名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

越智晶の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

越智晶のプロフィール

越智晶、おち・あきら。日本の経営者。「リファインバース」社長。大学卒業後、化粧品メーカー、投資会社、御美商(のちのジーエムエス)などを経てリファインバースを設立。

越智晶の名言 一覧

カーペットを引き取るときに処理受託料を受け取り、再生樹脂の販売でも利益を得る。入り口と出口の両方で利益が出る収益性の高さが当社の特徴です。


我々は回収したタイルカーペットから合成樹脂素材を再生し、タイルカーペットの原材料として販売しています。オフィスが集まる東京では、日々、大量の廃棄カーペットが集まります。つまり、東京に油田を発見したのと同じ。


越智晶の経歴・略歴

越智晶、おち・あきら。日本の経営者。「リファインバース」社長。大学卒業後、化粧品メーカー、投資会社、御美商(のちのジーエムエス)などを経てリファインバースを設立。

他の記事も読んでみる

金田一秀穂

明石家さんまさんって、素人の話を引き出すのが抜群にうまいでしょ? 昔やっていた『恋のから騒ぎ』などの番組でも、若い女性がとりとめもない話を始めても「ほう」「ほんまか」「それで?」としっかり相槌を打ち、まず話にノる。そして、ピントのボケた話になっても「オチ、ないんかい!」「なんやねん、それ!」とツッコむと同時に「ヒャーァハッハッ」と自ら大笑いすることでその発言を、正面から否定せず、笑いに変えてしまう。だから、さほど面白くない話も面白く響き、素人の女性たちは「さんまさんのツッコミを受けたい!」「面白いと思われたい!」と、どんどん発言を繰り出すし、出来る限り奇抜なネタをひねり出そうとするわけです。これ、「会社の企画会議」だとしたら最高だと思いませんか? 皆が我先にとボケあって、参加者が常識からハズレるような斬新な企画、面白いネタを競い合うように言ってくれるわけですから。会議の参加者が意見を出しはじめたら、多少危なっかしくても「ほうほう」「そうなの?」とまずさんまさんのようにノってみる。そうすることで、相手をどんどんノセていく。そうやって優れたアイデアを引き出していくわけです。


近藤史朗

等身大の自分であることをやめてしまうと、誰も話してくれなくなります。すごくいいヒントになる話をしてもらえる機会があっても、そのチャンスを逃してしまうことになる。


西任暁子(西任白鵠)

プレゼン中は、本人が無意識にとっている姿勢や手の置き方なども、聞き手にはすべてがメッセージになります。話し方だけでなく、体の使い方にも気をつけましょう。


天坊昭彦

先輩社員たちにとって、最も大切な仕事は後輩を育てることです。


橘フクシマ咲江

多くのエグゼクティブに共通するのは、スピーチにしても、部下の指導にしても、同じことを何度も何度もしつこく話すことだと思います。「いつも同じことを繰り返す」というCEOは珍しくありません。なぜそうするかといえば、エグゼクティブは「人は相手の発言を、自分の都合のいいところだけ聞いて、都合のいいように解釈する」傾向があると理解しているからです。


宮嶋宏幸

ヤマダ(電機)さんは事業を横に広げていくという戦略のようですが、当社はもう少し縦に掘り下げていく状況だと思っています。


齋藤直美

感情を意識だけでコントロールするのは困難。そこで、物理的に変えられるところからコントロールします。部下に「ムッ」ときたら席を立ち、時間をおく。すると落ち着きますから、その後でゆっくり叱ればいい。


堀之内九一郎

説明能力を向上させるためには普段からの積み重ねが大事。日常的なやり取りにしても無意識に済ますのはもったいない。理路整然と起承転結をつけながら、いろんな表現方法を試しつつ話すことを強く意識していると説明能力に磨きがかかります。


川原泉

食べ物はテーマというか、小道具だったんです。『空の食欲魔人』の吉川弘文はかっこいいパイロットだけど、異常食欲の「食欲魔人」。食べ物を前にすると変な人になっちゃうというように、崩れたところのある男性にしたかった。あの頃は、少女マンガの男性は完璧な王子様っていう不文律があったじゃないですか。でも、そんな人間は嘘だろうと。ダメなところのあるほうが人間らしいし、私は好きです。


曽山哲人

人事本部が現場を見なくなって「機能屋」になるようではいけません。会社はあくまで人でつくられているのです。現場の声から本質を見抜き、経営側に伝えていく一方で、経営側のメッセージを分かりやすく翻訳しながら現場に伝えていく、そこに、人事部門にしかできないイノベーションがあると私は思うのです。


梶原しげる

人の我慢の限界は3分です。3分の中に山場が1つもなく、1分の中に興味深い内容が出てこない話に、誰も耳を傾けてはくれません。


栗原幹雄

どんな仕事にも興味を持って楽しめるかどうかが重要です。積水ハウスに入社した当時の同期の連中は、私から見れば、どこかサラリーマン的思考に縛られて、失敗すると怒られるんじゃないか、辞めさせられるんじゃないかとビクビクしているように見えました。でも、私はそんな不安を微塵も感じたことはありません。辞めさせられたら次を見つければいいと考えていました。やりたいことは、他にもたくさんありますから。