名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

越膳泉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

越膳泉のプロフィール

越膳泉、えちぜん・いずみ。日本の経営者。システム設計・構築・保守運用会社「オムロン・フィールドエンジニアリング(株)」社長。早稲田大学卒業。立石電機(のちのオムロン)に入社。公共ソリューション事業企画部長、企画室長などを務めたのち、オムロン・フィールドエンジニアリングの社長に就任。

越膳泉の名言 一覧

お客様の期待に応え、当社の実績を築いていくのは「人」にほかなりません。


CE(カスタマーエンジニア)のほとんどを自社で育成し、一部の業務を委託している協力企業も当社と同様の育成プログラムを導入するなど、地域を問わないサービスの均質化を徹底しています。


社員が自律的に自身の将来を描き、能動的に成長に向けて努力し続けることが、会社の成長につながると考えます。


保守の現場でCE(カスタマーエンジニア)たちはさまざまな課題にも直面しますが、「話し込み」の月例ミーティングを実施。各回のテーマを決めて課題解決の方法を共有するなど地道な努力を重ねながら、当社のお客様、ひいては社会システムを利用される一般の皆様の大きな安心に貢献すべく業務に励んでいます。


越膳泉の経歴・略歴

越膳泉、えちぜん・いずみ。日本の経営者。システム設計・構築・保守運用会社「オムロン・フィールドエンジニアリング(株)」社長。早稲田大学卒業。立石電機(のちのオムロン)に入社。公共ソリューション事業企画部長、企画室長などを務めたのち、オムロン・フィールドエンジニアリングの社長に就任。

他の記事も読んでみる

桜田厚(櫻田厚)

人生の大きな転機は、私が高校2年生のときに父が脳卒中で倒れて亡くなったことです。私も家計を助けるため、レストランで夜遅くまで毎日、皿洗いのアルバイトをしました。職場の大人の人たちが、あちこち遊びにも連れていってくれて学校とは全然違う世界が開けました。


佐藤優

人間が人間らしく生き生きと生きるためには、清らかで善なるものだけでなく、悪とされるもの、ドロドロとした執着とか情念みたいなものも必要なんじゃないかな。だって上司が絵に描いたような善人だったら、これも困りますよ。部下が忙しそうだと仕事を手伝ってくれて、手を抜いたとしても優しく許してくれる。それじゃ部下は育たないでしょう? ときに上司に不条理に怒鳴られたり、きつい仕事を押し付けられたりして四苦八苦し、陰で文句を言いながらも、仕事をこなすなかで力がついていくんですから。


青羽悠

夢とは呪縛だと思います。どこまでいっても報われない、それでも思わずにはいられない。そういうものじゃないでしょうか。


武田豊

サラリーマンの資質として、まず明るくて人付き合いの良い人間がいいです。しかし、仮に付き合いが悪い人でもこれは誠意でカバーできる。第二に前向きで積極的でたくましいこと。第三に創造性が欲しい。(武田豊、新日本製鉄社長・会長、経団連副会長、日本野球連盟会長)


田中邦彦

くら寿司を創業したのは、保守的な寿司業界なればこそビジネスチャンスは大きいのではないだろうかと考えたからです。


玉塚元一

僕が恵まれていたのは、7年間柳井(正)さんの薫陶を受けて、商売の原理原則というものを学ばせてもらったことです。つまりすべてをお客さま起点、現場起点で考えること。ゼロベースで現状を俯瞰して、必要があればすべてやり替えることを恐れないこと。経営にはスピードが大切なこと。仮説、実行、検証のサイクルを早く回すこと……いろいろとありましたね。


宇治原史規

継続するためには、「疲れるまで勉強しないこと」も重要です。今日は調子が良いからといって、勉強しすぎてしまうと、翌日に疲れを残してしまい、能率が下がります。


スティーブ・M・スミス

新しい社員にはまず、当社の価値観と文化をきちんと伝えます。価値観と文化を啓蒙するポスターを社内のあちこちに掲示するなど、文化を浸透させる活動を積極的に行っています。


丸山健二

できることなら、あのイヌワシのように生きてみたいと思う。イヌワシのように生きる資格の一つとしては、おれはまず第一に決して群れないことをあげたい。周囲を見まわしてみるがいい。群れている人間ばかりが目につくじゃないか。カラス人間やスズメ人間ばかりじゃないか。ひとりでは呼吸もできない連中が、その必要もないのに、互いに軽蔑しあいながらいたるところに群れているじゃないか。


蓑宮武夫

ソニーの社内には常に、「世界を驚かすものを作ろう」「世界で初めてのものを作ろう」という、高い志と信念がありました。だからこそエンジニアたちはみなやる気に満ち溢れていたのです。


黒田武志

我々の商品センターはトヨタ生産方式を採用しています。私が元々トヨタの社員だったということもあり、トヨタのものづくりに鍛えられた方々にも知恵をお借りしながら、14年かけてこの管理体制を作り上げてきました。


ジム・ロジャーズ

指導者が何を学び何を感じているか知ることで、その国が将来進む方向を読み解くことができる。