足立正の名言

足立正のプロフィール

足立正、あだち・ただし。日本の経営者。王子製紙社長、日本商工会議所会頭。鳥取県出身。東京高等商業学校(のちの一橋大学)を卒業後、三井物産へ入社。その後、三井物産台北支店勤務を経て、王子製紙に移り、庶務課長兼王子工場長代理、苫小牧工場長、取締役、常務、北海道鉄道社長、王子製紙専務、北鮮製紙化学工業副社長、王子製紙副社長などを経て同社社長に就任。そのほか、日本パルプ工業社長、岩崎通信機社長、ラジオ東京(のちの東京放送)社長、東京都統計協会会長、日本生産性本部会長、東京広告協会会長、日本銀行参与、ホテルニュージャパン会長などを務めた経営者。

足立正の名言 一覧

私の処世訓をしいてひとつの言葉に求めるならば「謙虚に」ということになるだろうか。つまり、思い上がったり、出しゃばったりしないこと、そして人の立場を尊重することだ。お互いに他人の立場を認め合ってものごとに処したなら、たいがい事は上手く運ぶ。いろんな美徳が頭に浮かぶけれど、結局、謙虚の二字に尽きるように私は思えるのである。


私の性分には、自分でこうと思ったらとことんまで押し通そうという徹底したところがあるようだ。


中小企業は企業数からいっても全体の8割5分以上を占めている。そのなかには企業として非常に優れたものがあるが、だいたい古い経営組織でやっていて、仕事の内容にも強い特色を持たせるようにすべきなのに、その割に目立たない。結局、このへんに中小企業の問題の鍵が潜んでいるのだろうと考えている。


「謙虚に」。思い上がったり、でしゃばったりしないこと、そして人の立場を尊重すること。お互いに他人の立場を認め合って物事に処したなら、たいがい事はうまく運ぶ。
【覚書き:日本商工会議所会頭時代に処世訓を尋ねられた時の答え】


謙虚に。思い上がったり、出しゃばったりしないこと。そして人の立場を理解しること。お互いに他人を認め合って物事に処したなら、たいがいのことはうまく運ぶ。【覚書き:処世訓を聞かれた時の返答】


私の人生を顧みると、どんな生まれ方をし、どんな運に恵まれ、どういう人脈のなかに自分がいるかによって、仕事のあんばいがずいぶん変わってきたように思う。だから人間は、人間関係そして生まれたこと、生まれたゆえんに感謝し、それを活かしていくことが必要なのだ。


足立正の経歴・略歴

足立正、あだち・ただし。日本の経営者。王子製紙社長、日本商工会議所会頭。鳥取県出身。東京高等商業学校(のちの一橋大学)を卒業後、三井物産へ入社。その後、三井物産台北支店勤務を経て、王子製紙に移り、庶務課長兼王子工場長代理、苫小牧工場長、取締役、常務、北海道鉄道社長、王子製紙専務、北鮮製紙化学工業副社長、王子製紙副社長などを経て同社社長に就任。そのほか、日本パルプ工業社長、岩崎通信機社長、ラジオ東京(のちの東京放送)社長、東京都統計協会会長、日本生産性本部会長、東京広告協会会長、日本銀行参与、ホテルニュージャパン会長などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

川上量生

僕らはいろいろな矛盾を世の中に見せたいという愉快犯的なところもある。その先にどんな目的が、と聞かれると、すごく困るんですけれども。


筒井道隆

10代は、何もわからずにいわれるがままに仕事をしていました。でも、35歳を過ぎたころから、自分のポジショニングとか使命感みたいなものを感じるようになって、黙っていては世の中は何も変わらないから、世の中を変えるだけの影響力をもたないといけないし、それなりの人生経験を積んだ俳優として、伝えるべきこともきちんと伝えないといけないと考えるようになりました。


鈴木敏文

数字だけを見るのと、数字の向こうに顧客の心理を読むのとでは、対応が違ってくる。セブンイレブンの強ざは、こうした心理学経営にあるのです。


かわぐちかいじ

連載なんて持ったら「必ず」追い詰められるでしょう?そうなれば、絵を描くことが本当に好きでなければ、どこかで耐えられなくなる。このことは、実際に相当きつい作業を追い詰められてやるという経験からしかわからないけれども、漫画の仕事を続けていくならば絶対に通らなければならない分岐点なのでしょう。苦しくても逃げないで「まぁ、好きだから仕方がないだろう」と踏みとどまって漫画を描く。週刊連載をしていれば、一週間のうち2日や3日は「食事と睡眠時間以外は仕事だけ行う」という生活が永遠と続いていく。だから、よほど好きでもなければね。この仕事を続けるために必要な資質は、単純にいうなら「それだけ」でしょう。


宮戸直輝

グループ戦略としては、内部成長と外部成長の二つがあります。内部成長とは、中核生保三社のビジネスモデルをさらに精緻化して、成長を促進させること。たとえば中小企業市場では「大同生命以上のことはできない」と他社が参入を諦めるほどの強さをさらに磨いていく必要があります。


三好俊夫

経営者は専門分野で生き残るために、何が必要でないかを的確に見極めなければいけない。資源を集中しなければ世界大工業生産時代に生き残ることはできないからです。どの事業が収益性が高いのか、どの事業に対して投資を行うべきか、あるいはどの事業について撤退や縮小を考えるべきか。経営者は資源の投入の優先順位を判断し、より効率の高い経営資源の文お会いをしていくことです。


川上量生

別に僕は、何もぶち壊そうとは思っていません。教育を語る時って、みんな過激になるんです。何かイデオロギー闘争になっちゃうんですね。こうじゃなきやだめなんだという。でも、そういうものは存在しないと思っているんです。だって僕らは他人の人生を預かっているわけで、その人の価値観は尊重すべきなんですよ。僕らはそうじゃない価値観の提示はできるけれど、強制はできない。責任が取れないことに対して、そんなもの押し付けちゃだめです。


江上剛

会議は極力少なく、短く。時間を区切ることも大切です。


菅井敏之

簿記の本は、いうなれば「究極のマネー本」なんです。みんなお金を増やすとなると真っ先に投資や運用を考えますが、そもそも肝心なのは「収入-支出」をプラスにすること。そう考えると、限られた元手を投資して年間10万円、20万円増やそうとするよりも、たとえばムダに高額な住居を適正なところに引っ越したり、使用頻度の低いマイカーをシェアカーに切り替えたりしたほうが、はるかにお金を確実に増やせます。利回りとか分散投資とか考える前に、自分の収支をチェックする「そろばん力」を身につけましょう。


菊地敬一

僕は本が大好きですから。それに連想ゲームは本からスタートするのが簡単だったんですよ。例えば村上春樹。彼をキーパーソンにして、そこから関連する商品を並べていく。僕にはその連想が果てしなくできる。だって村上春樹を読んでいれば、トルーマン・カポーティやジョン・アーヴィンがでてくるわけです。それらを村上作品の横に並べていきました。昔はインターネットがなかったから、本を読んでなければわからないことです。今はアマゾンが教えてくれるけどね(笑)。


森信三

死は人生の総決算である。肉体の朽ち果てたあとに、なお残るものは、ただ、肉体が動いている間に成した真実のみである。


安藤忠雄

建築を独学でマスターしたことはプラスに働きました。ひと言でいえば、血肉として身につけることができたことでしょうね。独学ですから、必死に勉強しましたよ。建築士を目指し、設計事務所でアルバイトをしていた時期、昼食も取らず懸命に働く大工さんの姿を思い出してこう考えました。「あの大工さんと同じように、昼の1時間休憩を取らず、その時間を使って勉強すればいい」と。平日の24日間をアルバイトにあてていましたから、1か月で24時間の勉強時間を確保できるわけです。しかも昼間の最も頭の冴えた時間帯ですから、楽しく勉強できます。その結果、独学にもかかわらず、1回で建築士の試験に合格しました。先輩に、京都大学建築学科の学生がいたのもありがたかったですね。建築だけでなく、哲学のことなどいろいろと教えてくれましたおかげで、建築が持つ社会性を自覚することができたと思います。


伊藤慎介

役所の人というと「固い」とか「気難しい」といったイメージでとらえている人が多いですが、企業でも大学でも色々な人がいるように、役所の中にも色々な人がいることを理解してもらいたい。実際に、役所の中にも「世の中を動かしたい」とか「新しいことをしたい」と思っている人はたくさんいるんですよ。したがって、大切なのはそういう人たちとうまく知り合って、彼らが手伝いたいと思うような関係性を作ることです。


ゲーテ

常に時間はたっぷりある。うまく使いさえすれば。


羽鳥兼市

私利私欲がいけないわけではないのですが、志ですから、第三者のためになる何かをアイデンティティとして求めていくことが前提になるでしょうね。


ページの先頭へ