるように心掛けてきたことがよかったと思います。


松本晃(経営者)

ビジネスは「トータルの勝敗」なのです。例えば、相撲は15日で勝敗を決めます。全勝する人は、めったにいません。15日間終わった時、勝ち越していればいい。


ピーター・ドラッカー

自らに求めるものが少なければ、成長しない。多くを自らに求めるなら、成長しない者と同程度の努力で巨人に成長できる


大村秀章

愛知の強みとして、港湾、道路、国際空港が有機的につながっている。その結果、付加価値の高い企業群が集まってくる。そして集積は集積を呼びます。今でも自動車産業の集積は世界一だと思っています。航空・宇宙産業の集積度はアジア一です。これをさらに進めていく。