名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

足利政春の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

足利政春のプロフィール

足利政春、あしかが・まさはる。日本の経営者。「あじかん」創業者。京都の老舗だし巻き卵店「吉田喜(よしだき)」で修業後、広島で三栄製玉(のちの・あじかん)を設立。

足利政春の名言 一覧

「企業は人なり」と言われますが、まずは経営者みずからが最高の品性をつくる努力をすること。経営者の背中を見て、社員もそうなろうと一生懸命努力してくれます。経営者の姿勢こそ、最高の社員教育。


社員一人ひとりが主役になれる環境を整え、仕事を通じて幸せな人生を過ごせるようにすることが経営者の務め。


安心・安全でおいしい商品をつくれば、お客様から喜ばれ、「あの会社は絶対に必要だ」と思っていただける。その結果として利益という報酬を頂戴できるのです。「利が先」と考えると、経営がおかしくなります。


お客様や社員など、当社を支えてくださる方々のお役に立って「喜び」をお届けし、本業を大切にして身の丈に合った成長を目指すことが「あじかん」の思想です。この思想がきちんと継承され、形骸化しなければ、あじかんはこれから先も、50年、100年と確実な歩みを続けることができると。


縁もゆかりもない広島の地で店を開きました。お客様になりそうなお店を一軒一軒回るところからのスタートでした。たくさんの弁当をつくる大きな会社があり、4年間断られ続けても、通い続けてご注文をいただきました。京都の老舗で鍛えられ、お寿司屋さんのプロの舌に認めてもらいましたので、商品には絶対の自信がありました。お蔭様で、業務用の玉子焼きでは業界トップクラスになることができました。


足利政春の経歴・略歴

足利政春、あしかが・まさはる。日本の経営者。「あじかん」創業者。京都の老舗だし巻き卵店「吉田喜(よしだき)」で修業後、広島で三栄製玉(のちの・あじかん)を設立。

他の記事も読んでみる

深沢直人

人がモノを使うとき、ほとんどの場合は無意識です。例えば冷蔵庫の一番下の引き出しを閉めるとき、手ではなく、足を使う人も多いと思います。これも自己の経験観察から見出した事実です。無印良品の冷蔵庫のハンドルは細く、金属の線材を曲げただけであるかのような単純な形をしています。人はハンドルを形で認識するよりも前にすでにそのハンドルらしき線材を握っているのです。このような着想は、人の行為は無意識下で最も自然に行われる、という概念からくるものです。デザイナーが考えていることは人とモノと環境の自然な関係を読み取ることなのです。


宮田矢八郎

松下幸之助も、稲盛和夫も、理念を生み出せたのは、起業後、数年が経ってから。それまでは、飯を食うために、戦略立案と管理手法の確立に懸命でした。


柳井正

欲望は、ある意味で非常に悪い面もありますが、人間が生きるため必要なものでもある。生存欲に火がついてないんです。


井上直樹(経営者)

日本でなければならない領域は減ってきています。勇気ある撤退をすることで、企業として活きる道を探すこともできるはず。


ティム・コラー

考え方次第では見える景色が変わる。過去30年の黄金期と比較すれば、今後の見通しはひどく悪く見えるだろう。しかし、比較の対象を過去百年に広げれば、さほど悪くは感じられないはずだ。かつてのノーマルな水準に戻るだけなのだから。


市川憲和

生産性を上げ、付加価値を高めることが重要ですが、もうひとつ忘れていけないのはマーケティングの視点です。技術をビジネスに転化するために独自の発想でソフトウエアという形で商品化するのです。


深田純子

私が入社直後から能力主義人事制度の導入、生産設備の機械化、コンピュータシステムの導入など矢継ぎ早に改革を進められたのは、先入観がないおかげで会社のおかしな点が次々に見えたからだと思います。


川上徹也(パナソニック)

私の信条は「クリーンハンド」「クールヘッド」「ウォームハート」です。人に避難されないようなキレイな手で、冷静な頭で数字を扱う。そして、相手を理解しようとする温かい心を持つ。とくに最後の温かい心を大事にしています。結局、優しさとは相手の立場をどこまで理解できるかだと思います。


出井伸之

常に楽観的でハイなんて、生存本能から考えてもあり得ない。気を抜くと、誰でもネガティブな考えが頭に浮かび、言葉に出てしまうものです。気をつけすぎるくらいでちょうどいいと思います。


伊賀泰代

日本では多くの人が「リーダーは組織に一人か二人いればいい」と考えています。「船頭多くして船山に登る」という言葉もある。しかしここでの「船頭」とは、「自分の主張を押し通そうとする強引な人」であって、リーダーではありません。本来のリーダーは、「成果を出すこと」を自説が採用されることより優先します。だから全員にリーダーシップがあれば、船は山には登らず、海に向かうはずなのです。


田島貴男

作曲は経験が生きない世界なんです。常に初心者。積み重ねが効かない。今までの経験で作っていると、いわゆる手癖で作ってしまっていて、全然面白い曲ができてこない。


北島義俊

目に見えない努力を積み重ねていかないと、我々の事業は成り立たない。