名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

越後正一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

越後正一のプロフィール

越後正一、えちご・まさかず。伊藤忠商事社長・会長。神戸高等商業学校(現:神戸大)卒業後、伊藤忠に入社。たった3年で綿糸布部長に昇進。最大のライバル丸紅との綿糸市場での相場で戦い勝利。丸紅を綿糸市場から撤退させた人物。

越後正一の名言 一覧

ビジネスマンは常にイエスを強いられている。真のビジネスマンはノーと言える人間でなければならない。


名を成すのは常に困窮のときであり、事の破るるの多くは得意のときである。
【覚書き:自分の名声が広まるのは困難を乗り越えた時であり、事業や自分のキャリアなどが破たんするのは絶好調で調子に乗りすぎて足元が見えなくなった時だという趣旨の発言】


越後正一の経歴・略歴

越後正一、えちご・まさかず。伊藤忠商事社長・会長。神戸高等商業学校(現:神戸大)卒業後、伊藤忠に入社。たった3年で綿糸布部長に昇進。最大のライバル丸紅との綿糸市場での相場で戦い勝利。丸紅を綿糸市場から撤退させた人物。

他の記事も読んでみる

宗次徳二

店舗の駐車場は営業日報では上がってこない情報の宝庫です。販促用ののぼりはきちんと立てられているか。店舗周辺で、雑草が生えていないか。それらは、「これくらいならいいか」と見過ごされがちな小さなことですが、細かな部分に気を配れない店舗では、結局、それがお客様へのサービスにも表れてしまいます。こうしたことを指導しようとするなら、現場に足を運ばないとダメなのです。


水上力

29歳で独立し「一幸庵」をかまえてから10年は客足が伸びない苦しい時代が続きました。それでも、愚直に和菓子を作り続け、徐々に軌道に乗ってきました。飯が食えるようになったのも、ひとえにお客さんのおかげなのです。


塚越寛

お客様は会社を好きになれば、値段が高い、安いに関係なく、その会社の製品を買うようになる。だから会社のファンを増やそう。


小沼大地

若手中心ですが、最近は管理職層に途上国の現地を見てもらう留職プログラムにも力を入れています。留職者が熱い想いを持って帰ってきても、組織内にその理解者がいないと、会社や世の中を変えていくのは難しい。管理職の方にも問題意識を持ってもらって、孫悟空を見守るお釈迦様のように留職者を応援してもらえれば、会社や世の中が変わるスピードがもっと速くなるはずです。


石井宏宗

優秀な管理者を育成するために、OJTによる実践教育だけでなく管理者養成のための社内大学を設立して、定期的な理論教育を継続して行っています。


齋藤孝(教育学者)

プレゼンテーションやスピーチの実力を知るには、自分の姿をビデオに撮ってみるといい。画面の中の自分は想定したよりもみっともないので、ショックを受ける人が多いでしょう。でも、我慢して見続けていると、「えーと」が多すぎるから減らそう、目線を上げようなどと、どこをどう直せばいいかがわかってきます。


細谷功

完ぺきを求めるあまり作業時間がどんどんふくらんでいき、気が付いたらいつも締め切り直前という人もいるでしょう。このような人には、適切な時期が来るまで手を付けないことをお勧めします。時間に余裕があるとその仕事にかかりっきりになってしまい、他の仕事が回らなくなるからです。


江上剛

ミッションをひとつに絞れば、いろんな知恵が出てきます。僕は「お客様のため」と軸足を定めたから、アイデアがどんどん浮かびました。ところが不思議なことに、お客に軸足を置いて提案すると、上司と喧嘩になるのです。当時の僕は、今日はどの上司と喧嘩しようか、などと考えながら出勤していたものです。


鈴木与平(8代目)

歴史が長いだけなら、そうした会社はたくさんあり、珍しいことではありません。やはりみんなで力を合わせて、米騒動、明治維新、太平洋戦争、オイルショックなどを乗り切ってきました。そうした変化に対応してきたということが、我々にとって本当に価値のあることだと、常に話しています。


ティム・ブレット

絶えざるイノベーションのためには、常に「今、改善できることに」に目を向けることが大切。私たちは、仕事のやり方をより良くするための方法を探し続けなければいけない。


マハトマ・ガンジー

自分の身は自分で守るしかない。政府がいかに努力したところで、あなた達を救うことはできまい。どれほどの権力があろうとも、国民の支持が得られない政府など無力だ。だから、明日はもう政府はないと思いなさい。そのとき、あなた自身が政府となるのだ。


松本幸夫

「これぐらいの時間で仕上がったらいいな」という希望的観測でスケジュールを組まないこと。往々にして希望と能力はかけ離れているものですから、スケジュール通りに仕事が進まず、予定自体が意味をなさなくなります。