名言DB

9419 人 / 110788 名言

越後正一の名言

twitter Facebook はてブ

越後正一のプロフィール

越後正一、えちご・まさかず。伊藤忠商事社長・会長。神戸高等商業学校(現:神戸大)卒業後、伊藤忠に入社。たった3年で綿糸布部長に昇進。最大のライバル丸紅との綿糸市場での相場で戦い勝利。丸紅を綿糸市場から撤退させた人物。

越後正一の名言 一覧

ビジネスマンは常にイエスを強いられている。真のビジネスマンはノーと言える人間でなければならない。


名を成すのは常に困窮のときであり、事の破るるの多くは得意のときである。
【覚書き:自分の名声が広まるのは困難を乗り越えた時であり、事業や自分のキャリアなどが破たんするのは絶好調で調子に乗りすぎて足元が見えなくなった時だという趣旨の発言】


越後正一の経歴・略歴

越後正一、えちご・まさかず。伊藤忠商事社長・会長。神戸高等商業学校(現:神戸大)卒業後、伊藤忠に入社。たった3年で綿糸布部長に昇進。最大のライバル丸紅との綿糸市場での相場で戦い勝利。丸紅を綿糸市場から撤退させた人物。

他の記事も読んでみる

松田公太

10代の8年間を過ごしたアメリカの生活は、私の人生に大きな影響を与えている。起業家精神(ベンチャースピリット)について、何も学校やビジネススクールで勉強しなくても、アルバイトなどを通じて実生活から自然に学べてしまう。それがアメリカの良いところだと思う。


浜矩子

「その日暮らし」というのは厳しい反面、今日の暮らし方が明日を決めるわけですから、そうい、意味では毎日が新鮮で、可能性に満ちあふれているといってもいいんじゃないでしょうか。逆に管理社会の中で、決まったコースを決まった手順で踏んでいくと、人間としての感性がどんどん衰えていってね。クリエイティビティとかイマジネーションといった芽が摘まれ、バカになっていくんです。日本の官僚がそうでしょう。新しい発想が生まれないから、これだけ富の蓄積がありながら社会の閉塞感を払拭できないでいるじゃないですか!


宮内義彦

「ヒト・モノ・カネ」といった経営資源には限りがあり、できるだけ効率的に活用しなければなりません。その役割を担うのに、株式会社ほどふさわしい存在はありません。非効率でよければ誰がやってもいいわけで、経済的果実を効率的に社会に還元するからこそ会社というものの存在意義がある。この前提に立つと、赤字企業は社会的に不要ということになります。


冨田英揮

私も、起業を志した当初はたった一人。資金もスタッフも人脈もなく、あるのは夢とアイデア、そして情熱だけだった。


高橋淳(経営者)

ファミリー向けの焼き肉レストランは名古屋が先進地でした。名古屋近郊に出かけては、1日に5件も6件も回りました。そうやって研究したうえで郊外店を出しました。


馬田榮

振り返れば、戦前には数百社の電力会社が存在しました。電気工事業界も激しい価格競争を続けてきました。「安かろう悪かろう」では、お客様の信頼に応えることはできません。かといって、赤字の仕事ばかり取っていては、企業として存続が危うくなります。当社は、厳しい状況下で、いかに品質を落とさず、いい仕事をするかということばかり考えてきました。


宮内義彦

物言う株主にはネガティブな見方も少なくありません。ただ、株主が経営改善や内部留保の還元を指摘するのは当然のこと。そのプレッシャーから逃げてはいけないのでしょう。日本は会社にプレッシャーをかける仕組みが少なすぎると思います。


三宅占二

みんな腑に落ちなくてもある程度業務をこなしますけど、そういう仕事はやらされ感が強く、上手くいかないと「やらせる方がいけないんだ」となってしまいます。だから私は「なぜこれをやるんですかと上司に何度でも聞いてみろ」と言っています。2回、3回聞かれただけで「会社が決めたんだから黙ってやれ!」というリーダーはいりません。実際、こういうリーダーのもとで求める人材は育っていませんし、何よりリーダーを選べないことが部下の不幸ですから。


西江肇司

PRで大事なのは時代の流れをつかむことと、クライアントが世の中に伝えたいことを正確に把握して、「これなら広まる」という情報を開発すること。


丸山健太郎(経営者)

生産農家にも利益が行き届くためには、適正な利益を確保しなければなりません。当社の強みを生かしつつ、生産農家と共に幸せになれるようなビジネスを心掛けていきたいと思っています。